大木昌と大木秀子のワクワクライフ

美と健康と豊かな人生を求めて

事故から二週間・・

2014年04月29日 | 秀子のたわごと


次々と杜撰な管理体制が発覚する韓国旅客船沈没事故。

船の長である船長が、そそくさと救助された映像を見て、

唖然、茫然、そして改めて憤りの気持ちが涌いてきました。


肉声を公開されたご家族の思いを無駄にすることなく、調査を進めて頂きたいと願っています。

公開された映像から、的確な誘導指示があれば全員助かったであろうことが分かります。

指示に従った乗客が犠牲になったことをどう償って行くのでしょうか。


そして、二週間が経とうとしている今日もまだ多くの行方不明者がいます。

一日も早く全員の救出が進むことを願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加