蒼い空の下で

文系男子の何気ない1日を記します。

実家で過ごした1日

2016-10-16 22:03:26 | 日々
朝はボーイズの試合を観戦。
途中までしか見ませんでしたが、いい投手戦でした。

その後、球場をあとにして実家へ帰宅。
今日は実家の祭礼でした。
小さな地区の小さなお祭りですが
ここが私の生まれ育った場所。
落ち着く場所です。

実家へ戻るとたくさんのご馳走が用意されており
妹夫婦や甥っ子達と賑やかなお昼を過ごしました。

境内に入ると、幼馴染達とも顔を合わせました。
忙しかったので中々帰れていません。

実家を離れた者ならば
大なり小なり心苦しさはあります。
なかなか帰れない状況にあった者なら尚更です。

御年40歳。
この歳になってもガキ扱いです。
地区のおっさん連中からは
「マサ」と呼ばれ、この日もたくさんのお神酒をいただきました。

そして、このマサの息子たちが野球を習っている事も
知ってくれていました。

海には魚釣り客がたくさんいたので
冷やかし感覚でのぞきに行きました。
この時季はイカ釣りを目的に来られます。
この様子を見て、久し振りに釣りでも始めようかと思いました。

この日は穏やかな心にさせてもらいました。
また明日からはいつも通りの生活へ。
気持ち新たに頑張ります。


               おわり
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 疲れが残った1日 | トップ | 今日も早く寝ます »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。