TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

クレマチスの丘

2011-05-31 | kanon

      

あと2ヶ月で2歳になる夏音(かのん)、おすべりも一人でスルスル~ってできるし
コトバもたくさん覚えてきて、ときにびっくりさせられたりも・・・
かわいく「にゃぁにゃぁ」と言ってたのが、「ネコ」とフツーに言われて、ちょっぴり悲しかったりもして、、(笑)
吸い取り紙のように、いろんなことどんどん吸収していくこれから、
ココロにカラダに、できるかぎりイイ影響をあたえていきたいデス。。

 

若葉に降りそそぐ5月の陽光、野山の緑が一段と美しい季節、
小さな子でも歩ける森はないかと探したら、ありました  ソレ、レッツゴー
 

  

ビュフェこども美術館へは、木洩れ日の森をぬけて、ゆらゆら吊り橋を渡って、どんどん行くよ~

 

吊り橋の下は、ヒメジョオンや黄色いオオジシバリがいっぱい咲いている原っぱ

 

   

お花を摘んで、帽子につけてみたわ。 どう、 似合う?

 

    

ワクワク楽しい森の道、小鳥さんもきれいな声で歌ってる~

 

 あ!ヘビイチゴ見っけ~

 

タンポポの綿毛飛ばすよ~ ふうっ~ 
かのんてば、口にくっつけすぎだってば(-^〇^-)

 

      

黒いちょうちょさんはダイミョウセセリの関東型。後ろ翅にも白斑があるのは関西型。
かのんが背中に触れたとたん、飛んでっちゃった~

 

 

 森の奥にあるベルナール・ビュフェ美術館

フランスの画家ベルナール・ビュフェの作品が見られるとともに、子どもたちが遊びをとおしてアートに
親しめるような企画やワークショップが用意されているんです。
かのんも、もうすこし大きくなったらワークショップ体験するんだ~
 

   

美術館のお隣にあるレストランカフェ・ジオノ
テーブルに着くなり、クレヨンと紙を持ってきてくれたお店の粋なサービス。
店名のジオノは、
私も大好きな本「木を植えた男」の著者ジャン・ジオノにちなんでいる。
名前をいただいたというだけあって、店内には木をはじめ植物に関する本や絵本がいっぱい。
 
木が、森が、この地球に生きるすべての生命にどれだけ深く関わり、大きな恵みをもたらしているか、
かのんと森を歩きながらそんな話ができるようになるのはいつかな?

 

食事のあとは、森の向こう側にあるクレマチスガーデン 

 

    

美しい色彩のモザイクタイルの壁を通り過ぎてガーデンへ。

 

木立に植え込まれたクレマチスと季節の花ばな、ヴァンジ彫刻庭園美術館

 

       

蔓性植物の女王といわれるクレマチス(和名は鉄仙)は、キンポウゲ科センニンソウ属で、
山で見かけるセンニンソウや
ミヤマハンショウヅルの仲間。 大きさや形は違うけど、
どことなく雰囲気が似ていなくもない。

 

     

 

   

緑・花・彫刻が一体化して、すべてがアートのガーデン。

 

屋外に展示されている愉快な作品

    

ガラスの壁の向こうでこっちを見ている人。 ガラスに押し付けた鼻・唇・顎がつぶれているなど
芸が細かい。 そういえば子どもの頃にやった記憶が、、、(笑)

 

 何のためか?身を乗り出している人。 

 

建物の中に入ってみると、 

 

  大きな窓から見える反対側の庭

 

 

    

館内に展示されているヴァンジの作品。どこか親しみが感じられるものが多くて興味深い。

 

 

2階から入って1階の展示を見て、入り口の反対側にあるガーデンに出る、順路はそうなっていて、
館内を出ると緑の芝生が広がる丘、その周囲を彩るクレマチスと季節の花々。

 

    

幹の根元や筒状のポールに絡ませたクレマチス、そのクレマチスを囲む下草の花々がまたかわいい
ミヤコワスレ、カモミール、

 

         

ブルーの花は何だろう? ウツギの中に散らしたワスレナグサなど、さりげない感じの花が

 

クレマチスとよくあっていてバランスがいいんですね。。  
エレガントな庭園づくりを目指してオープンしたガーデンというだけに
花の色・種類にもこだわりが感じられます。
白花をベースに、全体的に淡いトーンの花で占められているガーデンは、周囲の緑とあいまって
エレガントで落ち着いた雰囲気がステキです。

 


手入れの行き届いた芝生も自由に歩けて、かのんは大はしゃぎ

 

お花と緑いっぱい、ワタシもゴキゲンな一日を過ごせたよ

 

         

 

 

          

卯の花の匂う垣根に~ 卯月の花ウツギが囲むベンチ、「夏は来ぬ」でうたわれる白い花
ウツギが咲くと初夏ですね~  クレマチスの丘では、いまバラが咲いてきれいなことでしょう。
また行ってみたいな~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 杓子山~鹿留山 | トップ | 篭山~駒ヶ岳(赤城山) »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵~♪ (miki)
2011-06-15 11:30:43
かのんちゃんが絵本の主人公になっているような、とてもほのぼのとした日記ですね。
一枚目、かのんちゃんの後ろ姿の写真からひきつけられちゃいました(@_@)
さすがwakangaさんです^^
お花も穏やかなパステルトーンに溢れていてその中でかのんちゃんが輝いていて、夢のようです喜びが伝わってくるようです。

かのんちゃん、もうすぐ2歳なのね。スポンジのように吸収するお年頃。
野や山に、緑あふれる自然の中へと飛び出して、いっぱい吸収できますね。
ウツギのベンチでの3人のお姫様、ナイスショット♪
生活を楽しむって素敵です!
まさに自然体 (wakanga)
2011-06-16 00:08:17
mikiさん、
いつもハートフルなコメントをありがとう

ちょっとまえまでネンネのあかちゃんだったのが、ひとりでどんどん歩いたり、お話もできるようになって、子どもの成長ってゆっくりなようではやいです。

クレマチスの丘、かのんがとっても喜んだだけじゃなく、私たちもとても気に入りました。
アートと自然が違和感なく融合していて、ゆったりした気分になれるところでした。

小さな石ころにも、一本の草にも、目を輝かせて見つめるかのんの表情に癒されます。この時期の子どもは、自然そのものなんですね~
2歳 (ひばり)
2011-06-18 21:03:51
かのんちゃん、もうすぐ2歳ですか。。

かのんちゃんがやってきたことを初めて聞いた日のこと、生まれたことを聞いた日のこと、初めてごあいさつできた日のこと、
色々思い出して、ひとりしみじみしてしまいました

すくすく元気に育っている様子、いい顔した親子3代、なんだかすごく幸せな気分になりました

ここはとても綺麗な庭ですね。子供も大人も楽しそうです
私も母親を連れて行ってみたいな~
子犬のような2歳 (wakanga)
2011-06-18 23:44:44
ひばりさん

ありがとうございます
ひばりさん、お忙しいでしょうけど、いつか時間のあるときに、かのんを見にきてくださいね。
だいぶお話もできるようになりましたから。

クレマチスの丘、ご実家の県内ですからそう遠くないですよね?
イタリアンのレストランもあるので、お母様とぜひ~
緑の中でゆっくり寛げていいですよ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。