あい色の幸せレシピ♪

7キロの豆柴あいの犬歯は3本だけど走ってガウって今日も元気いっぱい!

花よりだんご?

2017年05月30日 | 日記(あい 8才)
骨折ブログを書き終わったら
ほっとしちゃってまた放置(^^;;

そんなこんなで
すっかりお花見シーズンは終わっちゃったけど
今年も梅を見に行って来ました。

いつも先に咲く白梅の時期に見に行ってる事が多くて
紅梅の満開は見たことないから
今年は紅梅を見に行く!って毎日開花状況をチェック。
そして天気の良い日に行きたかったから
やっと晴れた日に行けた♪



紅梅はまだ七分咲きぐらいだったけど充分キレイ。





白梅もピークは過ぎてたけど、まだ見頃で
その白梅と紅梅のコラボが良いね♪



今まで気づかなかったけど
すももの木もあって、すももの花は初めて見たけど可愛い♡



でも残念な事に、この日は用事があって
そのあとに寄っただけだから、あいたんは一緒に行けなかった…

だから咲いてるうちにあいたんとも行きたかったけど
なかなか行けなくて…
で、やっとあいたんと行けたのは



散ったあとだった…

それでも探したら、まだ咲いてたよ♪



今年は初めて紅梅の時期に行けたし
毎年楽しみしてる梅のおせんべいも買えて
梅ソフトクリームも食べられたから良かった!
あっ、花よりおせんべいとソフトクリーム重視なのが
わかっちゃった?(^^;;



でも来年こそはあいたんと
紅梅の満開を見に行けると良いなぁ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

完治まであと一息《チャコぼすの骨折日記 最終回》

2017年05月06日 | チャコぼす骨折日記

骨折したのは1月だったのに、最終回はGW

*******
突然通院が終了して3週間。

思わず右手を使って、多少の痛みはあっても
何とか使えるようになってきました。
どうやら順調に回復しているみたいで
再受診は大丈夫そうな感じです

でも先週お散歩で、うんたんを取る時
リードの持ち手の輪を無意識に右の手首にかけてて
取って立ち上がった瞬間、あいたんが突然ダッシュしたから
手首にガツンときて痛かった~

今日はちょっと力仕事的な事をしたら
少し手首が痛かった・・・
で、終わってもちょっと力を入れると痛い・・・

完治までまだもう少し時間がかかりそうな感じです。


所で、今回の骨折日記は
最初はこんなに詳しく書くつもりはなかったけど
骨折中、不安になったりして調べた時
こういう経験談がすごく参考になったから
私の経験も、いつか誰かの参考になればと思って
詳しく書く事にしました。

という事で、手首骨折のリハビリ期の事を書いておきます。

リハビリで、理学療法士さんに言われてたのが
「右手(折れた方の手)を使う時のポイントは肘」

例えば、玄関のドアの鍵をかける、開けるのは
手首だけで回そうと思うと痛くてできないけど
肘を手首の高さまで上げてたら楽にできます。

車の運転席から降りる時、ドアを開けるレバーを引くのも
手だけでやろうと思うと痛い。
けど、肘を手首と水平にしてると大丈夫。

そして慣れてくると、肘を意識しなくても痛くなくなります。 

タオル絞りもそう。
でもこれは偶然自発的にやってたから
まだ右手があんまり使えない時から
何となくできてました。

できない大抵の事は、肘を使うとだいたいできます。

あっ、でも一つだけ肘に関係ない事で
お財布から小銭を出すのが・・・
手の甲が突っ張って、上手く小銭が掴めないんだよね。
今はだいぶスムーズになってきたけど
素早くできないから、今後の課題。


あと、ギプスが取れてから
いきなり手首に何もないのが不安で
私は100均のサポーターを着けてました。



これはたまたま最初に買ってみたら良い感じで
他の100均でも色々買ってみたけど 
これは程よいフィット感と保温性が良くて、愛用してました。
私の場合、親指はあえて外して着用して
サポーターっていうより、手首ウォーマーみたいな感じ。 

ドラッグストアで、ちゃんとしたサポーターも買ったけど
あれはきつくて私はダメでした。

テーピングも良かったけど、手を洗う度に
濡れちゃうのがちょっと。
私が買ったのは、撥水性があったけど
一日使ってるとやっぱり濡れちゃうからサポーターの方が楽だった。

テーピングは目立たないから外出用で
車の運転を始めた頃は必ず巻いてたけど
最終的にはこのサポーターだけになりました。
GWに入って暑くなってきたから、もう着用してないけど
よく『寒くなったら折れた所が痛む』っていうから
冬になったらまた必要かも。


それと私は、朝顔を洗う時
少し熱めのお湯を右手にかけて温めてます。
最近は暖かくなってきたから、そうでもないけど
少し前まで朝は冷えて固まってたみたいだから。

そのせいもあるのか、洗顔料の泡を流す時
顎の右側を、なかなか流せなくて。
泡の流し残しがなくなったのは最近の事です。


朝起きた時に「伸び」がずっとできなかったけど
それもきっと固まってたんだと思う。
今はだいぶ伸ばせるようになってるけど
まだちょっと怖くて思いきりはしてないです。

今はまだ、伸びをしようとして
つい意識して右腕を抱え込んじゃうけど
きっともうすぐ無意識に伸びをしちゃって
あれ?できたってなりそうな気がするけど、どうかな。


他にもまだできない事は、細かい事だけど色々あります。
手首はだいぶ曲がるようになったけど
まだ完全に90度にはできないし
曲げた状態で力をかける事も
少し重い物を肩より上に上げるのも、まだちょっと無理。
でも少しずつできるようになってきてる事もあって
なかなか開けられなかったペットボトルが
何とか開けられる事もあります。

車のタイヤ交換をするのに
タイヤを車に積み込めないんじゃないかって
タイヤ交換に行けなかったけど、思い切ってやってみたら
右手をかばいながらでも何とかタイヤを積めました。
それが不安だったから、いつもは4月中にタイヤ交換に行くのに
今年は5月になっちゃった。

まだできない事は少しあるけど
それはきっと時間が経てば自然とできるようになると思ってます。


それにしても、3か月半前は着替えに15分かかってたとか
テレビでフィギュアスケートやキャッチボールしてるのを
見ただけで骨折した所が痛くなって見れなかったなんて
今では信じられないなぁ。

ギプスを卒業しても、全然右手を使えなくて
ちょっと動かしただけで激痛で
もう前みたいに使えないんじゃないかって思ったり
右手を使うとあまりの痛さに、もう使えなくても良い!って
自棄になった事もあったけど
今は98%ぐらい戻ってるのも信じられない感じ。
一時はホント、もう諦めようと思った時もあったなんて・・・


骨折したのが1月早々で、今年は最悪・・って思ってたけど
ほぼ回復した今、 思うのは
あの時の私には必要な時間だったのかもしれない、です。
今まで見えなかった景色が見えて、考えさせられる事もあったし。

ギプスをしてる時は、無駄な時間を過ごしてるって思ってたけど
全くの無駄ではなかったと思う。
ただちょっと勿体なかったけど。
 

そして、右手が使えなくて色々工夫してたから
頭が柔軟になった気がします。
何かやろうとしてできない→ストレス
でもここで発想の転換→できた→ストレス解消そんな感じ。

例えば一番最初は、どうしてもリンゴが食べたかったけど
ナイフが使えないから、齧っちゃえ!って洗って丸齧りとか。
久々に皮つきで食べたリンゴが美味しかった
皮を剥いて食べるのとは味が違うって気付きました。
今思い出したら笑っちゃうけど
りんごを食べようって思って手に取って「あ・・・」って茫然としたんだよね。
情けないっていうか。
最初の頃はそんな事がたくさんあったっけ。 


そして左手を酷使して、右脳が活性化されたと思う。
果たしてそれにどんな効果があるかは不明だけど。



今回、ねぇたんにはすごい迷惑をかけちゃったなぁ・・・
25日間もあいたんのお散歩に行けなかったなんて。
チャコの時でもそんな事なかったのに。
雪かきも家事も何もできなくて・・・
あいたんも、冬のランにも連れて行けなくてごめんね。
雪遊びしたかったね。


それにしても、骨折がこんなに痛いとは。
何事も経験してみないとわからないね。
今こうして不自由なく生活できる事は
当たり前じゃなくて、幸せな事だって実感してます。

折れたのはほんの数センチなのに、かなり不自由な生活を強いられて
骨折の痛みに加えて心身ともに辛い時期もあって
今は健康の有難味をひしひしと感じます。

身体のほんの一か所に痛みがあったり、使えないのは
どんなに大変か・・・今回身に沁みました。
その立場になってみないとわからない事も
たくさんある事に気づきました。


この間、ダウンジャケットを仕舞おうとして
ポケットをチェックしたら、こんな物が出てきました。



あの日以来、このダウンを着られなかったから
ポケットの中はあの日のままだった。
これを見て、頭の中が1月15日に瞬間移動・・・。

縁起が悪いし、捨てようと思ったけど
これを見たら辛かった事、良くなってきて嬉しかった事
いろんな思いが巡って
しばらく取っておくことにしました。

きっと完治した時に見たら、感慨深いかな。


骨折したのは真冬だったのに、すっかり雪も解けて
北海道にも遅い春がやってきました。

さぁ、何もできなかった2か月を取り戻すぞ~



《チャコぼすの骨折日記》終わり
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予期せぬ通院終了《チャコぼすの骨折日記⑧》

2017年04月29日 | チャコぼす骨折日記

長くなった骨折日記は、次回いよいよ終わります。

*******

3月末から頑張って、週2回リハビリに通うようになって
家でもグリップボールを握ったり
積極的に右手を使うようにしたら
自然と右手が出るようになってきた
これにはびっくり

でも最初の頃は思わず右手を使って
『痛っ』ってなってたけど。
それが少しずつ痛みがソフトになってきて
痛む範囲も狭くなってきて。


3月末にパソコンでブログを書いた時、右手を普通に使って書いたら
あとで右手が痛くなったけど
4月になってからは、右手で入力しても痛くない

きっとこれは、理学療法士さんに言われた
手のひらをパーにする練習が効いたかな。
右の手のひらはずっと、だらんとした感じで
力を入れてなかったからね。

だからそれまで買い物した時に
ずっと右手でお釣りをもらえなかったけど
手のひらが返るようになったら
お釣りを右手で受け取れるようになった

それで、みるみる回復してるのを自分でも実感してたら
リハビリでも、目途がついてきましたねって言われて
いよいよ最終段階へ。

そうなったら、積極的に色んな事をするようになっていきました。

ごはんを作るのは、割と早い段階からやってたけど
でも最初は簡単な物しかできなかったのが
段々ちゃんと作れるようになってきて
久々にパンを焼いてみました。



もともと餡子は嫌いだけど
スーパーで安売りしてた「あんローフ」があまりに美味しくて
でももう売ってないから作ってみた。
・・・イマイチな出来だったけど

家事に関しては、作る事は意外とできたけど
洗い物はハードルが高かったなぁ。
手首をくるくる回したり、ちょこちょこ動かすのが痛くて。
ウチに食洗機があれば良かったんだけどね。

そういえば、2か月半経って
この状態はどうなんだろう?って思った時
同じように手首を骨折した人のブログを読んだら
その人も3か月ぐらいの時に
洗い物がキツイって言ってて
やっぱり~ ってほっとしたんだよね。

で、その人が洗い物がリハビリに良いって言うから
渋々、洗い物をするようになっていった事も
良かったかなぁって思うね。


色々できるようになって、一番安心したのは車の運転かな。
お米・水の重い物とか嵩張るトイレットペーパーとかは
やっぱり車がないと大変で。

でもしばらくは、ほとんど左手で運転してたけど。
左手だけでも、走ったり右左折は大丈夫だけど
駐車場で停める時は、左手だけじゃちょっと・・・
それで一度、近所のスーパーに混んでる時に行って
上手く停められなくて泣きそうになった・・・
すぐ後ろで待たれると、プレッシャーがハンパない

だから最初は空いてる時、駐車場が広い所しか
行けなかったね。

でもこれもリハビリの成果で
右手でハンドルがちゃんと握れるようになって
3時方向から12時方向までOKになって
次は9時方向まで動かせるようになって
そしてとうとう、ほぼ普通に運転できるようになりました


それでもまだ、水道の蛇口をひねるとか
普段あんまりしない動作もまだ痛いし
7.4キロのあいたんを抱っこできないけど
それは突然宣告されました。

通院終了

えっ
まだ痛いんですけど・・・
これで終わりですか

先生が言うには、
まだピリピリする痛みや、完全に手首が曲がらないのは
これから普通に使っていくうちに
自然と痛くなくなってできるようになるからって。


確かに、4月になってから
リハビリでやってもらうようなマッサージを
自分でもするようにしたら
随分良くなってきたように思ってたけど。
でもまさか、こんなにあっさり終わるとは。

何だか、あと少しって所で放り出された感が否めないけど。



翌日で骨折から3か月になる4月14日に
とうとう通院は終了になりました。
ただ、今後もし調子が悪かったら
再受診するようにとは言われたけど。

病院の帰りにローソンで買い物して
くじを引いたらウィルキンソンのコーラ当たっちゃった
きっと、この日はラッキーデーだったんだね。



という事で、突如終了した通院・リハビリ。
急に放り出されて、あとは自分でやらないとっていう危機感からか
あれだけずっと痛かった水道の蛇口ひねりが
次の日から痛くなくなったのは不思議。
まぁ、いきなり普通に回すのは、まだ無理だけど
ゆっくり回せば、もうすっかり大丈夫。

右手のぐーも


親指が更に一段と曲がるようになってきた。
でもまだ少し無理してやってるけどね。
それでも前は全然できなかったから
本当に随分良くなったなぁって実感します。

もしかしたら、通院が終わって
あとは自分でって思ったのが良かったのかも。
整形外科って、そういうものなのかな~。


それにしても、完治までもう少しって所で
あっさり通院終了なんて、ちょっと拍子抜け。

でも会計を待ってる間
3か月前、助けてくださいって病院に駆け込んだあの日
ここで2時間激痛に耐えてた事を思い出して
ちょっと感慨深かったけど。


先生はじめ、看護師さん、理学療法士さんや
私に関わってくれた病院のスタッフの皆さん
そしてスケート場の職員の方々、
転んで動けなくなった私をサポートして
病院まで付き添ってくれたYちゃん
皆さんには心から感謝してます。

ありがとうございました

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

予想外のリハビリ《チャコぼすの骨折日記⑦》

2017年04月20日 | チャコぼす骨折日記

衝撃の手首骨折から早3か月。
季節は真冬から春になっちゃったねぇ。
この骨折日記もとうとう終わりに近づいてきました。

*******
 

ギプスが取れたら、少しずつでも自然に右手が
使えるようになると思ってたけど、それは大違いで
相変わらず痛くて、あんまり使えない。

包丁で野菜を切ろうと思っても、手首に力が入らないんだよね。
上手く言えないけど、ぼわ~んとするの。
それでも、葉物とか柔らかい物は切れるけど
根菜類は全然だめ。

ブログもパソコンで書けるようになったけど
右手は人差し指と中指しか使えなかった。
それもゆっくりで、休み休み。


でもリハビリって絶対痛いだろうな・・って思ってたし
先生も、リハビリはしなくても良いですよね?って言ってたから
リハビリには消極的で、あくまで自然に戻ると思ってた。

でもギプスが取れた次の診察で
手首をぐ~っと曲げられて、痛たた痛~い
もうこれは、ちょっとリハビリした方が
良いんじゃないだろうか・・・?
先生も、人の手を借りた方が楽だって言うし。
という事で、最終段階へ向けてのリハビリが始まりました。


いざリハビリが始まってみると
『痛いだろう・・・』という私の予想に反して全然痛くない
私の場合、固まった手や指、腕をほぐすマッサージ中心だから
痛いどころか、気持ち良いぐらい
なんだ~、だったらもっと早くリハビリを始めてたら良かったなぁ。

たまにはお風呂みたいなのにも浸けたりして。



40℃のお湯が回ってて
ジェット風呂に入ってるみたい。手だけね。
時期的に寒い時期(3月)だったから
こうやって温めるのが効果的みたいだね。

でもリハビリはいつも混んでて、最低でも30分は待つ・・・。
最高1時間待ったけど
そんなに待ってもリハビリは10分~15分。
それが面倒で、最初は2週間に1回の
診察時にしか行かなかったから
そんなんじゃ効果が出るはずもなく
理学療法士さんから、次回はいつ?って
聞かれるようになっちゃって
で、空いてそうな時間を見計らって週1回行くようになって
その後、週2回頑張って通ったよ。
(頑張ったのは「行く事」だけど


他に、同じように手首を骨折した人のブログに書いてあった
理学療法士さんに勧められたっていう
コレを買ってみたの。



シリコン?かゴム?でできてて
握るとぐにゅぐにゅする感じ。

骨折したのが、人差し指と親指を動かす所だったから
この2本の指をほとんど動かせなくて
すっかり固まっちゃって、指を動かすと痛い。
だから親指と人差し指でぎゅっぎゅっとコレを握ってリハビリ。

でもこれをやってると必ず寄ってくる・・・



あいたん・・・もしかして



これ、あいたんのおもちゃだと思ってる



違うから~
あいたんのじゃないって



でしょ?

あいたんの噛み心地も良いみたいだけど
間違って飲み込んだりしたら大変だから
私が見てる前でしか遊ばせてないよ。


病院のリハビリに加えて、自分でこのボールと
ホットパックで温めるようにした結果
2月半ばには人差し指と親指が
曲がらなかったのが(↓)


ここまで(↓)曲がるようになりました


お~
グーになった~

これが3月末の事。
これでいよいよ通院も終わりかって思ったけど
まだだった・・・
まぁ、まだ8割ぐらいしか使えないしね。

診察で先生に、いつも言われるんだよね。
『大事にし過ぎてる』って。
『右手を使っても、また折れたりしないから』とも。

そんなつもりはないんだけど
力を入れると痛いから、自然と使いたくなくなる・・
それでつい痛くない左手を使ってしまう・・・だけの事。

でも自分でも、3月末(骨折から2か月半)でも
この状態はまずいんじゃ・・・?って
思うようになってやっと一念発起。(遅すぎる~
『痛~い』って言いながら何でも右手を使って
次回の診察時、先生がびっくりするぐらいになってみせる

それで、リハビリを週2回にして
あいたんのリードを右手で持つようにしたり
雪かきもしたね。

さぁいよいよラストスパートだ~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

待望のギプス卒業!《チャコぼすの骨折日記⑥》

2017年04月06日 | チャコぼす骨折日記

そろそろ骨折日記は飽きてきてない?
私もどこまで書いたか、読み返さないと
わからなくなってきた


*******

色々と不便を強いられていたギプス生活は
意外に短く4週間で卒業。
骨折からちょうど1か月の事。
最初、ギプスは4~6週間って言われてたけど
6週間ぐらいになるだろうなぁって思ってたから
ちょっと拍子抜け。
もう良いんですか
ホントにもう骨はくっ付いたんですか

でもいきなり『ギプスはもうしなくて良い』って
言われても不安・・・。
手首もスースーするし
4週間ずっと苦楽を共にしてきたギプスは
最早「戦友」のような存在で急にお別れも寂しい・・・。

と、戸惑っていたら看護師さんが
寝る時はした方が安心だと思いますって
無事ギプスを連れて帰れた



ギプスを外して一番ほっとしたのは、お風呂
もう防水カバーをしないで入れるし
右腕を湯船に浸けられるのが嬉しかった~

でも4週間ずっと手を洗えなかったから
最初は脱皮が凄かったよ・・・
洗面器のお湯に浸けて手のひらを洗ったけど
皮がベロベロ剥けて気持ち悪かった・・
2、3ミリの幕が張ってる感じで。

上↑の写真の状態が1週間ぐらい続いて
汚かったなぁ。


ギプスを卒業した日の夜、寝る時にギプスを着けたら
ほっとした~。
朝起きたら外そうと思ったけど
やっぱり不安だったから、そのままお散歩に行って
帰って来てから外す、っていう生活に。





それでもギプスをしないで
サポーターで寝てみた夜もあったけど
最初は痛くて眠れなかった。

だからまたつけて寝たり
つけなかったりの繰り返しで
1週間ぐらいでとうとう本当に卒業できたかな。


最初はグーをするのはこれが限界。



わざとじゃないよ。
ホントにここまでしか握れなかったの。
これはギプスを外した4日後(2月18日)。

でも今は



ちゃんとグーができるようになったよ。

でも・・



まだ人差し指と親指が痛くて曲げられない。
ホントは曲げた指がほぼ一直線になるはずだけど
人差し指が飛び出てるの。
親指も曲げられないし。

折れたのが人差し指の根元の先で
ここは人差し指と親指を動かす時に使う所だから
ギプスをしてた時、この2本はほとんど使えなくて
すっかり固まっちゃったみたい。


1か月の左利き生活で
割と何でも左手でできるようになったけど
お箸を使うのは難易度が高くて
これだけはマスターできなかった。

一度、子供がお箸の練習をする『しつけ箸』があればって
思って探したけどなかった・・・。
って、当たり前だよ。
右手に矯正するための物なんだから
左手用のしつけ箸なんてあるわけないよね~

食事は、最初はコンビニでもらう
先割れスプーンを使ってたけど
プラスチックだからどうも味気ない。
それでフォークを使うようになったけど
麺類は食べずらくてね。

だからギプスを外した時
やっとお箸で右手で食べられるって思って



嬉しくて思わず写真を撮ったけど
お箸が使えたのはここまでだった・・・
持ち上げる事はできたけど、手首を動かせないから
手前に引いて口に入れる事はできなくて。


とにかく最初は
手首にわずかに力がかかるだけで激痛だった。
例えて言うなら、生け花で使う鋭い剣山が刺さる感じ。
電気が走る痛みっていうか。


だからなかなか右手を使う気にならなくて
ほとんど動かさなかったら
手首の角度がギプスより曲がらなくなってきたり

右手を使うと、痛いしゆっくりしか動かせないから
最初のうちは左手を使っちゃってたんだよね。
痛くないし、スムーズに使えるから。

でも医師から
『痛くない範囲内でしか動かさないと、使えるようになりませんよ』
って釘を刺されて、泣く泣く(ホントに泣きながら
意識して使うようにしたけど、なかなか。

痛みを我慢して右手を使ってると
も~
右手があんまり動かせなくても
生きていけるから、もうこのままで良い
って、何度も諦めかけたよ。
でもやっぱりもう少し頑張ろうって思い直す日々。

何だかギプスをしてた時より、外してからの方が
色々葛藤もあって大変かも・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あいたんのお散歩編《チャコぼすの骨折日記⑤》

2017年04月03日 | チャコぼす骨折日記

今年の冬はすっかり冬眠しちゃってたけど
あっという間に4月
そろそろ目覚めないとね。


北海道も3月に入って雪解けシーズンに突入。
今シーズンは12月にドカドカ大雪に見舞われたけど
そのあとはまとまった雪が降らなかったあいたん地方。
あ・・・たぶんね。
1月15日以降は雪かきしてないから
あんまり覚えてないんだよね
(今年は雪かき免除だったから、楽な冬でした

でもそのまま終わるわけなかった・・・
もう春だな~って思った途端、またまた雪

 

せっかく雪が解けて
お散歩も雪道を気にせずに歩けるようになったのに・・・

でもあいたんはふわふわ雪にテンションアップ
近所の人に『雪が降ったら楽しそうだね~』って。



そう
あいたんは、寒いのは嫌いだけど、雪は大好き


今年の冬も毎日公園で雪遊びに付き合わされたよ・・
あいたんの毎日のお散歩は、ギプスを卒業する5日前から
復帰したけど、その頃右手は指先だけに
手袋を履いてた(手袋を履く=北海道弁)から
指先で手袋がプラプラしてたんだよね。
それをすかさず見つけたあいたんは
いきなりジャンプして私の右手から手袋を奪った


(痛い右手で必死に撮影

引っ張ったら破れる~



そしてブンブン振り回した挙句放置した手袋は無残にも・・



雪まみれ
ゴムが出てプラ~ンってなってるし。

あいたん
こんな雪まみれの冷たい手袋をはいて帰れないでしょ
どうするのって言っても知らんぷり。

この遊びはギプスを外しても
手袋を履いてる日は毎日事やってました。



そういえば、雪が降る前から改修工事をしていた公園は
すっかり変わってこんな遊具が設置されました。



すごいね~
今の公園の遊具って。
電車乗り場にチケット売り場まであるんだ

他にもターザンロープもあって楽しそう
雪が解けて子供達が遊ぶのが待ち遠しいね。


所で、あいたんのお散歩に行く時は
いつも左手にリードを持って
うんたんを取る時だけ
バッグに着けてたカラビナにリードを着けてました。



このカラビナの耐荷重11Kgまでだから   
7.5キロのあいたんが急に走り出さない限りたぶん大丈夫。

でも前にブログに書いたけど
公園の山で転んだ時、ロングリードを外したら
元々持ってたリードも放しちゃって
あいたんが離れちゃったって事があったから
あれ以降は、家を出発する時から
こうやってリードをカラビナに着けて
そのリードを左手で持ってお散歩してました。

歩いてる間にあいたんが私の右側に行く事もあるから
そういう時は私がグルと回って直して。
でもその様子を通りかかった人が見たら
変な人!って思われちゃってたかも

でもそんなお散歩も3月末で終了。
4月からとうとう



右手復活
お散歩始めは、あいたんの引きが強いから
右手でリードを持つのはお散歩後半だけどね。

私の右手は、まだ8割程度しか使えないけど
少しずついろんな事をやっていかないと。
いや、やってるつもりなんだけどねぇ・・
なかなか


力を入れられるのも、やっと7割ぐらいまで復活。
という事で
たぶん今シーズン最後と思われる雪が降った先週



雪かきも復活
まぁ、ちょっとだけだけどね。

まだギプスしてる時に
ほんの少しの雪かきならできるかと思って
左手と右肘でスコップを持ってやってみたら、意外とできた
でもその姿が何だか・・・当たった人みたいで・・・
もしかしたら近所の人が
『しばらく姿を見ないと思ってたけど当たったんだ』って思ったかもね。
でも次の日から2~3日右肘が痛かったから
今シーズンの雪かきはしない事にした。
でも最後の雪かきには何とか間に合ったよ。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギプス卒業への道《チャコぼすの骨折日記④》

2017年03月30日 | チャコぼす骨折日記

雪国北海道も、3月に入り雪解けが進んでいたのに
何度も冬に逆戻りして
なかなか春が遠い今日この頃。

遠いと言えば、私の手首も
なかなか完治にたどり着けない今日この頃。
もう3月も終わるというのに。


1月15日に骨折して、ギプス固定は4~6週間の予定で
でもその間に骨折部位がズレる可能性があって
もしそうなったら即手術との事でした。

『骨がしっかりしてるから大丈夫だと思う』とは
言われてたけどドキドキ

でも2回目の通院(骨折12日後)直前に
手術がちらつくように。
というのも、あまりに不自由な生活が辛くて・・・

最初は左手だけでも意外と大丈夫って思ってたけど
慣れてきたら上手くできない事にイラついちゃって。
そりゃずっと右利きで何十年も生きてきたんだから
急に左利きになんてなれる訳がない。
でもあの時は何だか辛くて。
今思えば、精神的なショックが大きかったのかも。

で、いっそのこと手術した方が早く治るって思ったら
手術っていう選択も有りかな、って。

ある野球選手が去年右手首骨折したのを思い出して
まぁ一流アスリートとは手術内容も何から何まで
全然違うけど
でも手術後2週間で普通に右手が使えるようになってたのを見ると
思わず手術したいって思っちゃって。

それで2回目の通院時に、手術の事を先生に聞いてみると
手術の為の入院期間は2泊3日
そして腫れが引けばすぐに動かせるって聞いて
これはますます手術したい気持ちが強まった瞬間
『でも1年後にプレートを外す手術が必要になります』って。

1年後にまた手術か・・・ 
それを考えると、踏みとどまっちゃった。
今は早く良くなりたい一心で手術って強く思うけど
1年後は全然元気なのにまた手術っていうのもね。
もしズレてしまって手術になれば
1年後のプレート除去手術も止む無しだけど。


そんな中、3回目の通院も無事クリア。
もうここまできたらこのままギプス固定で
治るのを待った方が早いね。

通院時は毎回骨折部がズレてないかチェックするのに
レントゲン撮影をしてたんだけど
この3回目の通院時は
初めてギプスを外してのレントゲン撮影。
いきなりギプスを外れさてびっくり

ギプスっていっても私の場合は
ギプスシーネっていう半分だけので
それを専用の包帯で巻いてただけだから
簡単に外せるんだけど。

こんな感じ。


レントゲン撮影が終わったら、レントゲン技師さんが
ギプスをまた巻いてくれたんだけど
それが緩くて手首が動く痛い
で、帰宅後自分で巻き直してみる事に。



骨折した日、治療するのに部分麻酔をした時の
絆創膏も貼ったままだったし。

そうそう
レントゲンを撮るのにギプスを外したら
腕の真ん中あたりに、どういう訳か
あいたんの毛が入り込んでてびっくり~

最初、すごい太い毛が一本生えてきたって思って
びっくりしたよ~


ギプスの包帯を、自分でも何度も巻き直してみたけど
どうもしっくりしないんだよね。
きっと、腕の筋肉が落ちちゃって
ギプスを装着した時とは腕の太さとか微妙に違って
最初の通りにはならないんだろうね。


そういえば、この日の会計はいつもより70円高くて
何かと思って明細書をみてみたら
どうもこのギプス装着で70円高かったらしい。
え~
こんなゆるゆるの包帯巻きで70円
だったら最初から自分でやったのに。



そして4回目の通院は10日後。
いよいよ 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2か月ぶり!で大事な忘れ物を・・・

2017年03月19日 | 日記(あい 8才)

先週、あいたんをやっとランに連れて行く事ができました
何と2か月ぶり。



今シーズンは12月にどっさり雪が降ったから
お正月明けに行った時も結構積もってたけど
さすがに2か月も行ってないと
すっかり雪深くなってました。



私の右手首のギプスが取れたら
すぐ運転できるかと思ってたけど
全然無理だった・・・
家の前で、ちょっと車を動かしてみようと
ハンドルを回そうとしたら、右手に激痛・・・

でもランの会員期限が3月1日だったから
それを目標に頑張ってリハビリして
10日後には、ハンドルを回しても痛みがなくなった
それでいよいよと思った矢先
公園で転倒してまだ曲がらない右手首を強打・・・。
やむなく延期となりました

で、当初の目標より2週間も遅くなったけど
やっとやっと行けたよ。



でも車の運転は、近所のスーパーに2回行っただけだったから
30分の道のりはドキドキ
まだ手首は曲がらないし。

だけどあいたんは楽しそうに走ったり、探検して。

久々にお友達にも会えて



いつもは、会っても挨拶もしないのに
これだけ会ってないと
さすがに嬉しかったみたいだね。



珍しくお友達のママさん達にたくさん撫でてもらって
テンションアップ
ホントにすっごく楽しそう



私のケガで、あいたんに寂しい思いをさせちゃった・・・

冬は、雪の中を走るのが楽しそうで
雪遊びもだし
夏は行けないちょっと上のゴルフ場まで
登ってみるのも楽しみの一つだから
冬のランは寒いけど、私も楽しみだったのに・・・

ま、仕方ない。
冬はまたくるさ。
ねっ

それに、今ならまだ
冬は通行止めになってるランの奥までお散歩できるしね。



奥にある山の登山口までGO

と、思ったけど途中でUターン。
夕方になってきちゃって日が陰ると寒くなってきちゃって。

帰り道は、あいたんがこんなに先に行っちゃうから



かくれんぼしながら帰ってきました。
あいたん、たまにしか振り返らないから。

振り返って私がいないと、焦って戻ってくるんだけど
どんなに隠れても、私の居場所はわかってるみたいで
『何してるの?早く帰るよ』って顔してたのが面白かった~

かくれんぼも楽しかったね 


で、このまま帰ってきちゃった・・・
チャコのお参りを忘れて

ちょうど、チャコの命日も近いから
ランに行くのはちょうど良いって思ってたのに・・・

チャコの斎場の前も通ったのに
どうして思い出さなかったんだろう・・・

帰り道、チャコの命日だからってお花も買ったのに
お参りを忘れた事を思い出したのは
晩ごはんを食べてる時

きっとチャコも呆れてるよね・・


2か月も行かないと、こんな大事な事も忘れちゃうなんて。

情けない・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

左利き生活の優れモノ《チャコぼすの骨折日記③》

2017年03月14日 | チャコぼす骨折日記

今日でギプスを卒業して1ヶ月。
頑張って右手を使ってリハビリしてるつもりだけど
ついつい過保護にしちゃって
なかなかちゃんと使えるようになりません・・・

それでもいろんな事ができるようになって
パソコンもやっと文字入力できるようになりました
あんまり動かしてると、すぐ痛くなるけど

やっぱり完治まではまだまだ時間がかかるなぁ・・・


*****

突然始まった左利き生活は
最初は思ったより何でも出来たけど
その頃はまだほとんど寝て過ごしてたから
そんなに不自由は感じなかったんだよね。
たいていの事は工夫すれば
左手だけでも何でもできたし。

でも1週間経って起きていられるようになったら
色んな事をしようとした時、不便を感じて
正直、大変だった。

そんな私を助けてくれた一番の強い見方がこれ

左利き用ハサミ。(ダイソー)
元々左利きじゃないから上手く切れないだろうって
思ったけど、100円だから買ってみたら
すっごいサクサク切れる
このハサミのお陰で、左利き生活が快適に

家にある普通のハサミでも、左手で切れる物もあるけど
うまく切れない物も多くて。

例えば、カップ麺を食べようと思っても
スープやかやくの袋が開けられない。
そういうのは大抵「マジックカット」になってるけど
あれは両手が使える場合の事。
最初は片手しか使えなかったから
マジックカットなんて意味なくて
びっくりするぐらい何も出来なかった。


2週間ぐらいしたら、右手の指先が使えるようになったから
もう少し出来る事も増えたけど
でもこういう袋は開けられなかった。



だから左利きハサミは色んな場面で大活躍

ちなみにこのハサミ、右手でも使えます
たぶん新しいハサミなら左手でも
ちゃんと使えたのかなって思うね。
 


右手の指先が使えるだけで
見違えるように色んな事が出来るようになって
やる気も出てきたから
食生活も少しましになってきて。

パスタソースをかけるだけのパスタに
野菜のトッピングができたり。



それだけでも美味しく感じるのが嬉しかった~
ちゃんとした生活に一歩近づいたって。


そして、食事の次に大変だったのがお風呂

右腕のギプスを濡らせないから
最初は手のひらの方に、Sサイズのレジ袋を被せて
ギプスを覆ってから肘の所で
防水テープでぐるぐる巻いて入ったけど
それだと上がってすぐテープを剥がせないんだよね。
でも早くしないと腕がサウナ状態で暑い
最初はテープを剥がすのに手間取って
汗ダラダラになって大変
だから最初は1週間に1回しかお風呂に入れなかった。

それが、同じように手首を骨折した人のブログを偶然見つけて
その人が使ってた防水腕カバーが
この問題を解決してくれた



ちょっと柄があれだけど(seria)
この際、そんな事は関係ない。

防水テープを巻かないで、この防水腕カバーを
手のひらのほうから被せたレジ袋の
肘の所を覆うようにするだけ。

だからかお風呂から上がってすぐ外す事ができる
サウナ状態にならずに済む

この防水腕カバーを買いに行った時、最後の1枚で
いや~、100円ショップってこういう時に欠かせないね。
他にも「指先トング」も重宝してるし、グッズの宝庫だね。
ホント助かりました。


こうして3週間もしたら、不便な事はほとんど無くなって
家事以外は何でも出来るようになったんだけど
でもどんどん色んな事が左手で出来るようになっても
どうしても出来ない事が多少はあるんだよね。

その中でもこれだけはホントに困ったよ。

それは字を書くこと。

最初に病院に駆け込んだ時から
診察申込みも書けなかったし
診断書の申込みも、生保の保険金請求書も書けない。
近所のスーパーで買い物して、配達依頼書も…


でも、どんどん左手が器用になってきたから
もしかしたら左手で字が書けるんじゃない
そう思って書いてみたら


この『あいうえお』左手と右手で書いたんだけど
どっちがどっちだかわかる?


正解は・・・

上が左手で、下が右手。

『柴犬 あい』も左手だよ。

右はギプスで手首が変な位置で固定してるから
左手で支えてやっと書けた。
力も入らないしね。

これは初めて書いた時で、そのあと練習したから
もう少し上達したよ。

ちなみにギプスを外しても、右手に力が入らなくて
すぐには字は書けなかったね。
今もまだあんまり書けないかな。



家の中では不自由を感じなくなったし
右手の痛みもほとんどなくなったら
すっかり元気になって
暇を持て余すようになりました。

あいたんも暇だよね。



そんな、二人でゴロゴロ過ごして
ギプス生活にもすっかり慣れた頃
とうとうこの生活も終わりを迎えたのでした。

これ↓はギプスを卒業する2日前。


(あいたんと同じ色で同化してるって写真を撮ったら
たまたま右手も写ってた)

この頃は、ギプスを卒業したら
すぐ右手が使えると思ってたんだけどな・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

手首骨折は「PPAP」《チャコぼすの骨折日記②》

2017年03月07日 | チャコぼす骨折日記

早いものでもう3月。
はぁ・・・


転んだ時の事を少しずつ書いては
書き直し…でやっともうすぐ書き終わるっていう所で
タブレットの変な所を触っちゃったみたいで消えた・・・

で、すっかり書く気を失ってました。
いっそのこと書くのは止めようかと思ったけど
やっぱり書いておこうかな。
因みに書き直すのはこれで4回目


*****

右手首骨折は、スケートで転倒だけど
その状況は、前にいた子供が転んで
それを避けようとして・・・でした。

最近は見なくなったけど
ちょっと前まで風邪薬のCMで
有村架純ちゃんがやってたのがあって
まさにあの状態。
だからテレビを見ててあのCMが流れると
「うっ」とテレビから目を背けてた・・


で、転ぶ!って思った時、ほんの1、2秒なのに
いろんな事を考えちゃった。

まずは、お尻で着地したくない
12月に雪道で転んで骨盤がずれちゃって
治してもらったばっかりだったから。

そして次に、背中や腰から落ちるのも絶対嫌
それは、そんなにガンガン滑るつもりはなかったから
荷物のリュックを背負ったままで
中のカメラやiPhoneが壊れるって。

そう思ったら、手を出すしかなかった・・・
右手だったのは、身体が右側に傾いてたから。
せめて左だったら良かったのに。

まぁ、今思えばお尻で転んでたら
骨折はしなかったと思うし
カメラやiPhoneが壊れたら
出費は痛いけど買い直せば済む話し。
骨折してかなり痛い思いをした上に
無駄に時間を過ごすより良かったかな。

っていうか、その前に
荷物を預けておけば・・・

でも万が一腰や尾てい骨の骨折だったら
もっともっと大変な事になったと思うから
最低限で済んだ・・・と思いたいけどね。

ちなみに、転ぶ直前を見てた友達が言うには
結構な高さで宙に浮いてたらしい・・・

よく骨折した時、折れる音がするって言うけど
屋外だったせいか音は聞こえなかった。
でも手首がものすごく痛くて
右腕を抱え込んで氷の上にペタンと座ったまま
もう自力で立ち上がれなかった。

打撲とかだったら、時間が経つと痛みが和らいでくるけど
その逆で、どんどん痛くなってきて
最初は動かせた指も
10分後ぐらいにはもう動かせなくなって
時々意識が遠のきそうになる・・・
軽く吐き気もしてきて
経験した事のない激痛・・・

スケート場の人に『救急車呼びますか?』って聞かれたけど
たくさんの子供達が楽しく滑って遊んでる所に
救急車なんて絶対嫌恥ずかしい
【あのおばさん、転んで救急車だって~】なんて・・・

それにスケート場がウチから少し遠かったから
どこの病院に連れて行かれるかと思ったら
それも怖かったし。
保険証も持ってないし。

その日は日曜日だったから、調べてもらったら
ラッキーな事にウチの近所の整形外科が当番病院で
それでタクシーを呼んでもらって駆け込みました。

歩くのも辛くて、タクシーに乗ってても
雪道だから振動が多くて辛かった・・・
でも運転手さんは気遣ってくれて
より早く、揺れないようにって運転してくれたけど
やっぱり救急車でも良かったかなってちょっと思ったね。


病院に着いたら、激混み
先に痛み止めをって思ったけどそうもいかず・・・

1時間後やっとレントゲンで
ずっとリュックを背負ったままだっかから
リュックを下してダウンを脱ぐのも
看護師さんに手伝ってもらって
泣きながらやっと


↓の写真はレントゲンを撮ったあと、診察待ち中。



矢印の所が折れた所で
わかりずらいけどぽっこり腫れ上がっちゃって・・

でもレントゲンを撮る時に見てびっくり
というのも、私はずっと手首から肘の間ぐらいが痛くて
自分でも具体的にどこが患部なのか
よくわからなかったんだよね。
だからここって。
まぁ、転んだ時手首を着いたから当然だけど


受付から2時間後、やっと診察。
レントゲン画像見て『ここが折れてます』って言われても
全然わからなかった。
何回見てもいまだにわからないけどね

折れ方がちょっと・・・だからかな。
はっきり言うと『ぞっとする』って言われるから言わないけど。
簡単に言えば「PPAP」みたいな感じ。

なのでちょっとした治療が必要になったんだけど
これがまぁ
折れた時より痛かった・・・ 

でも治療が終わったら、うそみたいに激痛が消えた
全く痛くないわけじゃないけど、さっきまでの激痛に比べたら
だいぶ軽くなった~

実はこの時、今できるのはこの治療だけで
でもちょっと痛いですって言われて躊躇したけど
治療してもらって良かった~!

治療するまでずっと激痛が続いてて
さっきの写真でペットボトルを添え木みたいにしてるんだけど
それでも身体を1ミリ動かすと更に激痛

骨折してから治療が終わるまで5時間。
ひたすら激痛に耐えた5時間でした・・・


帰りのタクシーの運転手さんが、近くの他の病院だったら
今頃手術になってるだろうって言われて
家に帰れて本当に良かった・・・

帰ったらあいたんが、見たことない白い物に目が点

これは家に着いた直後で
クンクン匂いを嗅がれてチェック完了。

朝、出かけた時はまさかこんな形で帰宅するなんて・・・
本当にいつ何が起きるかわからないね。


ただ・・・。
この時、今後の状況次第では
このあと手術が必要になるかも・・・な状態でした。
4週間は様子見という事で。


そして、何とか帰宅できてほっとしたのも束の間
このあと不便極まりないな生活が待っていたのでした・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加