世相の潮目(改題 写真で語る)

話題を現代に求めて「世相の潮目」に改めて、写真はhttp://homepage3.nifty.com/wakoh/ を。

ロシアゲートと森友・加計問題はメディアへの不信に終わる

2017年07月29日 | Weblog
国家への打撃というの点で米国のロシアゲートと日本の森友・加計問題を並べて議論するのは非常識ですが、両国のメディアへの打撃という点では同じものがあります。それは両者とも、政治的真実を追究するのではなく、政治的宣伝戦をしているからです。国民がそれが事実の報道ではなくて、政治運動だと知ればメディア不信に終わるのは必定です。

ロシアゲートについては、大統領選挙戦でトランプがロシアの支援を受けたと大手メディアは主張していますが、接触した(メール、電話、面談)事実が出ただけで、ロシアの介入で選挙結果を有利にしたとの証拠は未だ何も出ていないのです。

それを恰も大統領選挙で法律違反をしたかように報道した上で、世論調査をしたらトランプの支持率が戦後最低に下がったと大手メディアは報じていますが、これは大統領選挙期間中の大手メディアとトランプの宣伝合戦の続きを、今もしているに過ぎません。

多くの米国大手メディアの激しい攻撃にも拘わらず、トランプ大統領が30%台の支持率を維持しているのは、この宣伝戦でトランプ大統領が優勢に戦いを進めている証拠です。最近、トランプ大統領はこの宣伝戦をプロレス試合に見立てて、CNNマークを冠した相手を場外で殴打するシーンをYou Tubeで投稿しました。このYou Tubeは宣伝戦におけるトランプ大統領の勝利宣言なのです。

こうまで反論するトランプ大統領にも問題がありますが、同時に真実を報道する立場のメディアが誇張と嘘を交えて政治運動を繰り返すと、米国国民の多くは大手メディアの言うことは信用しなくなるでしょう。

日本の森友・加計問題はロシアゲートに比べるのも恥ずかしい位低レベルの政治問題ですが、安倍降ろしに手詰まりの野党と反政府系大手メディアは、これを安倍政権打倒の材料しているのです。ですから、国会審議においても、大手メディアの報道でも、森友・加計問題の真実を解明しようとの態度ではありません。

彼等は、安保法制改革、秘密保護法、テロ防止法などの政治的に重要課題で論争を挑みましたが、悉く敗退しました。政策論争では安倍政権に歯が立たないとなれば、好き嫌いのレベルで議論できる森友・加計問題を取り上げたのです。

政治問題をお友達、依怙贔屓のレベルで論じると、難しい理屈の分からない大衆でも容易に理解出来ます。依怙贔屓は悪いにきまっていますから、加計学園は忽ち依怙贔屓と宣伝されて、一部の国民の間では、行政的に正しい措置も「歪められた」と採られてしまいます。

朝日新聞、東京新聞、TBSのように安倍政権打倒を目指しているメディアが、好き嫌いの話題を流し続ければ、大衆の意見はそれに流されます。現に安倍政権の支持率は低下しています。

これらの大手メディアはこの宣伝戦で勝利したと考えているでしょうが、彼等の行動は政権への打撃以上に、ブーメランのマイナスの効果となって大手メディアに跳ね返ってきます。既にインターネット上で は、大手メディアの政治的偏向報道への批判が高まっています。

既に大手メディアの読者は減少傾向にありますが、事実の報道を忘れて政治活動に溺れるメディアには将来はないでしょう。トランプ大統領にツイッターでフェイクニュース(嘘情報)と攻撃されているニューヨークタイムスやCNNテレビは視聴者を失いつつあるとのことです。

大手メディアの衰退は自業自得ですから構いませんが、彼等のフェイクニュースに惑わされて、国民生活の安全と豊かさを実現している政治権力はどこにあるかを見失わないことを願っています。
(以上)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 小池都政へ疑問と不安 行政... | トップ | 北鮮の挑発で日本人の低い防... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。