鬼門だらけの阪神タイガース。ファン歴40年の作家が、阪神タイガースが負ける訳を人知れず分析して呟くブログ

東京ドーム、神宮球場、横浜スタジアム、名古屋ドーム等の鬼門球場や聖地甲子園で繰り返される阪神の負け試合を中心にアーカイブ

藤浪のキャッチャー別勝敗履歴から見る、ベテランキャッチャーの必要性。

2017-10-21 09:14:52 | スポーツ
藤浪のキャッチャー別の勝敗を見ると
明らかになることがある。
リードに定評があった鶴岡と
相性が良かったということ。
19勝6敗。
結局、鶴岡ありきの才能開花だったのではないか。

<2013年>10勝6敗
藤井8勝5敗
清水2勝1敗

<2014年>11勝8敗
藤井0勝2敗
鶴岡6勝1敗
清水1勝0敗
梅野4勝5敗

<2015年>14勝7敗
梅野1勝4敗
鶴岡13勝3敗

<2016年>7勝11敗
梅野4勝3敗
原口2勝3敗
坂本1勝2敗
岡崎0勝1敗
鶴岡0勝2敗

<2017年>3勝5敗
梅野3勝4敗
坂本0勝1敗

超変革の煽りと年齢的な衰えで
2016年は最後の方でちょっと組んだだけだったが、
(2敗のうち1試合は味方が点を取れなかった)
それまでは、圧倒的な好相性。

球種の少ない
暴れ馬をどう調教するかは
キャッチャーの経験に
よるのではなかろうか。

古田、伊東、谷繁みたいな常勝キャッチャーが
理想というが、滅多に出てこないから
いまだに輝いているのである。

梅野や坂本にそのクラスになれと
求める方が可哀想だろう。
バッテリーコーチにノムさんでも
つければ、少しは近づくかもしれないが・・・。

であれば、今流行の
キャッチャー複数制で良いだろう。

外国人ピッチャーには梅野、
藤浪など癖(ムラ)のある若手の為に、
FAで経験豊富なキャッチャーとって当てるのが
勝つ確率が高くなる方策に違いない。

FAでの獲得において、
キャッチャーは経験も金で買えるので、
一番お買い得な気がする。

バッテリーコーチに野村元監督を招へいするか、
ベテランキャッチャーをFAで獲得するか
今季くすぶった先発投手の勝ち星の
上積みがはっきり見込める刺激が欲しいところ。
無策やマイナーチェンジはやめてほしい。

********************
訳あり物件の見抜き方 (ポプラ新書)/ポプラ社

¥842
Amazon.co.jp
*******************
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加