わくさき日記

千葉県習志野市の司法書士事務所の日常です。

旧姓の使用(商業登記)

2017-08-25 08:52:43 | 司法書士
先日の読売新聞の一面に「「旧姓」でも銀行口座…手続き円滑化を政府要請」の記事がありました。
また、「政府は、6月に決定した「女性活躍加速のための重点方針2017」で、「旧姓の通称としての使用拡大」を明記した。
マイナンバーカードやパスポートでは今後、段階的に旧姓を併記できるようになる方向だ。」とのことです。

一般的に女性は婚姻(もしくは離婚)の際に氏が変わります。
各種の手続きも大変ですし、そもそも個人情報保護がこれだけ言われている時代に
重大なプライバシー事項を公表していることになります。
夫婦別姓の議論ともつながってくる話ですが、少なくとも旧姓の使用は認められてもいいのではないでしょうか?
ワーキングネームなどは随分と浸透しているように感じますが。

では、登記分野ではどうなのか?

商業登記=会社の役員の登記などでは旧姓の使用が認められています。

例えば、取締役や監査役は氏名が登記されますが、その際に旧姓を使用することができます。
ただ、旧姓を使用できますが、戸籍上の氏名と「併記」する形になります。

戸籍上の氏名 鈴木花子
婚姻前の氏(旧姓) 山田

取締役 鈴木花子(山田花子)

また、好き勝手な時点から旧姓使用が認められるわけではなく、一定の登記の際に合わせて申出をする必要があります。
例えば、上記の鈴木花子さんが、明日から旧姓を併記したいといって、登記上の理由もなく旧姓併記の申出をすることはできません。

婚姻して氏が変わったときや、設立、役員の改選の際などに限られます。

なので、上記の鈴木花子さんは、原則として次回の改選の時までお待ちいただくことになります。

そういった意味で、まだまだ使いにくい制度ですし、そもそも「併記」という時点で、旧姓使用とは趣旨がずれていると感じられる方も
いらっしゃるかもしれません。
そういう声が大きくなってくると別姓の話に向かっていくのかもしれませんね。

なお、旧姓併記をする場合は、別途の書類として戸籍謄本等が必要となります。
また、不動産登記の分野では旧姓の使用は認められていません。
コメント

相続人?相続分は??連れ子・半血兄弟姉妹

2017-08-17 17:59:06 | 司法書士
相続人の判定や相続分に確認をしていると「?」と思うことや
事例を取り違えてしまう場合があります。

代表例は代襲相続と数次相続でしょうか。
どちらも相続が複数回起こっている事例ですが、相続人の判断が異なります。
詳細はまた別に回にしたいと思いますが、代襲相続は、本来相続人となるべき人が
相続が生じる前に亡くなってしまった場合、数次相続は、相続の手続きをする前に
相続人がなくなり新たな相続が生じてしまった場合です。

さて、今回「?」となったのは連れ子の事例と半血兄弟姉妹の事例です。

結論から言えば、連れ子は相続人にはなりません(養子縁組などを除く)
父母の一方を同じくすれば、相続分は異なりますが被相続人の兄弟姉妹として相続人になる場合があります。

具体例は次のようなものです。
①連れ子
A男とB女は婚姻しており、その間にC子がいましたが、A男とB女は離婚しました。
離婚後A男はE子がいるD女と再婚しました。

その後A男は死亡し、相続が生じました。

この場合、A男の法定相続人はだれでしょうか?

B女は、配偶者ではないので相続人ではありません。
C子は、B男の実子なので相続人になります。離婚や親権は関係ありません。
D女は、配偶者なので相続人になります。
E子は、B男の実子ではなく、養子でもないので、相続人になりません。

つまり、相続人はD女とC子です。

②半血兄弟姉妹
A男とB女は婚姻しており、その間には子としてC1とC2がいました。
A男とB女は離婚し、その後A男はD女と再婚しました。
D女との間にE子をもうけました。

A男B女とも亡くなった後、婚姻せず子どももない状態でC1が亡くなりました。

この場合、C1の法定相続人はだれでしょうか?

C1には配偶者も子もいません。
A男B女は亡くなっているので、相続人ではありません。
第1順位・第2順位の相続人がいないことになります。
C2は、C1の兄弟姉妹ですので、第3順位の相続人になります
E子は、A男の子です。そして、C1とは父A男をともにしています。
したがって、E子はC1の兄弟姉妹となり、第3順位の相続人となります。

つまり、相続人はC1とE子です。
ただし、E子の相続分はC1の半分です。


以上、少しややこしい相続人と相続分もあるというお話でした。
コメント

信じるか信じないか・・ではなくて

2017-08-16 07:55:30 | 司法書士
夏休み期間中、ビジネス雑誌をパラパラめくっていました。

日ごろ、相続関係の業務を取り扱っていますが、夏休みを意識したのか
ビジネス雑誌の特集も相続絡みの内容が多かった気がします。

ビジネス雑誌の購買層・購読層は40~50代くらいなのでしょうか。
その世代だと、親、もしくは祖父・祖母の相続問題が気になるお年頃かと思います。
そういう私もその世代です。
「相続問題」などと構えずに、また、相続の話題に限らずに、日ごろから親とは
積極的にコミュニケーションをとっていこうと思います。

さて、そんな雑誌を眺めていて気になったのは「フェイクニュース」という言葉。
私自身は、トランプ氏が勝利した米国大統領選あたりから気になり始めました。
最近では広告収入を当て込んで、フェイクニュースを流していることも多いようです。
作成者は「だまされるほうが悪い」と思っている感もあり、罪悪感を少ないようです。

また、受け手も「事実かどうかよりも自分が信じるかどうかを優先」し
「信じたい人が信じたいニュースを信じている」状況があり、そのためフェイクニュースに
飛びついてしまう下地があるのだそうです。

以前より、ネットで読むニュース記事は、自身が興味のある部分だけ閲覧していると
指摘がありました。

今はより進んで、事実かどうかは別にして、自分が信じ込みたいニュース(らしいもの)を
閲覧しているのかもしれません。
そして、事実かどうかは関係なく、SNSなどで次々に発信してしまうため
あっという間に、フェイクやデマと言ったものが拡散してしまうとのこと。

世の中が不安定化している昨今、情報だけでも居心地のよい場所を見つけたいという心理なのでしょうか。

ある芸人が決め台詞で「信じるか信じないかはあなた次第です!」って言っています。
私は、都市伝説と言われるような話は好きです。
それこそ信じるか信じないかは私次第だなーって楽しんでいます。

ただ、それが「真実か真実でないかはあなた次第」となってしまったら大変です。
世の中にある情報が真実か真実でないかは、雰囲気や自分次第で決めるのではないと思いますし、しっかりとその情報を見極めて
行かなければならないのだと思いました。

以上、若干、夏休みに考えたことでした。
コメント

司法書士試験の基準点が発表されたようです。

2017-08-10 09:45:42 | 司法書士
平成29年度の司法書士試験の筆記試験の基準点が発表されたようです。
問題とか見ていないのですが、特に午前の基準点が低い気がします。
難しかったのでしょうか。

残念ながら基準点をクリアできなかった受験生の方は、気持ちを入れ替えて来年に向けて頑張ってください。
基準点を超えた方は、面接に向けて知識の再整理ですね。がんばってください。

さて、実は個人的に今回、基準点よりも気になっていた数字がありました。
それは受験者数です。

以前のブログで、過去の数字から合格者数を推定するという数字遊びをしておりました。

以前のブログ
合格者500人割れか!?

その合格者を算出する前提として、実際の受験者数も見積もっていました。
その数15,441人

そして、実際の受験者数 15,440人

誰かからニアピン賞でもいただけるでしょうか???(笑)

誤差1人ってのはびっくりしました。

合格者数はある程度法務省のほうで調整は可能かと思います。
しかし、受験者数はコントロールは不可能です。
毎年似たような傾向で受験されているんですね。
なんだか不思議です。

受験生にも本来業務にも全く関係のない数字遊びの中間報告でした。

さて、合格者数はどうなるでしょうか??
合格発表は10月11日!!
コメント

夏休みは家族会議にもいい機会です。

2017-08-10 09:00:45 | 司法書士
明日から夏休みという方も多いハズ。
もう夏休みだという方もいらっしゃるかもしれません。

昨日ある懇親会に出席したのですが、自己紹介の場面で「夏休みについて一言」という一幕がありました。
そしたら結構の割合で「すでに夏休みを取得しました」って人がいました。
夏休みも分散化しているのでしょうか。
何もみんなが一斉に休みを取ることもないですものね。
いいことかと思います。

さて、夏休みは帰省などで家族の時間が持てる機会でもあります。
昨日は本ブログで夏休みは相続登記のチャンスと書きましたが、夏休みは
相続対策のチャンスでもあります。

ご家族で相続のことってなかなか話し合いとかする機会はないですよね。
しかし、そのコミュニケーション不足が相続開始後のトラブルにつながっていることも多いと思います。
昨今では、情報へのアクセスは各段に向上し、だれもが専門家レベルの知識を簡単に得ることができます。
なので、各相続人が主張していることに法的理由は少なからずあるのかと思います。
ただ、同時に相続は「心」の問題でもあります。
相続開始前から、意思疎通を図り、相続人間のコミュニケーションをとっておくことによって、法的な問題を心が解決してくれる場面も
増えるかと思います。
一方で、心がなければ、法的な主張の争いとなり、それこそ「争続」の果てに、一家が崩壊してしまします。
もしかしたら、生前の家族の意思疎通、コミュニケーションが最も効果的な生前対策であり、終活の究極目的なのかもしれません。


そうした意味で、帰省の際など家族のコミュニケーションを図るとても良い機会です。
ぜひ、相続・財産の承継・家族の今後などについて話し合い(話し愛←たまたま誤変換されました!いい誤変換じゃないですか???)
の時間を持っていただければと思います。

また、家族での話し合いは・・、という方でも、エンディングノートなどを活用して、これまでの自分の振り返りや気持ちの整理、
資産の把握、終末期への思いなどを整理してみるのもいいと思います。

最後に、ぜひ、相続について思いを巡らせていただきたい方をいくつかご紹介します。
・相続人の人数が多い方 
・お子様がいらっしゃらない方 
・内縁の妻(夫)がいらっしゃる方 
・相続人の中に行方不明の方がいる 
・遺産のほとんどが不動産 → 遺産が自宅と預貯金程度という方も多いかと思います。事前のコミュニケーションが重要です。
などなど
ほんの一例ですが、ご参考まで。

猛烈な暑さが続いております。
ご自愛のほどお祈り申し上げます。
素敵な夏休みをお過ごしください(夏休みの方は・・)
コメント