松永和紀blog

科学情報の提供、時々私事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

市民が科学者を見分ける法ー追加

2008-12-23 01:47:47 | Weblog
 市民は、どのようにして科学者を見分けたらよいか? で、次のように書いた。「科学者が同業者である科学者をきちんと批判するとか、市民団体がおかしな科学者の問題点を指摘する、というような動きがもっと活発になってよいのでは。現実には、日本の科学者は同業者を批判してもなんの得にもならないので、しない場合がほとんど……」。ちょっとどぎつい書き方だったかもしれない。金銭的な損得の話と誤解されている部分もあるようなので、ちょっと追加します。

 もちろん、科学者の使命として、同業者批判をきちんとしている人はいる。「食の安全」の分野なら、長村洋一・鈴鹿医療科学大教授、高橋久仁子・群馬大教授。ニセ科学批判は、天羽優子・山形大准教授、田崎晴明・学習院大教授ら。ほかにも、中西準子先生や安井至先生などいらっしゃるし、ネットでは、Natromさん食品安全情報blogの活動が光る。思い浮かぶ人は、ほかにも何人もいる。

 が、彼らが真摯な批判をすればするほど、誹謗中傷も増えるように私には思える。彼らが、その活動に対して向けられる感情的な反発や軋轢への対応に時間をとられている実態もある。中西先生が、京都大学教授から名誉毀損で訴えられ、一審で棄却され判決確定したのが典型例だ。そして、彼らの社会的な役割は極めて大きいにもかかわらず、同業者からの評価は不十分だ。

 問題のある科学者を批判するということはある意味、その科学者に自らかかわるということでもある。「そんなことに時間を費やすよりも、無視し黙殺して、自分の研究を進めて論文をたくさん書く方がはるかにマシ。はるかに有意義」と考える科学者がいる。私は、こちらのタイプの方が数は圧倒的に多い、と思う。

 こういう現象を、「なんの得にもならないので、批判しない場合がほとんど」というふうに書いた。決して、「金にならないから批判しない」という意味ではありません。
 私は、「すべての科学者が社会的な活動をすべきだ。問題のある同業者を批判すべきだ」などとは言わない。だけど、同業者批判も厭わず「科学的に適正なこと」を一般市民に伝えようと努力している科学者たちは、学術界でもっと尊重されるべきだし業績として評価されるべきだし、社会からも尊敬されていい、と思います。

(注:天羽優子准教授を、助教授と書いてしまいました。これはとても恥ずかしい間違いですね。すみません。訂正しました。2008,12,24)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民は、どのようにして科学者を... | トップ | 伊藤ハムのシアン問題4~これほ... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (SSFS)
2008-12-23 20:11:27
初めまして。ニセ科学ウォッチャーを幅広くやっているSSFSと申します。ニセ科学批判者が「丁寧な分析と詳細な調査」を怠ったまま、先入観に基づく偏狭な批判・非難を繰り返している事態を憂えています。

>科学者の使命として、同業者批判をきちんとしている人はいる。(略)ニセ科学批判は、天羽優子・山形大助教授、田崎晴明・学習院大教授ら。

天羽氏(准教授です)は、いつ同業者批判をしましたか? たとえば得意分野の磁気活性水では、摂南大の佐野洋氏、茨城高専の富田豊氏、そしてお膝元の山形大学工学部技術部の四釜繁氏らが磁気活性水の効果をうたっていますが、天羽氏はそれらの言説を解説・評価したことがありません。氏がやっているのは「同業者批判」ではなくマイナーな「業者批判」だけです。それも批判のしかたを誤ったために、不毛な裁判沙汰になってしまいました。

さらに、天羽氏は還元水やクラスター水といった市販されていない水はヤリ玉にあげますが、酸素水、海洋深層水、バナジウム水といったスーパー、コンビニで簡単に手に入るあやしい水には無関心です。「温泉の科学的意義」という重要なテーマも看過しました。このように、重箱の隅だけをつつく批判活動は、ニセ科学批判の矮小化につながります。

一方で、田崎氏も同業者批判をしていません。水からの伝言について啓蒙的な文章を書いた程度です。11月のニセ科学フォーラムでは理科教育全般を話題にしました。失礼ながら、松永さんが「同業者批判」ということばで紹介するには不適切な例だと考えます。

ちなみに、冒頭に掲げた「丁寧な分析と詳細な調査」は、2006年春の「ニセ科学シンポ」に関する田崎氏の報告にある<多くの場合「ニセ科学」を批判するには、相手の主張を丁寧に分析し周辺分野の知見を詳しく調べる必要がある>という主張に基づきます。
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/fakeS/PE06.html
非常に重要な理念ですが、これまでニセ科学批判者はまったく無視しています。

>彼らが、その活動に対して向けられる感情的な反発や軋轢への対応に時間をとられている実態もある。中西先生が、京都大学教授から名誉毀損で訴えられ、一審で棄却され判決確定したのが典型例だ。

中西先生は批判のつもりで言ったのではないのに、なぜか恨みを買って訴えられてしまい、降りかかる火の粉を払いました。ニセ科学批判者と同列に扱っては、中西先生に失礼でしょう。

>だけど、同業者批判も厭わず「科学的に適正なこと」を一般市民に伝えようと努力している科学者たちは、学術界でもっと尊重されるべきだし業績として評価されるべきだし、社会からも尊敬されていい、と思います。

「丁寧な分析と詳細な調査」をサボったまま、「科学的に適正なこと」などと偏った正義感が先走ると、ろくなことになりません。「観察して思考する」という科学者の基本姿勢が欠落しているので、ニセ科学批判は何の成果も挙げていないうえ、ニセ科学批判者がばらまいた嘘や誤解はたくさんあります。彼ら彼女らを尊重・尊敬すべきとは、あまりにナイーブな主張です。

ニセ科学で私の主要な関心はマイナスイオンにあります。ご関心があれば、ヤフー掲示板の「マイナスイオン」監視室をのぞいてみてください。今年5月のNo.1103で貴著『メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学』の問題点を指摘しています。
批判するのがいいのか? (lum)
2008-12-24 01:01:31
やたらここで、「まともな科学者は批判しろ」と煽られているようですが、そういうプレッシャーも言論の圧力に受けて取れます。
科学者であれば、本来学術的な手段・ルールに基づき持論を戦わせるべきもので、それに周りが変に肩を持つのは、報道側の常套手段であり、やっていることは批判されている方々と同じです。本来政府が必要な措置をすべきでしょうが。
中西先生の尊敬するところは、学者として純粋に議論をしているところです。それを裁判という反則技で議論を封じ込めようとしたから皆さんが応援したものと感じてます。
それを「批判する人は学術界で尊重されるべき」とは情けない。学術的に純粋に議論を行わなければ、科学的な真実には辿り着けません。変な先入観で、客観的視点を持てないような議論であれば、学術的にはそれを「正義」とは言いません。学者であればあくまで学者として勝負しろってことです。
それともう一つ、
中西先生は、ご自分の非についても素直に認め、それを公開し、説明を怠りません。松永さんの著書などを読んだこともありますが、結構肝心なところが誤認していたりすることもあり、それがそのままの状態で放置されているのを見受けます。ある意味、批判されている著書が生み出す結果と似ている点がありますよ。
SSFSさんについての情報 (FSM)
2008-12-24 22:04:18
初めまして。

早速このエントリ内容にふさわしい(?)方がコメント欄に来てしまっておりますので、一言だけSSFSさんについての情報をお知らせします。既にご存知であれば無視していただいて結構です。

SSFSさんはだいぶ以前から天羽さんや菊池誠さん(阪大教授)に対する根拠のない・あるいは曲解に基づく言いがかりをあちこちで書き散らしています。

御本人がおっしゃっているYahoo掲示板URLは
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=l&board=1835549&tid=a1va5dea5a4a5ja59a5a4a5aaa5sa1w4fbbkbcbc&sid=1835549&mid=2075
ですが、SSFSさんが批判に耳を傾けようとしない姿勢がよくわかります。

最近のネット上でのSSFSさんの評判は、「ニセ科学批判について読んでいく中で出てきそうな人物」で簡単にまとめられています。
http://anond.hatelabo.jp/20081203230055

というわけで SSFSさん、よそにコメント書く暇があったら、ちゃんとYahoo掲示板で多くの方からあなたに出されている質問に答えてくださいね。以前言ったように、私のブログでコメントしていただいても構いません。今のままでは無責任すぎますよ。

***

お目汚し、大変失礼致しました。
一つ前のエントリでの質問7に対する回答は感銘を受けました。私も権力の介入を招かないよう活発な相互批判を行っていくことがとても重要だと思っています。
益々のご活躍をお祈り申し上げます。
Unknown (SSFS)
2008-12-25 00:01:59
コメントありがとうございます。

>SSFSさんはだいぶ以前から天羽さんや菊池誠さん(阪大教授)に対する根拠のない・あるいは曲解に基づく言いがかりをあちこちで書き散らしています。

言いがかりではありません。常に根拠を示しながら、彼ら彼女らの至らなさを指摘しています。書いたものをきちんと読んでください。物事を先入観で決め付ける彼ら彼女らにとって、調べて確かめたものを書くという私の手法はけむたくてしかたないのでしょう。

たとえば、先のニセ科学フォーラムで、菊池氏は相変わらず「マイナスイオンはアメリカではとっくに廃れている」と主張したようです。
http://kakyoukyoutiba.blog85.fc2.com/blog-entry-106.html
これが嘘であることは、米国のサイトを見て回ればすぐに分かることです。

天羽氏はサイエンスカフェで「マイナス水素イオンというものが本当に存在するのか」という市民の質問に対して、http://www.klnet.pref.kanagawa.jp/kawasaki/information/jizenkaitou13.pdf
「マイナス、つまり負の電荷を持つ水素イオンは存在しません。水素イオンは、正の電荷を持つものしかありません」と呆れた回答。

ニセ科学批判者の言説にはこういうのがたくさんあるんですよ。松永さんが真実を見たくない、彼ら彼女らの言説にすり寄りたいというなら、どうぞご自由に。今後、あなたの書いたものを眉に唾して読むだけですから。

>というわけで SSFSさん、よそにコメント書く暇があったら、ちゃんとYahoo掲示板で多くの方からあなたに出されている質問に答えてくださいね。

自分から有用な情報を持ち寄ろうとしない「かまって君」や、しつこいストーカーは無視するに限ります。ああいう連中がいなくなれば、もっと建設的な議論ができるのですが。

繰り返しますが、問題の多い科学者を「学術界でもっと尊重されるべきだし業績として評価されるべきだし、社会からも尊敬されていい」などと不用意に持ち上げると、あなたにもいずれ累が及びますよ。ご注意ください。
負の水素イオン (lum)
2008-12-25 01:31:19
http://www.kek.jp/sokendai/intro/ronbun/200309/02_oguri_hidetomo/thesis/thesis-j.pdf#search='水素イオン 負の電荷'

ここに、水素イオンが負を帯びた状態のものが使用された実績があります。ないわけではないですね。マイナス水素イオンの効能効果は別として・・・・
負の水素イオン (lum)
2008-12-25 01:37:33
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3

こちらの方がいいか。
Unknown (at)
2008-12-25 08:05:13
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E7%B4%A0#.E3.83.92.E3.83.89.E3.83.AA.E3.83.89

↑水素の負のイオンはヒドリドと呼ばれます。化合物によっても違いますが、非常に活性で、空気中に出しただけで火を噴いたり、水をかければ確実に爆発します。

よほどの証明がないと、そんなものが通常の環境で生成しているなどというのは、寝言に過ぎないでしょう。
正直書き込むか迷いましたが (一読者)
2008-12-25 12:27:03
松永様、はじめまして。いつも更新を楽しみにしている一読者です。

どうしても我慢できない書き込みがあったため、初めて自ら書き込んでみました。

SSFSさん、

>>科学者の使命として、同業者批判をきちんとしている人はいる。(略)ニセ科学批判は、天羽優子・山形大助教授、田崎晴明・学習院大教授ら。

>天羽氏(准教授です)は、いつ同業者批判をしましたか? たとえば得意分野の磁気活性水では、摂南大の佐野洋氏、茨城高専の富田豊氏、そしてお膝元の山形大学工学部技術部の四釜繁氏らが磁気活性水の効果をうたっていますが、天羽氏はそれらの言説を解説・評価したことがありません。

松永様の記事を否定したいのであれば、天羽氏が同業者への批判を全く行っていない事実をと合わせて示さないと、単なる誹謗中傷にしかなりません。

仮に、SSFSさんが列挙した同業者?の先生らを批判していないからといって、すべての同業者への批判をしてない、ということにはならないこと、ご理解できますか?

私の記憶では、天羽氏は九州大白幡教授を批判してます。SSFSさんはこの事実から目を背け、自分に都合のよい事例しか列挙せずに、天羽氏と松永様の記事を「誹謗中傷」していること、気がつきませんか?

私は他の掲示板等はほとんど読まないため、FSMさんからご紹介いただいた掲示板で、SSFSさんがどのような事をされているのかはわかりません。
なお、天羽氏と白幡教授に関する事例は、還元水を調べているうちに探し当てただけです。

しかし、初出の割に居丈高、上から目線を感じさせる文章はいかがなものでしょうか?

個々のコメント欄に限らず、他者の部ログコメント欄は、あなたの愚痴を垂れ流す場所ではありません。
もっと、読者の方に、自分のアピールしたいことが十二分に伝わっているのか、という点を考慮しながら書き込みをされたほうがよろしいでしょう。
それほどまでに不快な書き込みでした。

>「マイナス、つまり負の電荷を持つ水素イオンは存在しません。水素イオンは、正の電荷を持つものしかありません」と呆れた回答。

SSFSさんが呆れた理由をお聞かせください。個々の読者の方は、SSFSさんの感想なんて聞きたくないと思います。むしろ、なぜ「呆れたのか」の方がよほど興味深いでしょう。なぜなら、仮にも大学の准教授の方のコメントに対し異議を申し立てているのですから。ご自身のコメントにもある通り、SSFSさんはこのあたりをきっちりお調べになっているのでしょうね。ぜひなぜ呆れたかをお聞かせください。
あ、ウォッチャーなので、というのは理由にならないこともご理解くださいね。
素人だから何を言ってもかまわない、という考え方は、大人として一般常識を著しく欠如している、と見なされるでしょうから。

長文失礼しました。
松永様、これからもがんばってください。
Unknown (jon)
2008-12-26 09:33:34
こんにちは、松永さん
いつも楽しみに読ませて頂いています。

二つの事が、ごっちゃになっているように感じます。1)研究の現場における科学の営みとしての議論 2)科学に関する啓蒙活動
 
1において、本来は、活発なディスカッションがなされなければならないのに、日本ではそれが希薄になりがちである、、、という現実があると思います。そして、感情的かつ稚拙な延髄反射としての京大教授の一件があります。
 
2については、『水からの伝言』が典型的ですが、適切な発言やウェブを公開したのは、田崎氏や天羽氏であり、肝心の雪氷学会に所属する専門家からは、目立った発言は何もありませんでした。
 
簡単にいえば、この問題が抱える一般への重大な悪い影響について、敏感に反応し、行動に移す、、、という啓蒙家としての資質を、上記の方々は持っていたという証左であり、雪氷学会の先生方には、そうしたセンスがない、ということでもあるかと思います。
 
誠実な研究者であることと、啓蒙家とはイコールにならないものだと思います。学者バカという言葉があるように、ある狭い領域で突出していても、社会常識が欠けていれば、啓蒙家としての活動は無理だと思います。
 
その点、菊池氏にしろ、天羽氏にしろ、そして田崎氏にしろ、非常にバランス感覚のある方だと思っています。そして、そうしたバランスが啓蒙活動には必要です。
 
啓蒙活動は骨の折れる作業です。ご指摘のように、誹謗中傷も浴びますので。そして、そこでの議論(というか議論の型にはなっていないのですが)、科学的な中身の話というより、社会問題的な構造での話になりがちです。ですから、それを回避し、学会という業界内に閉じこもる人がいても不思議ではないと思います。一種の安全地帯ですから。
 
科学者と、科学者であり同時に啓蒙家である、を分けると話は分かりやすいかと思います。あと、科学者と研究者も分けたほうがいいように思います。
 
科学者=科学のプロセスに誠実である人
研究者=ある分野を研究している人
 
研究者の大きな円の中に、小さな科学者という円があります。トンデモさんに対して科学者という名前を使ってほしくありませんので。
 
 
最後、SSFSさんの書き込みはウザイので削除希望です。菊池さんや天羽さんのところで、コメント欄を無為に荒らしてきている方なので。

ではまた
当店はスーパーコピーブランド商品専門ネットショップで、 (藤原 紀子)
2015-01-02 10:56:27
当店はスーパーコピーブランド商品専門ネットショップで、
私達は長年の実体商店の販売経験を持って、あなたのために品質最上のブランドスーパーコピー時計、ブランドスーパーコピーバッグ、ブランドスーパーコピー財布。製品はされています高品質と低価格で提供,
★N品質シリアル付きも有り 付属品完備!
全品全国送料無料。
客を歓迎して買います!
藤原 紀子
master@bagcopy.com
ルイヴィトンスーパーコピーwww.bagcopy.com/?cate-c2.html
スーパーコピーシャネルhttp://www.bagcopy.com/?cate-c17.html
パネライ スーパーコピー www.bagcopy.com/?cate-c36.html
ウブロ スーパーコピー http://www.bagcopy.com/?cate-c37.html
カルティエスーパーコピーwww.bagcopy.com/?cate-c102.html
スーパーコピーシャネルhttp://www.bagcopy.com/?cate-c17.html
オメガ スーパーコピーhttp://www.bagcopy.com/?cate-c134.html
フランクミュラー スーパーコピー http//www.bagcopy.com/?cate-c115.html
スーパーコピー時計、プロのブランドコピーの専門家。 (松下 惠子)
2015-03-08 15:57:14
スーパーコピー時計、プロのブランドコピーの専門家。
スーパーコピー豊富に揃えております、最も手頃ず価格だお気に入りの商品を購入。
スーパーコピー時計N品のみそ取り扱っていまずのて、2年品質保証。
当社の商品は絶対の自信が御座います。
必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております.
絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します.
2015年最新スタイルの長財布で、品質もいいです。このサイトをご覧ください
当社URL:http://www.superscopy.com/
連絡先:master@superscopy.com
店長:松下 惠子
ルイヴィトンスーパーコピーhttp://www.superscopy.com/category-2.html
エルメススーパーコピーhttp://www.superscopy.com/category-27.html
カルティエスーパーコピーhttp://www.superscopy.com/category-102.html
グッチスーパーコピーhttp://www.superscopy.com/category-29.html
コピーブランドバッグ (コピーブランドバッグ)
2015-04-08 12:40:29
ブランドiPhone6/6plusケース,iPhone5/5sケース,iPad airケース,galaxyケース激安銀座
www.umseek.com
www.konaseven.com
www.gookopi.com
www.bothseek.com
www.graseek.com
www.6scase.com
www.5scase.com
正規取扱店→www.japann030.com←信用舗 (ブランドコピー)
2015-05-27 19:27:02
正規取扱店→www.japann030.com←信用舗

格安販売 顧客は至上→
≡≡≡★★★★★大注目★★★★★≡≡≡
2015年人気最新品、新素材入荷!
大人気スーパーコピーブランド専門通販店!
┣ブランド時計コピー
┣ルイヴィトン 財布コピー
┣グッチ 財布コピー
┣シャネル財布 コピー
┗エルメス財布 コピー
●在庫情報随時更新!
◆S/SS/N品物 品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
◆100%品質保証 !満足保障100%!
◆経営方針:現物写真、品質を重視、納期も厳守、信用第1!
予約します、当日商品を出しました 、4-7日到着します。
★送料無料★★★ようこそ★★★感謝します!

ブランドスーパーコピーhttp://www.japann030.com
Unknown (美玲)
2015-05-28 11:27:50
委託生産
製造委託
靴 oem
帽子 oem
oem工場
中国 仕入れ
oem販売
oem委託
雑貨 卸 問屋
タオバオ仕入れ
タオバオ輸入代行
中国輸入代行業者
alibaba 代行
中国市場開拓を最短ルート,手数料は商品代金の5%、業界最安の代行手数料でお客様をサポートします。EMS 送料 50%off...
http://www.daikojp.com/home/
信用第一nicokopi (信用第一nicokopi)
2016-04-07 16:32:56
信用第一nicokopi

もしもあなたはセリーブッテガを買セリーヌ、ウロ、ボッテガ・ヴェネタのスーパーコピーは商品

セリーヌコピー:http://www.nicokopi.com/brand-Celine/

あなたにこのウェブサイトまで(に)見てみることができるように提案します

ウブロスーパーコピー:http://www.nicokopi.com/brand-Hublot/

彼は信用を重んじる店です

ボッテガ・ヴェネタコピー:http://www.nicokopi.com/brand-Bottegaveneta/
信用第一nicokopi (信用第一nicokopi)
2016-04-07 16:35:33
信用第一nicokopi

もしもあなたはセリーブッテガを買セリーヌ、ウロ、ボッテガ・ヴェネタのスーパーコピーは商品

セリーヌコピー:http://www.nicokopi.com/brand-Celine/

あなたにこのウェブサイトまで(に)見てみることができるように提案します

ウブロスーパーコピー:http://www.nicokopi.com/brand-Hublot/

彼は信用を重んじる店です

ボッテガ・ヴェネタコピー:http://www.nicokopi.com/brand-Bottegaveneta/

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ここは酷いひげ線ですね (障害報告@webry)
asahi.com:福鉄「ひげ線」問題 2案めぐり溝深く-マイタウン福井 http://mytown.asahi.com/fukui/news.php?k_id=19000000812230004
科学者による同業者批判について (地獄のハイウェイ)
松永和紀blogの「市民が科学者を見分ける法ー追加」という記事で http://blog.goo.ne.jp/wakilab/e/f7461768f57ae79fb31c987c7622726b <font color="blue"> 「日本の科学者は同業者を批判してもなんの得にもならないので、しない場合がほとんど」 &lt...