TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

梅雨空の三国山

2013-06-18 | 写真日記

梅雨の晴れ間もひと段落みたいで、週間予報もマークが並ぶようになってきた。
この週末を逃すとしばらく晴れ間はなさそうと、土曜日ながら山へ向かう。

月夜野ICからR17に入ってしばらくすると小雨が降りだしてきた。でも空はそれほど暗くない。
晴れていればオープンドライブが気持ちいい道なのに、、、と思いながら走っていると、
ややっ、何台ものクラシックカーが対向車線をかっ飛ばしてくるのにすれ違う。
アルファ、ポルシェ、トライアンフ、ロータスエランなどオープンカーが多く、揃いの帽子で
キメてる初老のカップルさんてば、モーガンがよく似合ってる´3`)ピュ~。
あいにくのお天気がなんとも気の毒。それにしてもどのクルマも個性的でチャーミング、
いまのクルマにはないクルマらしさがあるなぁ~

登山口の三国トンネルに着くまで 
車列は続いて道中楽しませてもらえた。 トンネル入り口を右に入ったところが登山口。

 登山口となる三国トンネルの
両側に駐車スペースがあって(帰りに撮った画像なので晴れている)、群馬側は降雪時の
作業スペースなので雪のないときは利用可能みたい。さらにもう少し手前の道路左側に
トイレのある駐車場がある。橋を渡って右側、トンネル手前が登山口。
ビュンビュン走ってくるクルマを避けながら橋を渡らねばで、ぼんやりしてると轢かれそうで怖い。
新潟側に駐車した方がいいのかも、、。

 

傘をひろげて歩きだしたものの、樹林の中では濡れるほどの雨ではないので傘をしまう。

 

小雨降る空にしては森は明るく、葉は露をまとってみずみずしく輝いている。
足元にはニョイスミレ、チゴユリにムラサキゴケが盛りで、白いサギゴケも
一部でかたまって咲いている。

 

霧がたちこめては消えていき、光が射しこむたびに木に咲く白い花が浮かびあがる。
たくさんの花をつけた大木のトチノキをはじめ、

 

さくらと名がつくも、ブラシみたいな 
(雄しべが長く目立つ)花の形がおもしろく、すぐに名前を覚えたウワミズザクラ。

 樹高10~20mと見上げる高さなので、近づいて
花を見たことはなかったけど、ここでは「見て~」とばかりに登山道にせり出して咲いていた。

 

登山道わきで盛んに咲いている 
白い花はサワフタギかな? しっとり雨に煙る樹林帯、緑鮮やかな木々に白い花たちが映える。

 

  

新潟側登山口からの道と合流する三国峠に着くと、雨はやんでガスガス。
ここから登山道は階段になってつづく。まだつぼみが多いヤマツツジ。

 

   

階段を上っていく途中で見かけたウラジロヨウラクもほとんどがつぼみ。

 

  

鮮やかオレンジ色のレンゲツツジも花本番はこれから、。そこかしこで見るミヤマニガイチゴ、
フモトスミレの咲き残りもちらほら。

 

そろそろ山頂が近いのだろか、傾斜が増してきた。 
階段も急になって、おまけにやたら風が強い。帽子を飛ばされないように手で押さえ、
上体を丸めて階段を上る。雨が降ってなくてよかった~
いったいどこまで続くの(*´Д`)=3ハァ・・・ 先っぽは真っ白なガスの中へどこまでもつづく階段、
なんだか天国への階段を上ってる気分、、。

 

 いいかげんいやになって立ち止まったとき
ガスの切れ目から薄紫色がのぞいた。もしかして☆゜ ゜( ∀ )!? シラネアオイ
1科1属1種という特殊植物で起源は古く、中部地方以北の日本海側と北海道だけに
自生する日本固有種ということだ。

 

近寄ってみると、地面に花びらがいくつか落ちているものの、まだきれいな花もある。
シラネアオイと対面するのは朝日連峰以来しばらくぶり、そのときも今日のような天気の
ガスにつつまれた稜線でひょっこり出会い、うれしかったことを覚えてる。

あれっ?花の上にのっかてるコレはなんだろ?? 
よく見るとこっちも小さいけれど花がついていて黄色いシベが見える。
シラネアオイ親子バージョン???

 

 三国山頂(1636m)
樹林に囲まれ展望なし。サビサビの「幸福の鐘」平成12年設置がある。
雨はすっかり上がったけど、空はあいかわらず雲が多い。
山頂までゆっくり歩いて2時間かからないで来たので、もうすこし先まで行って
みることにする。

 

山頂から少し戻ったところで雲が流れて視界がひろがった。

 

三国山から平漂へつづく稜線はムラサキヤシオが花盛り

 

よく目立つ濃い赤紫色の花弁 
ミヤマツツジとも呼ばれる。

 華やかな色だけど、そこは山の花、
周囲の緑によくマッチして、右に左に咲いて山道を明るく彩る。

 

足元で群れ咲くアカモノ 
背丈は低いがツツジ科シラタマノキ属の木の花で、別名イワハゼ。夏にできる赤い実は甘いとな。。

 

  

マイヅルソウとエチゴキジムシロはあちこちいっぱい

 

地味で目立たないけど、初々しさがなんともいえないナンゴクミネカエデの花。

 

この何ていうの 
花の下の方にある葉っぱのウブな色合い、、おしゃれだわ~。。

 

雨上がりに見るコヨウラクツツジの花はとてもチャーミング。
小指の先にも満たない小さな壺型の花に、雨の雫をキラッと光らせ存在アピール

 

 

  

パステルピンクのイワカガミはちょうど見頃。

 

 

 いないいないばぁっ、、、
そんなかんじで登場したナエバキスミレかわいこちゃん

 

花びらは黄色いちょうちょみたい。。

 

 

さ~て、雲がかかるあそこまで行こうかどうしようか、、、

 

もしかしたら晴れるかも、、、けど午後には雨の予報が気にかかる、、、
あーだこーだと考えたあげく、時間に追われながら歩くのもいやだし、
予定通りここまでにして引き返すことにした。帰り道もゆっくりお花見られるし。。


 

もう終わっちゃったのね、 
来るときそう思ったアズマシャクナゲが上の方だけ咲いている~

 

半透明の花びらにピンクのグラデーションが美しく、ゴージャスな雰囲気をもつシャクナゲ。
ちょうどいまごろ、甲武信ヶ岳あたりの尾根筋が花の盛りじゃないかしら、、。

 

しか~し、このあと天気はどんどん回復。。

 青空がひろがってきて~

 

来るとき真っ白だった景色もくっきり~

 

三国峠まで下って三国山を眺める。風に煽られ、ガスにつつまれながら登った山頂直下の
階段が見える。 いまのように晴れていれば、さぞかし眺めがよかったのに、。
やっぱ、晴れ女の自分を信じて大源太山まで行くべきだったか、、、うぅ、、と未練たらたら。。
けど~、梅雨空の三国山はお花いっぱいで楽しめた。また来るね~~

 

下山時に仙ノ倉までピストンしてきた快足男子(すっごい速さ)にお会いして、下る道々いろいろ
花情報をおしえていただいた。まだ見ぬ山の花との出会いが、この先とても楽しみ

 

 

帰り道、猿ヶ京温泉へ 
ぬるい湯と熱めの湯が交互に並ぶ露天風呂。湯船は広くて清潔だった。
3時間¥650也。 野菜の天ぷらが添えられた天ぷら蕎麦はおすすめ。

すっかり雲がとれて青空になると、蒸し暑さも一入。
このへんの山、晴天時は暑さが厳しく、まぁ今日くらいの天気がベストだったかも。
カーラジオをつけて交通情報を聴くと、東名、中央、関越と、高速はどこも事故渋滞。
関越道は夜に一部が事故見聞のため通行止めになると伝えてた。あやうくセーフ。
予定通りにもどって正解だった。平日に比べ休日は事故が多い気がするし、自己中
ドライバーにヒヤッとさせられることもしばしば。気をつけなくっちゃ、。

天候も回復、わずかな距離ながら、雪深い山の花々に出会えたよき一日だった。

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶏冠山(けいかんざん) | トップ | 紫陽花 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わっ!珍しく土曜日の出動でーー( ゜▽゜)/ (ピカリ☆)
2013-06-18 22:35:49
やっぱりこの時季は、毎日梅雨空とニラメッコですよね^^

それで今回は、何よりお天気崩れにくそうな日を優先で~(笑)
この際土曜日でも、思いきって繰り出しましたね~~(^◇^)

前半~ガスに包まれた稜線で、ぼや~っとシラネアオイの花が目に入ってきた時のお気持ち♪ イッキにルンルンでテンション上がったwakangaさんのご様子目に浮かぶなぁ~~(^○^)/

シラネアオイもナエバキスミレも僕はもうずいぶん観てないなぁ。。。(^_^;)
まずは20~30代に例のイワナ釣りで^^ 野反湖周辺の渓流を探り歩いた折に、こんなキレイor カワイイ花が自然に咲いてるんだー!って驚き知ったわけで~(*^。^*)
そんなことを再三繰り返して以来、イワナも山のお花も~なにより天然や自生の尊さを実感し、いっそう重んじる心持ちとなっていったように思います(^v^)

ナンゴクミネカエデの花や実は、気づくとなかなかユニークで面白いですよね♪
去年、八ヶ岳の麦草峠周辺にも自生してたので夢中で写しました~o(^^o)(o^^)o

ふふふ、それにしても後半~予想以上に晴れ上がり、多少の未練も残ったようだけど・・(笑)
いろいろと配分考えた上、危なげなくテキトーな所で戻られる判断力流石です~ !(^^)^^)!

やっぱ、ヘージツがベスト、、 (wakanga)
2013-06-20 12:16:18
はーい、ピカリ☆さん、雨の季節突入、たまの晴れ間は洗濯物もやっつけにゃぁならずで、山へくりだすタイミングが難しい梅雨で~す。

ホント、この日も道路状況考え、どうしようかと気乗りイマイチで出かけましたら、瀬田交差点ではやくも事故っててピーポー到着したところでした。高速で事故渋滞に巻き込まれるのはいつも決まって土日祭日、そうでなくても混雑しますからね~
まっそれで、短時間で登れて花も期待できそうなお山を選んでみました(^_^.)

シラネアオイは5月に赤城自然園でど~っさり咲いているのを見たけど、やっぱ自生の花にはかなわない。ヤマシャクもそう。そりゃそうですよね~花自らが選んだ地に咲く姿は、そこへ赴いた者との限りある出会いであるばかりでなく、背景もまったく違うものね~

渓流釣りで出会った花々は、年数を経たいまでも鮮烈な記憶となって残っていて~そうした花々との出会いと自然への思いが熟成されていまにいたるピカリ☆さんの経緯、ステキですね(^_-)-☆
天候ばかりじゃなく、いまにも崩れそうな崖っぷちだったり、山に咲く花の環境は思いのほか厳しくて、それでも何事もなかったように美しく咲く山の花。そんなところがぐっときちゃうとともに、こころのよりどころとして普遍である花の魅力に、これから気づく人たちのためにも、私たちは大事に大事に見守っていきたいですね。

ナンゴクミネカエデの初々しさにやられました~(*^。^*)
ピカリ☆さんが激写したというのも、わかるわかる!
自然が垣間見せる手仕事の繊細さ、つくりやその美しさはほんとうに見事。
山に行くたび、自然は何かしらサプライズギフトを用意してくれているから、いっつもわくわくドキドキさせてもらって楽しんでいます。
盛り沢山のお花。お花。 (miki)
2013-06-21 22:09:18
いいなぁ(*^^*)標高低い所では微妙に時期がずれて咲くお花も山深い場所ではいっぺんに見られたりするんですねー。

ムラサキヤシオと三つ葉つつじの見分けがつかなかった私ですが、wakangaさんのこのお写真で分かりやしたー。ムラサキヤシオは赤紫で色が濃いですね。とっても魅力的。

シラネアオイ、憧れのお花です。以前は奥白根山に沢山自生していてそれにちなんで名づけられたそうですが、今は鹿の食害になって見られなくなってしまったんだそうですね(泣)
でも鹿さんの生息地に入り込んで奪ってきたのは私達人間なんですよね。
カエデのお花って去年、初めて見てへええと思いましたが、カエデの可憐なお花とサーモンピンクのプロペラが新鮮ですね☆
この日はお花に沢山出会えて良かったですね(^0^)p私もあやかりたーい!(笑)
山って、、、 (wakanga)
2013-06-24 10:10:57
お花の好きなmikiさんにおすすめ~手軽に登れるわりには花の種類が豊富です。
谷川連峰は標高2000mに満たない山が多いのに、雪深いだけに山の雰囲気も独特ですね~ 今回お初の三国山はそのなかでも登りやすく、なかなかよかったです。谷川岳はロープウェイがあるけど、6月は登山道に残雪があって、お気楽には行けなかったことがありこちらを選んでみました。
シラネアオイはぎりぎりセーフで見れました。鹿の食害はあちこちで問題になってて、全滅したお花畑も数多く、解決策が難しい課題ですね。もとはといえば人間が原因で自然界のバランスが崩れ、増えすぎた鹿の食害に悩むことになって、、、手っ取り早い方法としては食肉にして数をコントロールするしかないのかも。けど、それも猟師の老齢化などうまくいかないそうですよ。都市部においては問題点も次々解決していくけど、山は昔のまま放っておかれてる部分が多くて、それこそ問題が山積み、、、この先どうなっちゃうのって、すごく思うことがいっぱいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。