脊椎内視鏡下手術 - わきだ整形外科 - http://wakida.org

わきだ整形外科は脊椎内視鏡下手術を中心とした、低侵襲手術が専門のクリニックです。 - 鹿児島県鹿児島市で開業しています。

感謝の気持ちを戴きました。

2017-09-20 16:41:53 | Weblog

退院される患者さんの娘さんから、お手紙を戴きました。

先日のお子さんのお手紙に続き、疲れが吹き飛ぶお手紙、誠にありがとうございました。

当院には連日多くの患者さんが来院されています。

すべての患者さんにベストの治療と対応を心がけて、日々改善し、努力しておりますが、未だ出来ておりません。

一生懸命対応しても、上手くいかない事もあります。

そんな中で、最大限のご評価を戴きました。とっても元気になりました。

職員一同、これからも頑張って参ります。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素敵なお手紙を戴きました。

2017-08-31 20:45:42 | Weblog

先日、退院された患者さんのお孫さんから、素敵なお手紙を戴きました。

お孫さんの願いがかなって良かった。

私も力を貰いました。ありがとう!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

病院の実力 2016年治療実績

2017-06-13 16:59:18 | Weblog

個人病院ではなかなか健闘している様です。

低侵襲手術の割合も高いことが分かりますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月25日(10:00-11:30)に日置市吹上中央公民館にて、市民公開講座を開催します。

2017-06-10 07:57:57 | Weblog

6月25日(10:00-11:30)に日置市吹上中央公民館にて、わきだ整形外科主催の市民公開講座を開催します。
どなたでも参加可能な市民公開講座です。
理事長 楊 昌樹より「腰痛とかしのしびれ・痛みについて」の講演を行います。
また、理学療法士 鶴田大介、幸良幸栄より「ロコモティブシンドロームとその対策について」の講演を行います。
終了後にはその他の、疾患やお悩みに対してもご相談も受け付けます。
腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアでお悩みの方は是非、ご来場ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

感謝状を戴きました。

2016-11-16 18:44:48 | Weblog

先日、退院された患者さんから、感謝状を戴きました。

包装紙に書かれた感謝状は、私達にとってこれ以上の宝物は無いと思える物でした。

これからも、頑張ります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

iPhone6 のバッテリー交換してみました。

2016-10-05 14:02:39 | Weblog

iPhone7を注文してますが、ジェットブラックはまだまだ来そうにありません。

そんな中、iPhone6の液晶が持ち上がってきました。

バッテリーが膨張しているようです。(>_<)

自分で交換すれば、1850円で治せそう。やってみました。20分ぐらいの作業でした。

交換するバッテリーはアマゾンで仕入れました。

手順はこちら

写真撮るの忘れた。ヽ(´o`;

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JAHMC 2016年9月号に掲載されました。

2016-09-13 19:33:45 | Weblog

JAHMCは日本医業経営コンサルタント協会の機関誌です。

この度、当院についての記事を掲載して頂きました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サンデー毎日に掲載されました。

2016-08-23 17:53:49 | Weblog

 

ご報告が遅くなりましたが、サンデー毎日(2016年5月8・15日合併号)に掲載されました。

当院の特徴を詳しく、掲載していただきました。

当院ご来院の際は、一読していただければ、幸いです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

AEDの講習会

2016-03-11 17:05:34 | Weblog

昨日はフクダ電子さんに協力を頂いて、自動体外式除細動器(AED)の講習会を行いました。

以前にも行ったのですが、その後に入職された職員も多く、今回は職員から、緊急時のために勉強したいという声が上がりました。(^3^)/

使う場面がない方がもちろん良いのですが、備えあれば憂いなしですね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

内視鏡の映像をデジタルでとっても安価に保存出来ますよ。

2015-12-24 19:11:04 | Weblog

わきだ整形外科では、脊椎内視鏡手術膝関節鏡手術、肩関節鏡手術、鏡視下手根管開放術など、多くの内視鏡を使用した手術が行われています。

これらは、ブルーレイレコーダーで保存しようとすると、S端子で保存するしかなく、内視鏡の機械がハイビジョン対応であるのに、とほほな画質でしか保存できませんでした。

専用のレコーダーは、数百万とかいう噂です。(?_?;

内視鏡の機械からは、DVIの出力がありますので、これを利用して保存することを考えました。

探してみると、ありました。なんと、ゲームのプレーを保存するための機械です。

これに、DVI to HDMI変換ケーブルを使って、接続します。

いくつもあるようですが、最終的にたどり着いたのはAVT-C875です。

モニターにはAVT-C875からHDMIで接続します。

SDカードか、パソコンにMP4かMPEG-2で保存できます。

わきだ整形外科の内視鏡はStryker社の1088と1488の二つあります。

1088はSVGAで1280x1024ピクセルです。また、1488は1920x1080ピクセルです。

実は1488にER130を接続して、HDDに直接保存できたのですが、1088のレゾリューションには対応しておらず、AVT-C875を買い直したのです。

AVT-C875が18439円で、SDカードが36GBで2080円しか、かかっていないシステムなのに、使った感想は素晴らしいの一言。

医療関係者はすぐに買うべきと断言します。

ただし、1088のSVGA、1280x1024を記録する場合は直接SDカードに記録すると横長で縦横比が崩れてしまいます。

パソコンに記録すれば、問題なくスクエアな記録が出来ます。

セッティングが分からない場合は、遠慮なくご相談ください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加