和光マリン 伊豆大島 海況報告

伊豆大島のスキューバダイビングショップ&サービス 和光マリンが発信する海況報告です。

5月15日のログです。

2017年05月16日 17時41分09秒 | 秋の浜

昨日、秋の浜にデジカメを持って潜って来ました。が、何故かログが更新されていない…。アップしたはずなのに。そんな訳で昨日の画像をアップします。

まずはヤシャハゼです。

 

大きい個体と、小さい個体です。やはり大きい方はホバーリングしてくれます。なので共生エビとの撮影も可能です。どうせなら、一緒に撮影した方が良いですからね。小さい方は、着底したままでした…。で、この近くで別個体の小さなヤシャハゼも発見。が、気が付くのが遅れ引っ込んでしまいました。証拠写真を撮ろうと思って、時間つぶしでこの近辺を散策してみました。

 ガラスハゼ。何だか可愛らしくない…。

 

  ジョーフィッシュ。今年もコロニーを作ってくれますかね…?

 ハオコゼ。奥にも別個体がいます。バックをボカさ無い方が良かったな…、後悔です。

 スミゾメミノウミウシ

 ヨメゴチ

 ホタテツノハゼSP。確かもう、そう呼ばないような…。

で、肝心のヤシャハゼは…、全然出てきません。結局、窒素の時間や別の撮影もあったので諦めました。次回、確認してきますね。

で、移動中に…

 ネジリンボウも出ていました。

 

次はアオリイカの卵です。

 やっと産みましたね…。水温が下がってしまって姿を見かけなくなってしまいましたが、水温が戻ってからやっと産んでくれました。でも、私が漁礁に行くとイカの姿がありません…。タイミングが悪いのか?

 

浅場に戻っていくと、イサキ・タカベが群れていました。

 

両方ともデジカメのスイッチを入れた時には、時すでに遅し…。こちらも水温が上がってきて群れるようになってきました。季節の変わり目を感じますね。

 

浅場に戻って、ハナキンチャクフグを撮影しました。

 やっぱり水温が上がると、出てきますね。そうなってくると…

 シュンカンハゼや、

 コクテンベンケイハゼや、

 フトスジイレズミハゼなどは、撮影しやすくなりますね。

で、現在フォトコンの画像を応募中ですが、珍しい生物を取れば良いってものではありません。やはり、いつも見かける生物を撮影するのも、これまた大事です。例えばウミスズメ

 大した画像ではありませんが、寄生虫が多くついていました

それ以外だとトウシマコケギンポも、

   同じ個体を少しずつ変えて撮影してみました。雰囲気が全然変わりますよね。

紹介した画像は大した画像ではありませんが、色々とチャレンジしたり考えて撮影するだけで出来上がりが変わってくるのを感じてもらえればと思います。色々な被写体を撮影して、タイトルで上手く表現できれば入賞が近くなるかもしれませんね。

 

最後にハシゴにいたアオヤガラです。

 これもまた季節の変わり目を感じる生物ですね。

 

 

早いもので今年も5月…。無事にGWも終わりました。ってことは、以前お知らせした「第6回伊豆大島MDフェア」が、来月やって来ます!

 6月17日(土)-18日(日)の日程です。

そして今回の企画でもある、「第2回フォトコンテスト」の応募期間でもあります。

  

一応、締め切りは5月末日です。なので、まだまだ間に合いますよ~。ちなみに、5月の週末は空き全然あります(汗)  お時間がある方は、是非潜りにいらしてください。

 

ちなみに、MDフェア当日の来月17日(土)-18日(日)ですが、ショップ様の予約があるもののガイドは…、全然空きあります(汗) お時間がある方は、是非是非潜りにいらしてください。フォトコンは、当日賞もあるので5月中に都合がつかない方にもチャンスがあります。

もしデジカメを持っていない、けどフォトコンに参加したいという方は…、私のTG3をお貸しするのでバシバシ撮影してください。きっと入賞したら豪華賞品が、GET出来るはずです。

晴れれば陸上は暑いですし、水温もボチボチ上がって来ましたし、透明度も…、大島的に普通に見える10m位です(笑)

ちなみにお酒の貯蔵ですが、やっぱり半年くらい寝かせないと味の変化が薄いみたいですね。

では皆様のご来店、心よりお待ちしております。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第6回伊豆大島MDフェアのお... | トップ | 東海汽船の割引情報 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL