わくわくグランディ鉄道ランド

鉄道の写真やNゲージレイアウトの製作の過程などを,気ままにブログします

Kato製 D51 標準型(長野式集煙装置付)です

2016年11月04日 | 所属車両

新製品の到着ラッシュです。早速、運用に入りました。取り付け必須のパーツは、ナンバープレートのみ。枠のすぐ外側をカットするタイプではないので、切り離しに神経を使うことなく、すっきりと収まり良好です。選択した125号機は、船橋市郷土資料館に保存されています。新鶴見、静岡、中津川などに所属した機体です。オプションでスノープラウ、テンダーにナックルを取り付け、改修作業は終了です。

試験走行では、動輪の回転周期に合わせて、コツコツ・・・・と異音を発生させていましたが、いつの間にか音は消えました。不思議な現象です。では、機関庫へご案内!

すでに配置済みの2016標準型2両と並んでいます。手前の611号機は、重連ナックルです。長野式集煙付のナンバープレートは、落ち着いた金色の縁になっています。

うたい文句どおり、テンダーの石炭は”特盛り”状態です。(^_^)

目玉の集煙装置を、篤と(とくと)ご覧ください。

 鉄道コムへ!

『鉄道』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Tomix製167系(冷改・湘南色... | トップ | 伯備線石灰輸送列車 三重連の... »