鬼門だらけの阪神タイガース。ファン歴40年の作家が、阪神タイガースが負ける訳を人知れず分析して呟くブログ

東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドーム等の鬼門球場や聖地甲子園で繰り返される阪神の負け試合を中心にアーカイブ

置いておくだけで縁起が悪い俊介・・・。

2017-03-07 23:30:30 | スポーツ
本来なら、
たまたまだから
気にせず頑張れと
なるのだろう。


しかしながら、
この男だけは
クソの役にも
立たないというか
いるだけで、
迷惑な存在である。

オープン戦の
守備練習中に、
金本とぶつかって、
右肩を怪我させ
引退に結びついたのは
過去の話だが、

今日の試合でも
俊介の打った
ファウルボールが
ネクストサークルの
上本に当たり
左前腕打撲で
退場である。

そもそも
なんで去年クビに
しなかったのかが
わからない。

外野なんて、
福留、糸井、高山
絶対的なレギュラーがいて、
中谷、板山という
レギュラーで出したい
選手がいる。
伊藤隼太や緒方、
横田だっている。

無駄な選手に
金を払うくらいなら
その金を貯めて
中途半端な外国人でなく、
大物助っ人を
獲ってほしいものである。


*******すべての阪神ファンに*****
訳あり物件の見抜き方 (ポプラ新書)/ポプラ社

¥842
Amazon.co.jp
********************
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« WBC韓国が破れる!で、小... | トップ | なんとなく縁起が悪い選手、... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
俊介は縁起もプレーも悪く無い! (てっぺい)
2017-03-09 01:50:19
いつも楽しくブログを拝見しています。
しかし、今回の俊介選手への評価はいかがなものかと思い投稿しました。
プロ野球の世界で怪我は起こるものです。
どの選手もわざと相手を、ましてやチームメイトを怪我させようとする事はないと思います。
真剣に全力でプレーするからこそ素晴らしい結果が生まれ、反面、紙一重で残念な怪我やエラーになることもあります。
確かに金本監督と接触(マートン説もあったような)や、盗塁失敗で連続出場記録が途絶えた(首脳陣の勘違い?による交代こそ原因だし、いつまでもこだわる記録では無い)り、先日の上本選手へのファール球直撃もありましたが、狙って怪我をさせたり、ファールを当てることが出来るのでしょうか?
反面、昨年の広島戦で俊介選手と中谷選手が接触し、サヨナラ負け、俊介選手自身が登録抹消になった事は記憶に新しいし、その際私も心底俊介選手を心配しました。金本監督は「お見合いエラーより良いが怪我もしたし」と俊介選手、中谷選手を評価し気遣っています。
復帰後のジャイアンツ戦でのサヨナラ犠打もありましたね。俊介選手の攻守にわたる堅実なプレーはタイガースに欠かせない戦力だと思います。
「置いているだけで縁起が悪い」と真剣にプレーした結果を揶揄する事は容認出来ませんし、選手に対して失礼だと思います。タイガースを愛する者として、無気力プレーに異をとなえる事はあったとしても全力で頑張る選手への敬意が欠けた発言は残念です。
福留選手と西岡選手の接触で両選手はタイガースの疫病神になりましたか?
個人に責任や罪を押し付けるのでは無く(あえて言えば責任は首脳陣やフロント、もしかしたらファンもです)、勝っても負けても虎命でタイガースの選手を皆で応援したいと思っています。
長々と思いを綴りました。お互いタイガースを愛する者としてこれからもタイガースをタイガースの選手を応援していきたいですね。 最後に乱筆乱文、失礼もあったと思いますがこれで失礼いたします。これからもブログ楽しみにしますね。
俊介・・・もう少しだけ応援してみようと思わされました! (管理人)
2017-03-10 00:28:16
コメント有難うございました。私も感情的な表現が多かったと反省するところです。
ただ、中谷と交錯したのも俊介だったと改めて思い出してしまいました(笑)。三度も重なると俊介が悪くなくとも・・・いやもうその話はやめましょう。
思えば、彼の一年目のオープン戦は今の糸原のような評価だったような気がします。ドラフト5位ながら、意外と打つし守るし走れると。レギュラーをとるのかとも思いました。私も含めファンの期待も大きかったと思います。そこで起きた金本との衝突事件。高校の先輩後輩であり、仰る通り悪気があってやったことではなく、起きたことは仕方ないのですが、彼の立場からすれば、その後、自分が金本の代役、いやそれ以上の選手に、絶対にならなきゃいけなかったと思います。
むろんそれが簡単なことではないのはわかっています。ですが、それが、自分をかばってくれた金本や、温かく見守ってくれたファンに対する誠意なんだと思います。
しかし、後の7年間はご存知の通りです。打率や本塁打で劣っても、金森のようにデットボールを辞さない訳でもなく、日ハムの中島のようにカットで粘りまくるでもない姿を見て、ふがいなさを感じ続けております。
ただ、私も貴殿の熱いコメントを読んで、もう一年くらい応援してみようかなという気にはなりました。貴殿のようなファンがいて、俊介は幸せだと思います。今年こそ、優勝に貢献してほしいですね!

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL