NEW和光市民合唱団公式ブログ

誰でも参加できる合唱団です。
月2~3回日曜日(祝・土あり)サンアゼリア企画展示室、中央公民館
で練習中!見学可。

9月22日(木・秋分の日)女声練習報告

2016-09-22 22:29:02 | 練習記録

雨の毎日ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今日は秋分の日、秋になりましたね~

雨の降る中、3時間、古澤泉先生に「アンコール曲黄金の翼に乗って」と「ヴェルレクNO.7」を熱心にご指導いただきました。

 <アンコール>Verdiオペラ「ナブッコ」より

行け、我が想いよ、黄金の翼に乗ってVa, pensiero, sull'ali dorate

  • 3段に分かれた楽譜ですが、一番上段を女声が、中段をテノールが、下段をバスが演奏します。
  • p.196から女声が三部に分かれます。一番高音をソプラノ1、真ん中の音をソプラノ2、一番下の音をアルトが歌います。
  • 12小節「Va,pensiero」最初のVaの発音は下唇の裏に歯を当ててこすれる音が大事。音符より前にこすれる音を出して!
  • イタリア語の単語の中に二つの母音がある場合は先の母音を伸ばす、例えばposaはoが長い。三つの母音がある場合は真ん中の母音を伸ばす、例えばdorateはaが長い。四つの母音がある場合は一つずれて3つ目を伸ばす、例えばpensieroは2個目のeが長い。
  • 17小節の最後にeが二つになるので後のeは消す。eを二度言わない為。
  • 18小節「L'aure~」はLaoと発音する。
  • 19小節「suolo」のoは深いOの発音で!
  • 195ページ24小節「atterate」のrをしっかり巻く!「mia」はmi~~aとiを伸ばして!
  • アルトの低い音はクリアにしゃべること。P~ffは体を使って変化させる、決して声の量、息の量を増やすことはしない。

 ヴェルディレクイエムNo.7 Libera me  145ページから153ページ>

  • 179小節からのアルト、アクセントはレガートからの変形声の回転が必要、音も難しいのでしっかり取る。
  • スタカート、アクセント両方ともレガートの変形、レガートを短く切るのがスタカート。ソプラノも同様に。
  • 262小節からソリストが歌うので決して邪魔をしない。
  • 153ページ303小節ソプラノに高い音が出てくるが、出ない人は無理しない(出さない)曲に責任もって!

次回は25日(日)1時半からアゼリア企画展示室での全体練習です。佐藤圭先生に指導いただきます。

10月は2日(日)1時半から公民館視聴覚室で女声パート練習(古澤先生)

      9日(日)1時半から同じく視聴覚室で男声パート練習(佐藤先生)

      15日(日)1時半からサンアゼリア小ホールでのマエストロ全体練習

 


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月19日男声練習報告

2016-09-21 20:13:48 | 練習記録

19日(日)は佐藤先生の指導のもと、アンコールの音取り・歌詞づけとNo.7 Libera me 145ページ以下の復習をしました。参加者はテナー7人、ベース8人。

 <アンコール>Verdiオペラナブッコより

行け、我が想いよ、黄金の翼に乗ってVa, pensiero, sull'ali dorate

Va, pensiero, sull'ali dorate;
Va, ti posa sui clivi, sui colli,
Ove olezzano tepide e molli
L'aure dolci del suolo natal!

Del Giordano le rive saluta,
Di Sïonne le torri atterrate...
Oh, mia patria sì bella e perduta!
Oh, membranza sì cara e fatal!

Arpa d'or dei fatidici vati,
Perché muta dal salice pendi?
Le memorie nel petto raccendi,
Ci favella del tempo che fu!

O simile di Solima ai fati
Traggi un suono di crudo lamento,
O t'ispiri il Signore un concento
Che ne infonda al patire virtù!

行け、想いよ、金色の翼に乗って
行け、斜面に、丘に憩いつつ
そこでは薫っている。暖かく柔かい
故国の甘いそよ風が!

ヨルダンの河岸に挨拶を、
そして破壊されたシオンの塔にも…
おお、あんなにも美しく、そして失われた我が故郷!
おお、あんなにも懐かしく、そして酷い思い出!

運命を予言する預言者の金色の竪琴よ、
何故黙っている、柳の木に掛けられたまま?
胸の中の思い出に再び火を点けてくれ
過ぎ去った時を語ってくれ!

あるいはエルサレムの運命と同じ
辛い悲嘆の響きをもった悲劇を語れ
あるいは主によって美しい響きが惹き起こされ
それが苦痛に耐える勇気を我々に呼び覚ますように!

・イスラエルの民が故郷を想う曲。元気すぎず、明るすぎず、思いを込めて歌う。特に最初はPでデリカシーに。

・D以下のテナーのセカンドの音(ド)は、歌わない。

・付点8分+16音符と3連符の違いをはっきりさせること。

・l(エル)の発音は、舌を上あごにつける。語尾にあるlは必ずはっきり発音すること。

・15小節saは「ザ」と発音する(母音に挟まれてsはにごる)。

・16小節「ve o」はリエゾンして「ヴェオ」と発音する。その他、リエゾンする箇所が多い。

 

ヴェルディレクイエムNo.7 Libera me  145ページ以下>

・テンポが速く、音程も難しいので、音取りをしっかりと。全音と半音の違いをはっきりと。

・206小節まではアカペラなので、特にしっかりとした音程で。

・出だしの音に注意する。

・312小節からは179小節からとパターンが違うので注意。

22日の女声練習も、同じ練習を古澤先生にお願いしていますので、予習の徹底を!


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月11日全体練習報告

2016-09-12 20:41:59 | 練習記録

9月11日(日)は古澤先生による全体練習でした。

No.7 Libera me

 ソリストの歌の後、7小節からPPで言葉をしゃべるように歌う。morte,æterna,die,tremendaなど、伸びる言葉はその個所を伸ばしてしゃべるように。「主よ、かの恐ろしい日に私を永遠の死から解放し給え」

 P135男声からの出だし「dies illa 」は声を80%に、体は120%で演奏。

P137からアクセント記号に注意。

P139バスは83小節のdiesしっかり歌う。

P141、113小節からのバス、低い音は子音をはっきり言えるように

P142、132小節からはpppで歌い始め、途中のクレシェンドでしっかりクレシェンドする。

P148小節からソプラノはデクレシェンド、他の3パートはクレシェンド。長めのアクセントと感じて演奏。

P144、169小節のpppp・・・・消えるように。

No.4 Sanctus

 最初の「Sanctus」tusは強く押して歌わない。

P109、下の段はffになっているが第一コーラスが休みの為であり、「Ho」をはっきり歌うと良い。

35小節第二ソプラノは伸ばす音色に注意、舌を張って使うと良い音色になる。

P110の第二ソプラノ42小節レドシの音では音程が悪くなりがち。口の中の緊張で下がらなくなる。

P111の49小節の第一ソプラノのfの指示はPに変更。

P112の第一&第二ソプラノ69小節からのロングトーンは前向きに転がして歌う。

P113からの第二4パートの「Hosanna」は第一4パートの合いの手、クレシェンドでしっかり膨らませてかっこよく。

最後の「excelsis」拍内で歌い切る。

No.5 Agnus Dei

2声ソロの後、合唱4パートでのユニゾンなので決して大きくならないように緊張感で歌う。

次回は9月19日(月・祝)1時半から中央公民館音楽室での男声練習です。佐藤圭先生にご指導いただきます。

9月22日(木・祝)1時半から中央公民館視聴覚室での女声練習です。古澤泉先生にご指導いただきます。

9月25日(日)1時半からサンアゼリア企画展示室での練習は佐藤圭先生の全体練習です。


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第九演奏会への参加お誘い!

2016-09-01 18:32:21 | 練習記録

12月近隣2か所の団体の第九演奏会への参加お誘いが和光市民合唱団に来ています。

どんな演奏会も自分自身の勉強になりますし、

素晴らしい指揮者やソリストとの共演も想い出になります。

時間、気持ちがある方はどんどん参加してください

参加に対する様々な疑問は各団体にご連絡お願いいたします。

 12月11日(日)坂戸第九を歌う会「第9」演奏会

  合唱指導:高橋淳(テノール)

第29回定期演奏会

曲目 ベートーヴェン 第九交響曲
モーツアルト キリエニ短調KV341
開催日 H28年12月11日(日)午後3時開演
会場 坂戸市文化会館
演奏 小崎雅弘指揮 ウッドランドノーツ管弦楽団
ソリスト 東城弥恵(ソプラノ)成田伊美(メゾソプラノ)
高田正人(テノール)萩原 潤(バリトン)

★出演参加費3,500円とチケット販売のご協力をお願いしております。

‣練習日時 毎週土曜日
午後6時30分~8時30分 第1,3日曜日
午前9時30分~11時30分
練習場所 坂戸市中央公民館 等
会員数 88名
 参加するに当たり年齢・経験は一切問いません。


10月8日(土)15時~18時 浅羽公民館  マエストロ稽古
  16日(日)13時~16時   同       合同練習
  22日(土) 同    入西地域交流センター  同
11月5日(土) 15時~18時  浅羽公民館 マエストロ稽古
 13日(日) 13時~16時    同    合同 19日(土) 15時~18時    同  マエストロ稽古
 20日(日) 13時~16時    同  マエストロ稽古 
                       子供含む
 27日(日) 13時~16時    同   合同練習
12月4日(日) 13時~16時  大家公民館 合同練習
 10日(土) 13時~20時  坂戸市文化会館 ゲネプロ
   11日(日)  11時~   同本番 14時開場 15時開演 


12月10日(土) 東京国際大学合唱団「第9」演奏会
          於:ウエスタ川越大ホール
 
東京国際大学 混声合唱団「シエロ」ツイッター
https://twitter.com/cielo57893279

練習日―9月~11月毎週土曜日 14時~17時 12月3日(土)7日(水)
東京国際大学第2キャンパス カフェテリア 
但し10月16日(日)11月13日(日)12月4日 オケ合わせ
東京国際大HPアクセス https://www.tiu.ac.jp/about/access/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

8月28日マエストロ稽古報告

2016-08-30 10:51:22 | 練習記録

8月28日(日)は発会式以来のマエストロ稽古。

No1からNo4までを久保田先生にご指導いただきました。

No.1 Requiem「入祭唱」

So liese wie möglich~~できる限り静かに!の指示を守って

 et lux~四分音符の拍内で切る。

 練習番号28のPoco piuは音に動きを付けて賛美するように!

 18ページは大げさなダイナミクスをつける~フォルテからピアニシモ

  luce at eisの最後の八分音符も伸びないこと。

 20ページテノールソロが入るところは指揮者を見る。

 21ページから「Eleison」最後のsonは決して強く出さない。8分音符の長さも守る。

 26ページはソリストと同じメロディー、よく聞いて!

 119小節、120小節の「eleison」isonが遅くならないように注意。

 29ページソプラノ、半音階で音が落ちていかないように。高く上がるつもり。

 30ページ、129小節はmorendo少しゆっくり、次の小節でテンポ戻す。

 31ページ、終わりは指揮を見る!

No.2 Dies irae「怒りの日」

 第二パートの三連符は重く歌わない。軽くリズム通りに!

 35ページ 35小節のソプラノ、ファのフラットの音に注意!

 36ページ 44小節ゆっくりになるので指揮を見る!

 37ページ 64小節のdüsterの指示は「空虚に」

 38ページ 78小節からは大げさに表情をつけてリズムを厳しく演奏。91小節のrusは弱く言う。ここで一段落ししばらく歌わないのでページめくりは遅らせ「くすしきラッパ」の部分では決して動かないこと。

 43ページ歌い終わりはきりっと切り、体動かさずページめくりは決して行わない。

 177小節からたびたび出てくる「Diesiræ」は「特別に静かにちょっとくぐもった声でとても悲しく」の指示を守る。

 50ページから「come prima」の指示は最初のようなテンポで。

 59ページからたびたび出てくる「salva me」はリズム厳しく。vaを次のmeにくっつけて歌うとよい。

 79ページからの「Lacrymosa」は天使のように歌い、決して重くならない。

 80ページ645小節からは女声は控えめに、男声が主役!

 83ページ「huic ergo」のerが遅れないこと。

 681小節は泣き崩れる感じで最後少しゆっくりになるので指揮者を見る!

 ここで第一部終了の予定、休憩に入り NO3Offertorioから開始の予定

No.4. Sanctus(聖なるかな)

フーガは二部に分かれるので他を信用せず自分のパートを迷わず歌う。

 111ページ、55小節のソプラノ、フォルテの支持はピアノに変更!

 輝かしいフォルテッシモで歌い終える。最後の音符は決して伸びない。

次回は9月11日(日)企画展示室での全体練習になります。

  古澤先生で1時半から4時半まで、4番のサンクトゥスから最終曲7番のリベラメまでご指導いただく予定です。

9月練習は11日(全体)、19日(音楽室で男声のみ)、22日(視聴覚室で女声のみ)、25日(企画展示室で全体練習)

準備をして練習に臨んでください、{ヴェルディレクイエム」頑張りましょう

女声の募集は9月末日まで延長しています、お知り合いの方をご紹介ください。

和光市民合唱団ホームページがリニューアルされています。このブログのブックマーク「和光市民合唱団」をクリックしていただければホームページがご覧になれます。アドレスはこちらhttp//wako-citychorus.jimdo.com

 


にほんブログ村

コメント
この記事をはてなブックマークに追加