大木昌と大木秀子のワクワクライフ

美と健康と豊かな人生を求めて

つらい時間・・

2014年04月20日 | 秀子のたわごと

      Photo by TOMOさん

ここ数日、珍島沖で発生した沈没事故の推移を見守る状態が続いています。

少しも無視できないのは、自分が同じ立場にあったらという気持ちが強いからなのだと思います。


親として何もすることが出来ないもどかしさをどう解消したらよいのだろうと・・

映像で見るだけでなく自分も現場に行って実情をこの目でみたい。

10mも20mも沈んでいる場所に自分が潜水して行くことが難しいという現実、

荒波の中で、必死で救出に尽力して下さっているかたがたを見るという行為、

船体を引き揚げることのダメージ・・船内の状態を把握できない現実・・

もっといろいろなことがありますが、それらを自分の目で見る事が出来たならと

そんなことを思いながらニュースを見ています。

じっとしていることしか出来ないなんて、辛すぎます・・惨すぎます・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加