鬼門だらけの阪神タイガース。ファン歴40年の作家が、阪神タイガースが負ける訳を人知れず分析して呟くブログ

東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドーム等の鬼門球場や聖地甲子園で繰り返される阪神の負け試合を中心にアーカイブ

ブレイク2年目のジンクスぽい二人の2安打で勝った!

2017-05-17 20:26:01 | スポーツ
左のバルデスという
こともあり、高山はベンチスタート。
中谷がレフトに入って
ファーストに原口が入る。

能見とバルデスの
投手戦の中、
均衡を破ったのは、
原口のホームランである。

この一点で勝てるかとも
思ったが、7回表に同点に
追いつかれてしまう。

が、桑原が後続を抑え、
その後迎えた8回裏、
原口が四球で出て
梅野が送り、表の守備から
出場していた高山
綺麗にセンターオーバーの
決勝タイムリー。

打で活躍したのは、
きしくも去年ブレイクして
今年イマイチだった二人であった。

昨日の中谷と糸原といい、
今日の原口、高山といい、
日替わりで若手が活躍するのは、
強い証だろう。


中日の最後のバッター
高橋周平が、ワンバウンドに
クルッとバット回り、
更にインコース
高めのストレートにも
つられて三振するのを観ると
対比で、阪神は
若手がしっかり育っているなあと
改めて思う次第である。

恐らくドン底のチーム状態の中日。
第三戦も負ける訳にはいかない!
********************
幻冬舎 GOLD ONLINEで連載が始まりました。
http://gentosha-go.com/articles/-/9445

訳あり物件の見抜き方 (ポプラ新書)/ポプラ社

¥842
Amazon.co.jp
********************
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中谷だ、糸原だ、そして秋山... | トップ | なぜ明日でなく今日、福留を... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL