鬼門だらけの阪神タイガース。ファン歴40年の作家が、阪神タイガースが負ける訳を人知れず分析して呟くブログ

東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドーム等の鬼門球場や聖地甲子園で繰り返される阪神の負け試合を中心にアーカイブ

安藤、良太へのはなむけ!セカンド・大山が3塁打とホームランで4打点!!

2017-10-10 22:06:55 | スポーツ
上本の寝違えで
ようやく実現した
セカンド・大山!!

この攻撃的布陣を
見たかった。

本当はサードなんだろうけど
鳥谷が嬉しい誤算で
頑張っているから
仕方ない。

岡田元監督だって、
大学時代はサードが
本職だったのに
いつの間にか、
大人の事情で
セカンドが
メインの守備位置になっていた。

長打を打てるセカンドが
いると強い。

今日の大山も、
走者一掃の3塁打に
ホームランと大活躍だった。

最終的には、
打率237、7本、38打点。

6月29日が初スタメンだった
ことを思えば、上々の結果では
なかろうか。

CS、日本シリーズ、
そして来年が楽しみだ。

最後に、
安藤投手、新井良太内野手
お疲れさまでした!!


********************
訳あり物件の見抜き方 (ポプラ新書)/ポプラ社

¥842
Amazon.co.jp
*******************

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゲレーロには是非、讀賣かS... | トップ | 藤浪が好投らしいが・・・。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
安藤優也 (荒川三歩)
2017-10-10 23:11:48
ピッチャーらしいピッチャーと言われていました。
新井良太。
終盤戦に1軍に上がっても安打できなかったので、限界だろうなとは思っていましたが、彼が正式に引退するのを知りませんでした。
成績の割に人気があった、爽やかな選手でした。

引退試合に、中日石川にプロ入り初ホームランを打たれた安藤、プロ初勝利を挙げた石崎、プロ野球15人目の1000四球を達成した鳥谷、規定投球回数に達したメッセンジャーと、過去にない記憶に残るであろう最終戦でした。

試合が終わって、引退セレモニーが終わって、グランド整備が行われている中、六甲おろしを歌っていたファン。
おそらく、整備が終わって照明が消えるまで歌っていたことでしょう。

安藤の、そして阪神ファンの切なる望み、日本一に向かって調整を怠りなきように。
応援は続きます。

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事