和光マリン 伊豆大島 海況報告

伊豆大島のスキューバダイビングショップ&サービス 和光マリンが発信する海況報告です。

撮影で秋の浜に潜って来ました。

2016年12月13日 16時02分55秒 | 秋の浜

今日は週末のガイドで紹介した生物を撮影しに、秋の浜に潜って来ました。

水温は一番冷たい所で18.8℃…、この時期らしい水温に近ずきつつあります。透明度は何故か、少し浮遊物が目立ち少し春っぽい感じでした。

最初はカエルアンコウ系を、一気に紹介します。

  クマドリです。

一番大きいのと、小さいのです。小さいのの鰭を全開に広げた時が、たまりません…。

  オオモン・イロ

 見にくいけどベニもいて、4種類が観察できます。

 

次は甲殻類です。

 フリソデエビ小さいのが4匹写っています。別の場所では大きい個体のもいるのですが、穴の奥で目では見えるのですが、撮影はNGでした…。

 今年初のフシウデサンゴモエビ。小さくて可愛らしい大きさでした。

 

 オドリカクレエビ。水深が深いのが難点です。

 アカスジカクレエビ抱卵しています。フトヤギの仲間を見ると大量にいます。

 アカホシカクレエビ。このイソギンチャクには合計12匹観察できます。実はすごく小さいマルガザミ・イソギンチャクエビも一緒に住んでいます。

 ヒトデヤドリエビ。オオアカヒトデに大量についていました。

 アカシマシラヒゲエビ。本当は2匹いるのですが、奥に隠れられヒゲしか見えません。

 イソコンペイトウガニ。まだ小さいです。本当はキンチャクガニも見つけたのですが、逃げられてしまって…。

 

次はウミウシです。

   ウデフリツノザヤウミウシ・アンナイボウミウシ・シロイバラウミウシです。アンナイボは、あまり見かけないイボウミウシの仲間だと思います。その仲間でも小型の種で、この画像の物でも非常に大きい個体です。体長2㎝程度です。発見時は他のと迷いましたが、触覚が確認できたので判明しました。

 

次はニシキフウライウオ・カミソリウオです。

  両方ともオスしか見れなくなってしまいました…。

 

次はヤシャハゼ・ダンダラダテハゼです。

  

画像に収められたのは、これだけでした…。オニハゼSP・ヒレネジ・ネジは、瞬殺でした…。ヤノ・ミナミ・クビアカは、撮影しませんでしたけど見る事は出来ました。

 

最後に、その他大勢です。

 ジョーフィッシュ

 今年初観察のバラハタ 

 サラサゴン

 ハオコゼ

 カンムリベラ

やはり秋の浜、1ダイブではネタを拾いきれませんでした。当たり前ですね。81分も潜ったのに…。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本日もガイドで秋の浜に潜り... | トップ | 本年も、誠にありがとうござ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
被写体盛り沢山! (Mari)
2016-12-19 09:02:14
こんにちは~お久しぶりです。
被写体盛り沢山じゃないですか~年明けまでいてくれますように。。。!

昨日大瀬に潜りに行ってきましたが、大瀬も水温、透明度共にダウンでした。。。浮遊物たくさんでほんと春濁りみたいでした。
水温下がるなら透明度は良くなってくれよって感じです笑

年明けに伺うの楽しみにしてますね!
今年もあと2週間ほどですが、良い年末をお過ごしください♪

コメントを投稿

秋の浜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL