わかめペプチド粒タイプからスタート

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【解説】保険:

2017-06-28 12:03:50 | 日記
【解説】保険:突然発生する事故により生じた財産上の損失を最小限にするために、賛同する複数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、集めた積立金によって保険事故が発生した際に規定の保険金を給付する制度なのだ。
【解説】株式とは、債権ではなく出資証券(有価証券)なので、出資を受けても法律的に企業は株式を手に入れた者について返済に関する義務は負わないとされています。合わせて、株式は売却によってのみ換金するものである。
普通、自社株を公開している上場企業の場合は、事業運営の上で、資金調達が必要なので、株式だけではなく、さらに社債も発行するもの。株式と社債の一番大きな違いは、返済義務があるかないかである。
最近増えてきた、スウィーブサービスとは何か?普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券取引のための口座間なら、株式等の購入・売却代金などが両口座で自動的に振替えられるぜひ利用したいサービスである。同じ金融グループによる優良顧客を囲い込むための作戦ということ。
きちんと知っておきたい用語。ペイオフっていうのは、不幸にもおきた金融機関の経営の破綻をしたことに伴い、預金保険法の規定によって保護対象とされている個人や法人等の預金者の預金債権(預金保険法の用語)につき、預金保険機構が法に基づく給付として預金者に直接支払を行う事である。
平成10年12月、総理府(省庁再編後に内閣府)の外局として大臣を組織のトップである委員長にする機関である金融再生委員会が設置され、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督を所管)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に3年弱配されたことが多い。
タンス預金⇒物価上昇(つまりインフレ)の局面では、その上昇分相対的に価値が下がることになる。いますぐ暮らしになくてもよいお金なら、安全ならわずかでも金利が付く商品で管理した方がよいだろう。
知らないわけにはいかない、ペイオフって何?防ぎきれなかった金融機関の経営破綻が原因の破産をしたことによって、預金保険法により保護しなければならない預金者(法人・団体も含む)の預金債権(預金保険法の用語)に対して、預金保険機構が預金保険金の給付として預金者に直接支払を行う事を指します。
金融商品取引業協会の一つ、日本証券業協会とは?⇒協会員である国内にあるすべての証券会社および登録金融機関の行う有価証券(株券や債券など)の売買等に関する取引業務を公正に加えて円滑にし、金融商品取引業界全体の堅実なさらなる発展を図り、投資者の保護を目的としている協会です。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、当時の総理府の外局として委員長は国務大臣と決められた新しい組織である金融再生委員会を設置し、金融監督庁(のちに金融庁)は2001年の金融再生委員会廃止まで、その管理下に2年以上も据えられていたわけです。
日本橋に本部を置く日本証券業協会の解説。協会員(国内にあるすべての証券会社および登録金融機関)の行う株券などの有価証券に関する売買の際の取引を公正で円滑なものとし、金融商品取引業の調和のとれたさらなる進歩を図り、投資者を保護することを協会の目的としている。
紹介しよう「銀行の運営の行く末は信用によって発展するか、そうでなければ融資するほど価値がない銀行だと評価されたことでうまくいかなくなるかの二つしかない」(モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)の言葉から
であるから「金融仲介機能」「信用創造機能」さらに「決済機能」の3つの大きな機能のことを銀行の3大機能と言われる。この機能は「預金」「融資(貸付)」「為替」という銀行の本業、最も重要なその銀行の持つ信用力によってこそ実現できているものだといえる。
知ってますか?外貨両替とは何か?たとえば海外旅行、手元に外貨が必要な人が活用するのだ。最近は円に対して不安を感じているのか、外貨を現金で保有する場合も増えている。気をつけなければならないのが、為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なる点である。
ですから安定的であるだけではなくバイタリティーにあふれた金融に関するシステムを誕生させるためには、民間金融機関や金融グループと行政(国)がそれぞれが持つ問題を積極的に解決しなければならないと言える。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | その銀行の »

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。