松永和紀blog

科学情報の提供、時々私事

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山田農林水産副大臣のメッセージ

2009-11-14 00:37:35 | Weblog
 13日に届いた農水省のメールマガジン第368号に、山田副大臣のメッセージがあった。驚愕したので、全文引用してしまおう。
 
…………………………………………………………………………
懐かしい日本の農漁村集落の風景を再び甦らせたい


のどかな朝があった。
母は米のとぎ汁を納屋の牛に飲ませる。少年の私は裏の畑の菜、ヒヨコ
草を集めてきて細かく刻んで鶏の餌をやる。産み落とされた卵を探す。
そのうちに朝餉の味噌汁の匂いがしてくる。
大きな甕から醤油の上澄み液を掬って母に渡す。すべて手作りだった。
いつしか懐かしい日本の農村の風景はなくなった。

米国の農家も変わった。遺伝子組み換えのキングコーンをアンモニアの
液肥を大量に振りまきながら大型のトラクターで耕作を続けている。
できたトウモロコシは不味くて、農家でも自分の作ったものを口にする
ことは無いと言う。

農業はおかしくなった。
今や、日本の農業は65歳以上の高齢者で61%も担っているというい
びつな形になった。
自給率は下がる一方で、世界の人口は急増、10億人の人が飢餓に苦し
み1日に2万5千人の人が飢えで亡くなっている。
すでに世界の食糧危機は現実のものになっている。

中国、インド、ブラジルの台頭で、日本はテレビや自動車を売って、安
い食糧は買えばいい貿易立国の時代は終わった。

日本も政権が交代した。
これから、内需を中心とした農漁林業にも配慮したバランスの取れた国
家を目指さなければならない。
若い人が新しく農漁林業に参入して食べていける世の中を。
そのための戸別所得補償制度に全力を尽くしたい。
懐かしい日本の農漁山村の集落風景を再び甦らせたい。
…………………………………………………………………………

 うーん、なにを言いたいのか、よく分からない。書いてあることが、見事に脈絡がない。
 それに、もしかしてこの人はスイートコーンとデントコーンの区別がついていないのかもしれない。

 このところ、「飼料米を作れば、アメリカのトウモロコシは必要ない、と本気で信じているらしい」とか、「食品のリスク管理について説明しようとすると、『国産は安全・安心なのに、なぜこんなことが必要か?』と言う」とか、いろいろと気になる情報が漏れてきていた。農水省の官僚が困り果てている、という話も聞いた。官僚だって、農水省の恥にはしたくないから説明をしたいのだけれど、聞こうとしないというのだ。

 私は半信半疑だったのだけれど、やっぱり本当なのかもしれない。

 まず、日本に農地がどれくらいあるのか、トウモロコシやダイズ、ナタネなどをどれだけ輸入していて、その穀物を栽培するのにどのくらいの農地面積が必要なのか、計算した方がいい。
 山田副大臣が、日本人に「肉と油は食うな。これからは、米とイモの生活だ!」とちゃんと言うならそれも結構だが、そんな内容はメッセージには入っていない。これからこの人は、どうするつもりなのだろうか。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「中立公平な立場から科学的... | トップ | 農業温暖化ネットでコラム連載 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
見当違いの勤勉は悪 (まいまい)
2009-11-14 15:08:58
>それに、もしかしてこの人はスイートコーンとデントコーンの区別がついていないのかもしれない。

そうかもしれない、と思わせるだけの雰囲気泥酔メールですね。この山田大臣の経歴を見ると、早稲田大学を卒業し、帰郷してすぐ広大な敷地を購入して牧場を起こし、経営に失敗。のちに有機栽培にも興味を持つとあります。

大陸では、ミネラル類が耕土に蓄積している場所も多いため、そのような土地では肥料としてアンモニアくらいしか必要でないというのは常識です。
そしてそのトウモロコシがなければ、ニワトリも卵も、もちろん牛も日本では維持できません。今回の穀物高騰が国内養鶏業・牧畜業にどれほどのダメージを与えたのか、まるで他人事のような文章です。

そういう常識のなさで牧場経営と称する荒れ地の購入をすれば、時代から言っても異なる目的であったと勘ぐられても仕方がないと言えましょう。

そのような人物の推進する所得補償制度が、先進農家たちにとどめの一撃を刺すことになるであろうと憂鬱になります。
一生懸命投資に見合う規模拡大を目指しつつも、農地を抱え込んで手放そうとしない老人たちに内心困り果てている農業者のことは、副大臣にはやはり他人事なのではないでしょうか。
高齢者が元気でいることが経営の妨げだとは、口が裂けても言えない苦しみがわかるとは思えません。
ご自身の経験から… (カータン。)
2009-11-14 16:27:01
山田副大臣は、牧場経営時の1973年、アメリカの大豆禁輸措置によって飼料価格が暴騰したことが非常に印象深かったようで、それを理由に日本も食糧安全保障のために、自給率を向上させるべきと主張されているようです。

また前提として、世界的な食糧危機が起こるということもおっしゃっています。そのあたりは、著書の「小説 日米食糧戦争ー日本が飢える日」に詳しいのでしょう(読んでません 汗)。

自身の牧場経営の経験もあるので(弁護士と2足のわらじだったそうですが…)、農政に関してもかねてから一家言あるのでしょうね。

その経験を活かしつつそれのみに固執せず、さらに科学的な意見や今の農業者の意見も聞いて、よい農政を考えていっていただきたいなあと思います。
Unknown (Unknown)
2009-11-14 23:58:07
この程度の識見のご仁を農業水産副大臣にせざるを
えなかった民主党が政権をとるのは少し早すぎたと
言わざるを得ないのですかねえ~。来年の参議院議員選挙は少し考えないと。
山田正彦副大臣のブログから (omni)
2009-11-15 13:53:51
山田正彦副大臣のウィークリーブログ見ました。

<以下引用>
天野礼子さんが「山おやじ3号」ニュースレターに面白い記事を書いてくれた。
紹介したい。

「Yes,We Can!が現実になった」
「林野庁長官、来年度の予算は“所有者取りまとめ”と“作業道づくり”、この2本をやる。そして森林組合がこれに集中して取り組まざるを得ないように、他の予算はつくらない、これで行くから、いいね」。
10月6日、民主党の山田正彦氏が農水副大臣になられてから初めての面会に、すでに「国家戦略室」のメンバーとして動き出している梶山恵司さんと私がゆくと、話し出して5分程で島田泰助林野庁長官を呼ばれ、いきなり上記の発言を山田大臣が発せられました。
島田さんはまん丸な目をいっそう丸くされ、まず絶句。次に「私の部下たちがどのように対応できますか・・・・」とおっしゃるのが精一杯の感じ。
私たち二人も驚いて、声がでません。
「君の部下は、僕の部下だろ。林野庁の幹部を明日の昼食時に悪いけど、12時半に集めてくれ。僕が菅直人副総理・国家戦略大臣と相談の上でこのことを決めていると皆に認識してもらうように話をするよ」。

“政権交代”とは、こんな場面の誕生を可能にするものだったのですね。
それにしても、山田正彦氏は感がいい。湯浅さんや梶山さんがいつもおっしゃっていた、「温暖化防止の切捨て間伐、あんな甘い公共事業があるから、森林組合が“取りまとめ”や“作業道”に取組まない。あの予算や他の予算も切っちゃえばいいんだ」という、およそ実現不可能と思える雑談をまるで聞いていたかのように吸い上げていらっしゃるのです。
<以上引用終わり>

天野礼子さんは長良川河口堰反対の闘士だった方で、今は有機農業の普及や森林問題にとり組んでおられるようです。GM反対の加藤登紀子さんなどもお仲間のようです。

このブログを見ると、まるで自分のお友達の「雑談」やその場の思いつきを、即実行に移している、しかもそれを自慢している様に見えます。何が「Yes,We Can!」なんでしょう。

これは民主主義ではなくて独善です。それともお仲間民主主義を実現しようとしているのでしょうか。山田氏の視界から、国民は消えてしまったみたいです。いわゆる「市民派」的人たちが良識派であり、正義であり、国民のリーダーであるとても勘違いしているのでしょうか。

「有機農法」一辺倒では、食糧自給率も低下するでしょう。官僚もお気の毒ですが、こういう副大臣を持った農民も消費者も被害をこうむ可能性がありますね。困りました。
Unknown (雪兎)
2009-11-22 23:46:44
自称「市民派」に、よその便所掃除を買って出るような輩はいないでしょ。所詮、キレイゴトのゴタクにすぎぬ。
盛り上がりすぎ(ミ ̄エ ̄ミ) (ユーキ♂)
2009-12-20 13:44:59

まだ始めてから2ヶ月だけど毎日入れ食いですぞ(笑)



一週間の時点で既に20人相手して100万ゲットしてたもんねヾ(・ε・。)
てゆーかコレ、どー考えても女増えすぎで男足りてないんすけどぉぉおw( ̄▽ ̄;)w
なんだか (ディープテイオー)
2010-02-17 00:47:21
ちょっぴり分かるような気がする。穀物の需給率を上げながら、田園地帯を増やし、来る飢餓時代に備えようという…気持ちだったのではないでしょうか?僭越ながら…・
ひどすぎ (あーぼ)
2010-05-25 08:27:23
山田農水副大臣は即刻辞任するべき。宮崎の口蹄疫の問題での発言が余りにもひどすぎ!そこまで言うなら宮崎の人達の生活に責任をとって欲しい。こんな人に税金を払っていると思うと悲しい。
亡国 (雪兎)
2010-06-08 14:51:17
あろうことか、次期農水相になってしまった。亡国の危機だ!
Unknown (Unknown)
2010-06-10 01:33:14
根拠なき政府批判には意味がない。
海外には国民が飢えているのに(核)兵器を製造している国家がある。それと同様に日本も失業率が上がり、現金収入がない生活者が増える中、兵器こそ製造しないが自動車や家電製品を作っている。ならば「自動車や家電製品を作ってサラリーを貰うことばかりせず、直接、食料を作るのはどうだろうか」と考える方向もあるではないか。輸入作物を100%国産に替える作付けを目標にするのではない。休耕地はある。その休耕地を稼動させるのである。
農家の後継者問題、世界の飢餓問題、食糧危機問題は30年以上前からある。輸入を減らせて自給率を上げることは食糧安全保障の考えとして30年前から存在する。飼料原料が高騰すれば日本の畜産は大打撃を受けることも30年前からわかっている。新興国の消費が上がることを予想すれば、輸入作物・食品・飼料原料は下がることはない。
国際社会が変化し、国内では高度経済成長の時代が終わっても、バブルがはじけても、高齢化社会が訪れても国民は同じライフスタイルで生活することが得策であろうか。
単なる政府批判はやめて、考えをめぐらし、模索し、新しいシステムを構築する必要があるのではないか。それが過去の農村の形であるかもしれないし、現代にない21世紀の新しいライフスタイルであるかもしれない。
農家の個別所得保障制度は、技術の未熟な新規参入や後継者の採算が取れない農家も救済して、次の日本の形が決定するまで農家を継続させるためのシステムではないだろうか。自動車にエコカー減税、家電製品にエコポイント制度でメーカーを救済するように、農業では農家減少を防ぐために。
「日本殺すに兵器はいらぬ。輸入を一月止めれば良い」では国家は維持できない。事業仕分けで国内需要の3か月分の塩を備蓄していることが取りざたされたが、過去には真剣に「食の安全保障から国民の命のため」を考えてのことだった。オイルショック後には石油備蓄を考え備蓄基地を建設、石油備蓄。それらを維持できないくらい国家予算が逼迫している日本の現状を見て、政府批判だけしていてよいのだろうか。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

とある農協の選挙活動 (ニュー速VIP底辺。・゜・(ノД`)・゜・。)
556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2010/06/22(火) 21:39:36 また参院選で選挙スタッフにかり出された。 JA鹿児島県では選挙法違反対策で年休を強制で取らせて選挙活動させてる。 勤務時間も通常通りだし、上司の指示のもと動く。 ボランティアはカモフラージ...