わくのい通信

スポーツ・音楽から時事問題。さらに、趣味の旅行ネタなど・・自己満足的に更新してます、少し頭の隅に覚えて頂ければ幸いです。

高校野球栃木 夏甲子園を目指す  1回戦8試合の結果 

2017-07-11 00:20:35 | 高校野球(栃木)

本日も猛暑の中3球場で8試合行われました。

 

★1回戦(清原)

(2-3)黒磯南   0-7   石橋(11-3)

        <8回コールド>

猛暑で長い夏になるので、先を見据えるのであれば点差がついた時点でエース竹内は降板させるべきではなかったのだろうか??

 

(7-3)青藍泰斗   3-1   那須清峰(1-3)

青藍が5回まで1-0とリードを許す大変厳しい展開。6回にどうにか逆転に成功。8回途中からエース石川が緊急登板するなど完全に辛勝。

 

(0-3)烏山     9-8   小山高専(0-3)

今季未勝利のチーム同士の対戦は打撃戦に。5-3で迎えた7回裏小山高専打線がつながり逆転に成功。この試合初めてリードを奪うも

すぐさま烏山が4点入れてリードを奪う。その裏小山高専が2点を返しもう一歩まで迫ったが烏山が逃げ切り勝ち。

烏山は4年ぶりの勝利。小山高専は6年ぶりの夏勝利ならず公式戦28連敗。

 

★(県営)

(12-1)作新学院   11-4     宇都宮工(7-2)

作新打線が序盤から宇工投手陣を捉え20安打11得点と相変わらず打線は振れていたが、エース大関の調子が春から上がってこないのが気になるところ。何かアクシデントかなとも思っているが。宇工は5回に連打で4点取るのが精一杯。

 

(0-3)足利清風    6-2      栃木(2-3)

同点で迎えた5回に足利清風は3点取って勝ち越し。7回にも貴重な追加点でエースを援護。栃木は最終回に1点返すも反撃遅く足利清風が7年ぶりの初戦突破。2011年秋に小山高専に勝利して以来続いていた初戦敗退も22でストップした。

 

(2-3)宇都宮南   14-0      馬頭(0-1)

          <5回コールド>

春からようやく部員が集まった馬頭。やはり経験不足が否めず。投手の球威不足もさることながら外野の守備位置が後ろすぎてだいぶラッキーヒットたなっていた。

 

★(栃木市営)

(7-2)宇都宮商   7-2      真岡工(5-3)

宇商が序盤から小技で小刻みに加点。小技だけではなくホームランも飛び出し快勝した。

真岡工はこの日も小刻みな継投策だったが後手に回ってしまった。

 

(4-3)栃木商   8-4       鹿沼南(1-3)

序盤から栃木商ペース。前の試合同様古豪商業が、同じ技術系高校に快勝した。鹿沼南は足技を絡めて7回裏に4点を奪う意地を見せた。

 

 

♪明日のピックアップゲーム(^^♪

高根沢VS幸福学園

実は、秋ではシードになったりしたこともある幸福学園ですが・・・

7年前に新加盟した佐野東、宇短付はすでに1勝しており未勝利で取り残されている。

学校方針で野球に打ち込めるのは2年までとなっているのも影響しているよう。

実力的にはほぼ互角か。

栃木県内現存63校で最下位のテールエンダーから脱出できるか注目です。

 

 

 

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第99回 全国高校野球選手権... | トップ | 第99回全国高等学校野球選手... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

高校野球(栃木)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。