メモ帳

 

プラモ制作 タミヤ ミニ四駆 ARシャーシの何か (2)

2017年05月03日 14時23分32秒 | 日記
オプションパーツ積むからにはそれなりにきちんと走らせられる物を目指そうってことで、まずはギアの位置調整から。
ちなみに、シャーシは強化シャーシホワイト、ギアはARシャーシギアセット、ドライブシャフトは中空ステンレスシャフトを使用。

・プロペラシャフトが前後にガタがあって前の壁にギアが触れていたので、ギアを叩いてちょっと前後のギア間を縮めた。
・スパーギアが位置によってはプロペラシャフトのギアとカウンターギアの仕切り壁に触れるので、クラウンギアとの間にスペーサーを挟んで外側に寄せた。


挟んだスペーサーは、低摩擦素材らしいシャーシセットのパーツについてたランナーを使用。
ランナーの真ん中に2mmのドリルで穴を開けて筒状にしたものを輪切りに切り出したあと、回転の抵抗がなくなるよう確認しながらやすりで幅を微調整。
いい具合に間隔調整できたと思う。

突き詰める人は抵抗抜きと称してシャーシの仕切り壁まで削ってるらしいけど、効果の程はどうなんだろう?
自分がやると下手な調整で逆効果になりそうなので、ギアの位置調整まででとどめておく。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プラモ制作 タミヤ ミニ四駆 ... | トップ | プラモ制作 タミヤ ミニ四駆 ... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。