大木昌と大木秀子のワクワクライフ

美と健康と豊かな人生を求めて

☆Christmas Eve☆

2013年12月24日 | 秀子のたわごと
一年に一度くらいはこんな日があっても良いかしらと、

あっちゃんとお気に入りのお店でノエルには一日早いディナータイムを過ごしました。


http://www.aimeevibert.com/aimee/restaurant/index.php

二人でノンビリゆったりとした時を過ごすことが出来ることを心から感謝し、今年一年を振り返っていました。

我が家は子どもたちがそれぞれ、良き伴侶との出会いがあり所帯を持つと言う慶びごとの多い年でした。

子どもの年齢と同時進行で親としての歴史が刻まれて行きます。

そして、それはこれから先の経験も親として全て初体験の連続です。

私が子どもの頃に感じていた親や大人は、何でも知っている達人のような存在感がありました。

でも、実際自分がその立場になって分かったことは、

勿論私の場合ですけれど な~~~んにも分かっちゃいないということです。

ですから親風を吹かす様なことは出来ませんし、しません。

知識として、経験として、多少知っていることもありますが、分からないことも多しです 

きっといつまでたってもこんな調子で生きて行きそうです。

まっいいか

コメント
この記事をはてなブックマークに追加