特定非営利活動法人 れんこん村のわくわくネットワーク

環境・子育て・自然体験・高齢者支援・
ファミリー・サポート・センター事業で病児・病後児預かりを愛西 稲沢 津島市で展開

▲ファミサポ研修会(愛西・稲沢・津島)を開催しました

2017年02月12日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

提供会員のみなさんに集まって頂き、ひやりハッとなどを共有し、安全な仕組みを作っていくことを目的にしているのが研修会です。
IMG_0413
アドバイザーには、愛西市の小児科医の谷本紅美先生に来て頂きました。
谷本先生には、長年、病児病後児預かりについてアドバイスを頂いています。今日も、医師の立場から、安全な支援についてご意見を頂きました。

IMG_0415IMG_0409

ヒヤリはっと紹介と対策について

事例1「車でのサポートの際に気をつけていること・工夫していること」

◆会員の声
・乳児の送迎で着くまでずっと泣くこともある。幼児向けのCDをかける。子どもの泣き声に合わせて、音量を大きくする。
・(シートベルトを)カチっと音がするまで締めるんだよと声をかける。
・男の子2人。夏場は窓を開けて友だちに手を出そうとする。すぐにウインドゥロックをかける。
・子どものことで困ったことはないので、安全運転に努めている。
・シートベルトをちゃんとするように。DVDを見せている。
・こどもが喜びそうなCDを用意している。おやつを持たせてくれているが、あめとか喉につまらせるのが怖いから家で済ませてもらうように伝えた。
・近距離の送迎でも自分の心がけを気をつけている。
・双子を2人でサポートしているからできるけど、一人では大変。
・ドライブレコーダーを設置した。
・車に乗ると色々触り出す。ウィンドーロックも「大事だ子だからね」と声をかけて理解してもらっている。慣れるといたずら心が出てくる。5分、10分早く着くように出かけている。

◆事務局から
・迎えが来ると子どもは気持ちが高ぶり、車が止まった途端に飛び出そうとしたりするので、車を止める場所にも気をつけて。
・JAFのアドバイスでファミサポでは140センチ未満の子にはジュニアシートを使ってもらっている。シートベルトの着用は保護者にも協力を求めているが、改善がみられない。慣れの防止のために提供会員の交代という対応をした。危険を伴うことはその場で注意をして、改善が見られないときは相談してください。
     
事例2「降園後の預かりのサポートの際、園で子どもの夕食用の飲みものやパンの預かりが難しい園があった。」

◆事務局から
・市から園へしくみについての説明をしてもらう。

事例3「当日の病児預かりについて「園の迎え~病院受診~預かり」おう吐を繰り返し、サポートが大変であった。」

◆谷本先生より助言
「病児預かりは、回復期、病後児の預かりが原則。しかし実際にファミサポで預かるケースは一番急性期で一番難しい。依頼会員に早く帰ってきてもらうよう協力を求めていると思う。急性期にどういう症状の変化があるか、医者で今後の注意事項や予期されることを聞いてくる。急な病児依頼は、診察までは提供会員さんに協力をお願いしたい。センターから依頼会員に、流行している病気も確認し、これは家庭でみるべきという判断もしていかなきゃいけない。
おう吐を繰り返す場合、水分補給をしないと脱水すると思うが、一度吐いたら1時間ぐらい水分を飲まなくてもいい。何度も吐くことのほうが症状を悪化させる。欲しがったら1口あげる。吐いた回数、便、熱をきちんと観察すること。
いつもより元気がなく、顔色も悪いとき → 吐く
  熱で赤い顔をしていても元気なとき→吐かない
・インフルエンザのときは、双方がマスクをする。1.5m離れる。車での送迎は、少し窓を開けて換気する。部屋の換気も忘れずに。

その他の事例 についても意見交換をしました。
・「発熱のため学校の迎えと受診、病児保育室への送り届けの依頼だったが、病院での受診の結果、インフルエンザで、急性期のため病児保育室を利用できず、提供会員がサポートをした」
・「送迎のサポートで小学生の子がシートベルトをせず、運転中の提供会員の手をつかんだりして危険だった」
・「提供会員がサポート前に車をぶつけられ、当日の活動ができなくなった」
・「抱っこしていた子どもが手をのばし、提供会員の眼鏡を破損した」
・当日の病児預かりについて「園の迎え~病院受診~預かり」
  子どもの情報を提供会員に電話のみで伝えたが、病院で子どもについて聞かれた際に、十分な対応ができず、病院側の不信感を招いてしまった。
・提供会員宅で預かり中の子どもが発熱した。
・依頼当日の朝、子どもが病気になったが、提供会員がたすかるサポーターのため、病児依頼に切り替え、サポートが行われた。
・提供会員のサポート忘れ。
・センターが把握してない依頼や変更があった。
・依頼会員がセンターへ依頼連絡を忘れていた。 
・依頼会員が時間を遅らせて欲しいと提供会員に直接連絡し、保育園から「提供会員が迎えに来ていない」と連絡があった。
   
【センターからの報告】
・依頼件数が昨年度と比較して、非常に多くなっている。(稲沢、津島)
・記録簿への押印について、市から指導があった。(稲沢)
・依頼会員、提供会員ともに押印もれがある。
・病児の記録簿、補助の書類は朱肉を使用する印鑑、消えるインクのペンは不可。
    →他市のファミサポで朱肉印を使用しているか確認して、会員の負担を軽減できないか検討していく。
・相互援助活動の理解の仕方に差があり、コーディネートの対応の難しさを感じる。
・朝と夕、2回のサポートを1回分の料金で活動できる提供会員を探してほしい。
・会社からの福利厚生補助の金額に達するようにと、依頼が入る。
・食事作りに特化した家事支援の依頼相談があった。
・提供会員から「依頼会員の感謝の気持ちが感じられない」と相談を受けた。
・依頼会員の依頼忘れにより、休日の朝、子どもの所在が確認できなかった時、提供会員がすぐに動いてくれた。
 
  ◆谷本先生より総括
  相互援助活動は安全が第一。シートベルトができない=子どもの安全を保障できないといったことで、しくみが壊れてしまわないように。心を鬼にして、お断りすることも。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■今年度最後!ファミサポ養成講座

2017年01月31日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

ファミサポ養成講座のお知らせです


地域で子育てをたすけあい、応援する
ファミサポの提供会員を、大募集しています!!

まずは、ひとつでも講座を受けて、
子育てについて考えてみませんか?

◆日にち
2019年2月17日(金)、21(火)、24(金)、28(火)、3月3日(金)

◆時 間
午前:10時~12時(※28日のみ10時30分スタート)
午後:13時~15時

◆会 場
稲沢市平和町農村環境改善センター

◆申し込み
0567-31-6677(愛西市の方)
0567-28-5574(稲沢市の方)
0567-55-7708(津島市の方)

講座の時間割等、詳しくはチラシをご覧ください。

愛西市・稲沢市・津島市の広報2月号にも
講座の詳細が載っています。

どしどしご参加ください!!

 

 


 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

▲3市合同のファミサポ交流会を開催しました

2016年12月11日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

今年のテーマである「あそび」の大切さを感じる交流会にしようと、取り組みました。

まずは、講師の先生にスキンシップのあそびや、ゴム跳びなどをして、そのあとはブースごとに工作なども楽しみました。

子育てには、「待つこと」が大切です。
子どもが自分で考える時間的な余裕が大切です。
そうすることにより、子どもは自ら考え判断する力が付いていきますね。

IMG_5830

会場には、ファミサポ相談コーナーやサロンコーナーも設けました。
IMG_5827

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

▲愛西・稲沢・津島市のファミサポ講座、共催で開催中です。

2016年11月15日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

単発でも良いです。
今からの申込みも大歓迎!
子育て中の方々の学びの場や、じぃじばぁばの学びの場にもご利用を!

page001

page002

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

▲ファミサポ交流会「田んぼで運動会&稲刈り&たこあげ」を開催。楽しい半日を過ごしました。

2016年11月04日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

▶早く来た人は、お手伝いね。
焼き芋のためのわら集めです。
お手伝いも、子どもには「あそび」になってしまいます。
IMG_5586IMG_5588

▶さあ、運動会のはじまり。
・パパもママもハッスルハッスル。そり競争です。

P1010244DSCN1660P1010242 IMG_5590

・こんどは、ラケットでボール運び競争
P1010249P1010250

・愛西・稲沢・津島市対抗の綱引きもしました。勝利は?
IMG_5596P1010255IMG_5599

▶稲刈り体験をしました。
IMG_5604

▶たこ作りもしました。
ビニル袋と竹ひごで手作りたこづくり。
風があまりなく、高くは上がりませんでしたが、その分は「走り」でカバー

IMG_5614IMG_5612P1010262

▶最後は、焼き芋と五目おこわを食べて終了。
れんこん村の畑でとれた安納芋を、わらで焼きました。とっても甘くて美味。
IMG_5591IMG_5610

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ファミサポ交流会開催します!

2016年10月18日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

ファミサポでは、
会員同士の親睦や、
子育てへの想いを分かち合う場として、
年に3回の交流会を企画しています。

☆第2回:田んぼであそぼ☆

稲刈り体験、田んぼで運動会、秋の自然観察など
秋空の田んぼで、めいっぱい
体を動かして、親睦を深めましょう!

【とき】
平成28年 11月 5日(土)13時~15時
 ※荒天時は6日に順延

【ところ】
津島市大縄町内の田んぼ
(地図は画像でご確認ください)

 

 

 

☆第3回:あそびをフル体験☆

懐かしい遊び、みんなで遊ぶ、感覚を楽しむ遊びなど
室内で体を使って交流します

【とき】
平成28年 12月 11日(日)10時~12時

【ところ】
愛西市佐織公民館 3階 研修室

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どちらの企画も、参加費無料

ファミサポ会員、子育て支援活動に関心のある方、
依頼会員登録希望の方、ぜひご参加ください。

【お申し込み・お問い合わせ】

愛西市/稲沢市/津島市ファミリー・サポート・センター

愛西市の方◆(0567)31-6677
稲沢市の方◆(0567)28-5574
津島市の方◆(0567)55-7708

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

▲ファミサポ講座「愛着形成の大切さ」「急変への対応」を開催しました

2016年07月17日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

●6月6日午前、「あいさいわかば」の臨床心理士の岸先生のお話を聞きました。

昨年、ファミリーサポートセンター事業の研修会で「愛着形成」のことを取り上げました。
まだ聞き慣れない言葉でしたが、大変好評で、提供会員の方々にも基礎的知識として持っておいて頂きたく、今年度から、提供会員養成講座のコマにいれました。

最近、テレビでも時折「愛着障害」のことが取り上げられるようになりました。是非、子育て中の方や、妊娠中の方々にも聴いて頂きたい内容です。

IMG_5104

・ 愛着とは、特定の相手(母親)との、親密さを持つ情緒を的なつながり
1歳半までは子どもからのサインに答えることが愛着形成。その愛着形成が、子どもの情緒的・社会的・知的能力を築く基礎となる。
という話しがありました。

愛着形成の大切さ パワーポイント_PAGE0006愛着形成の大切さ パワーポイント_PAGE0007

・ そして、その愛着形成ができると、
子どもにとってその人(母親)が「安全基地」になる。
また、好奇心の発達にもつながる

愛着形成の大切さ パワーポイント_PAGE0009 

先生からは、「愛着形成は一枚一枚鎧をきせてもらうこと。提供会員の方々の愛情も鎧の一枚になる。たくさんの鎧があれば、のちのちに困難にぶつかって鎧が一枚壊れても、もたくさん着ていれば大丈夫」との話しがありました。

日頃の活動の中で、子どもたちへの愛情不足が原因ではないだろうかと感じることがたびたびあります。これからも地域のみなさんに子育てについて学んで頂きながら、たすけあい活動を広げて行こうと思います。ご協力よろしくお願いします。

最後に先生が、詩を読んでくださいました。受講者に妊婦さんがいらっしゃって、涙して聞いていらっしゃいました。

今 日 伊藤比呂美:訳

今日、わたしはお皿を洗わなかった
ベッドはぐちゃぐちゃ
浸けといたおむつは
だんだんくさくなってきた

きのうこぼした食べかすが
床の上から私を見ている
窓ガラスはよごれすぎてアートみたい
雨が降るまでこのままだと思う

人に見られたらなんて言われるか
ひどいねえとか、だらしないとか
今日一日、何をしていたの?とか

わたしは、この子が眠るまでおっぱいをやっていた
わたしは、この子が泣きやむまで、ずっと抱っこしていた
わたしは、この子とかくれんぼした
わたしは、この子のためにおもちゃを鳴らした、それはきゅうっと鳴った
わたしは、この子に、していいこととわるいことを、教えた

ほんとにいったい一日何をしていたのかな

たいしたことはしなかったね、たぶん、それはほんと

でもこう考えれば、いいんじゃない?
今日一日、わたしは
澄んだ目をした、髪のふわふわな、この子のために
すごく大切なことをしていたんだって
そしてもし、そっちのほうがほんとなら、
わたしはちゃーんとやったわけだ

また、講座が終わってから、提供会員の方々から「依頼会員の方にも聞いて欲しい。私たちが託児のボランティアをしてもいいわ」とうれしい声を頂きました。

●6月6日午後は、津島市民病院小児科の高田先生のお話を聞きました。

最初に、子どもを預かったとき、「急変ってどんなときだろう。そのとき、どうするだろう」というワークショップをし、その後、先生から急変への対応の仕方を学びました。
また、そのあとで、先生の話を聞いて考え方がどうかわったのかのグループワークをしました。

先生からは「子どもの急変の一番のサインは、”元気さ”。熱があっても元気ならば、ほぼだいじょうぶ。急変と言ってもすぐに命に関わることは、それほどない。あわてなくてだいじょうぶ」との説明がありました。

IMG_5113

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

▲ファミリー・サポート・センターの「子育て講座」(愛西・稲沢・津島)開催のお知らせ

2016年07月10日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ


● 気軽に「子育て支援」に関わってみませんか?
自分の子どものために、そして、孫のために「子育て知識」を学んでみませんか?

愛西市・稲沢市・津島市ファミリー・サポート・センターでは、
下記の通り、7月1日~19日津島市文化会館で提供会員養成のための講座を行います。

子育て活動に関心のある方、
子育て中の方、
保育園や児童クラブでお仕事をされている方、
そんな皆様にも、講座を活用頂いています。

今年度は、更に内容も充実させました。
みなさまの受講をお待ちしています。
講座・表

講座・裏

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

▲ファミサポ研修会「子どもにとって遊びは大切!」を7月10日開催します

2016年07月08日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

愛西市・稲沢市・津島市ファミリー・サポート・センターでは、以下のとおり研修会を開催します。

●7月10日(日)13:30~15:30
●愛西市佐織公民館
●講師:笹瀬ひと美氏(江南短期大)
※どなたでも参加できます。

子どもたちは、「あそび」から工夫する力、人へのいたわりの力、生きる力などを身につけます。学習などのためだけに「あそび」はあるのではありません。具体的に人としての自立における「あそび」の大切さについて、学びます。研修会

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ファミサポの「3市合同医療アドバイザー会議」を開催しました

2016年04月28日 | ●愛西.稲沢.津島ファミリーサポートセンタ

27日午後2時から、愛西市・稲沢市・津島市の児童福祉課・子ども課・子育て支援課の部課長・担当者、そして、各市の医療アドバイザーである谷本医師、奥村医師、高田医師も同席頂き、今年度事業方針についてご意見を頂きました。

DSCN0575

1.前年度実績と反省について
2.今年度事業の改善点と方針について
3.国の示している要綱と現状ルールの改善をどうするかについて
4.コーディネーター事務所として抱えている課題について

ご意見を頂きました。

国は、一人親家庭への支援強化や、時間外の病児預かりの受付拡大を新たに言ってきています。それにどう対応するかについても、市の方針を伺いました。
また、どこまでサポートするのか・・・も課題にあがりました。依頼すべてに対応するのではなく、保護者の子育て力のことも考え、コーディネートしていく必要があると感じました。 とても有意義な意見交換の場となり、感謝していま。

最後に、私たちが望むことは、
子どもが病気になったときは、親が仕事を休むことができる社会です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加