TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

ミツマタ満開の大出山(ミツバ岳)~権現山/西丹沢

2011-04-09 | 写真日記

彼岸を過ぎても、一向に春らしい暖かさにならない今年、
暖冬に慣れてしまったのか、この時期にしては寒いと感じるのは私だけか?
それでもようやくソメイヨシノが開花し、春らしさが増してきた4月初旬、
気になるのは山の春で、山も今年は花が遅れている。

一昨年、湯船山でお会いしたかたから、是非にと勧められた山がある。
山頂のミツマタ群落が見事で、地図には記されていないが人気の山だ。
昨年は行きそびれてしまったので、今年は何がなんでも登ろうと思った。

西丹沢・世附(よづく)の大出山(おおだやま)は、「ミツバ岳」と地図にも記載されているが、正しくは大出山で、ミツバ岳と誤った名で呼ばれ、それが定着してしまっているそうだ。
私も大出山という本当の山名は知らずにいたのが、
神奈川県松田警察署山岳救助隊のサイトを見て、ミツバ岳は誤称で正しくは大出山というのを知った。
ミツマタ咲く花の時期には多くのハイカーが訪れる山だが、登山コースは地図にないいわばヴァリエーションルートの一つで、径路不明瞭による道迷いが多い。

 

  

西丹沢に向かうR246では、快晴の空に富士山がくっきり
丹沢湖沿いにある世附(よづく)駐車場にクルマを止め、登山口の滝壺橋へ。

  橋の横にはミツバ岳と記された道標があり、

ここを登っていくとすぐに急斜面の山道となった。
先日この付近で滑落事故があったそうだが、なるほど道は急傾斜で滑りやすい。
下りには使いたくない道だと思った。

 

  

しばらくは杉林の中をただひたすら登る。
途中からポツポツとまんまるな花をつけたミツマタが出迎え、励ましてくれた。
山頂までは手製の道標があり、明瞭な踏み跡もあるので不安はない。

 

 

杉林が途切れると、気持ちのいい自然林となる。
盛んに鳥たちの囀りが聴こえ、そのたび梢に目をやるのだけど、ちっとも見つからない。
天気予報は全国的に晴れ最高気温15℃と絶好の山日和なり。

 

道がなだらかになってくると、本日のお目当てミツマタがお出まし~
降雪が多く寒い日が続いた今年は、開花が一週間ほど遅れた。

 

 

陽当りのいい山頂付近はミツマタの黄色い花で溢れ、春らしいウキウキする明るさだ。

 

ミツマタ(三椏)は和紙の原料として知られる落葉低木で、ジンチョウゲ科の植物。
枝の先が三叉に分かれるところから名前がつけられ、山の斜面を利用して栽培が行われていたそうだ。
その昔、ここ三保ダム周辺でも昭和20年頃まで、地域産業
の一部としてミツマタ栽培が行われ、
紙幣原料として小田原印刷局へ出荷されていた。 大出山の見事なミツマタも、その昔山の持ち主が
植栽したものが、今となっては利用されなくなり、その代わり私たちの目を楽しませてくれる山の花となった。

よく手入れされた杉林といい、美しいミツマタの群落といい、個人の山であるかぎり、
そのご好意によって登らせていただく私たちは、地権者の迷惑とならないように気をつけなくてはね。


平らな山頂の片側が開けた一角からは、綺麗な富士山がくっきり見えて、もうもうう、うれし~いっ!!!
登山口から山頂まで、ゆっくりペースで1時間30分。速い人なら1時間でくるだろう。

 

       

富士に向かって三脚を立てているおじさんお二人と写真のことあれこれ話し、
この位置で、この構図で撮ってみてといわれて写した↑一枚。
上下をミツマタの花に囲まれた富士山、空の青とミツマタの黄色、富士の嶺を覆う白、
三色に彩られた春らしい景色が望める。

 

平なのでどこが山頂かなと探したら、このミツマタの枝にミツバ岳(834m)と書かれた板があった。
春の陽射しに花いっぱいの山頂は去りがたく、1時間もいたのにもっといたいくらい。
けど、ここから先はお気楽には行けないので出発。

 

                         

 

大出山から権現山まで、地形図を見ると途中まではなだらかな尾根を40mほど下り、山頂へ
約30mのぼり返す。 前後に誰もいない静けさに包まれた山道を行く。

途中の自然林と杉林が混ざったところにもミツマタの群落があった。
けどここは日陰なので、花はどれも蕾だった。 開花すれば見事な眺めとなるだろう一角だ。

 

  

だらだらと続く登りがしんどくなってきたころ、山頂らしき雰囲気のところへ出た。
権現山々頂はベンチのすこし先で、山頂にはベンチがないのでここへ戻って休む。
大出山からここまで約1時間。

 

  権現山々頂(1,018m) 

西丹沢には「権現山」と名の付く山が三つあり、いずれも古くから山岳信仰の対象とされてきた。
ここ世附の権現山は「本権現山」といい、畦ヶ丸の右に位置するのを「前権現山」、大室山を
「奥権現山」と称し、大室山々頂にあった大室生神社から南へ順に本祠
が移されたことによるそうだ。

 

  山頂は木立に囲まれ展望はない。

木の間越しに見える富士山、そして道迷いを警告する立て札。
山頂からの経路は、二本杉峠を経由して中川へ下るのと、また反対方向の丹沢湖へ下る道に
分かれ、立て札は丹沢湖へ下る道に立てられている。
もっと多いかと思った登山者も、きょうは4パーティと少なく、そのなかに女性二人連れが
いらしたので、どちらへ下りるのか話しかけてみると、うれしいことに、一緒に行きましょうと
おっしゃってくださった。 よかった~心強い

ベンチで休んでいた男性二人連れにこれからどちらへと訊くと、二本杉峠から屏風岩山を経由
して中川へ下るとおしゃった。屏風岩山付近にもミツマタの群落があるらしい。
ところが二人は、行き先とは反対方向へ出発したので、二本杉峠は反対側ですよと言うと、
怪訝そうな表情をして立ち止まり、しばらく地図を眺めていた。
山頂から反対方向へ歩きだす間違いは、私も経験あるのでよく確認することにしている。

男性3人のパーティが先行してしばらくしたあと、私たちも出発。
間もなく転げ落ちそうな急斜面が連続する下りとなった。 
歩くたびに舞い上がる土埃、雨後ならさらに滑りやすくなって、気を抜けない危険な山道。
踏跡は明瞭で心配ないだけど、ロープの設置がほしいところ。

  

  

写真を撮る余裕などなかった急斜面、やっとマトモな道になったけど急な下りは変わらない。
そして平になった地点が756Pで、丹沢湖まで1.9kmと道標がある。
この756Pから南に尾根をたどれば、駐車場に近い場所へと下れるのだが、ここは安全パイ、
遠回りでも彼女たちと一緒に永歳橋へ下るルートを選んだ。

 

  

根っこなのか?、幹なのか?、自然がつくるユニークなオブジェ。

 

   

   

ところどころ咲くミツマタを眺めながら下る山道。 黄色い花が青空によく映えて綺麗~

 
        
                                

 
鹿除けの柵に沿って紅い椿が咲く道を下っていくと、661Pと560Pの鞍部があって、
右手方向によく踏まれた道があった。枝に付いた赤いテープがヒラヒラ誘うように風になびいている。

さらに下った先で、権現山で先行した3人の男性パーティに追いついた。
私たちよりだいぶ前に出発したのになぜと思ったら、道に迷って沢に行きあたり引き返したという。

大手山、権現山は、山を管理する仕事道が多くあり、径路不明瞭で迷いこむ危険性が高い。
道迷いによる遭難も多く、死亡事故に至った例もあるので、歩くさいにはよくよく注意が必要だ。
また、急傾斜の道が連続するので滑落にも充分な注意が要る。

 

手入れされていないのか昼でも真っ暗な杉林を過ぎると、丹沢湖が真下に見えてきた。
丹沢湖に架かる永歳橋が見えてくると浅瀬入口バス停が近い。

バス停で同行のお礼を申し上げ、またいつかどこかでお会いしましょうと別れた後、
湖岸沿いを駐車場へと向かう。20分くらいの車道歩きが足にこたえる。
緊張を強いられた下りでの踏んばりで、いまになって足が悲鳴をあげている(笑)
だけど、花盛りのミツマタ、秀麗な富士、陽射しいっぱいの自然林と、いい山だった。
思いがけず同行者もできて、楽しく安全に下山できたことも何よりだった。

地震や原発の影響で気分も沈みがちだけど、そういうときこそ自分なりのいい時間を
もつことも大事だと思う。 
私の場合は、山で過ごすこ時間が、明日への活力へと繋がる。。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の陽炎 | トップ | 咲いた、咲いた、 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (yumeru)
2011-04-20 14:05:39
wakangaさん 久々の山登り 復活で
元気満タン!ですね!(^^)

ミツマタ 私は この花をみると とっても
興味深くて ついつい手にとってバラしたくなります(笑)

皇居の東御苑にも たくさん咲いていましたよ♪

同行者の存在とても 力強かったですね!
木の根っこのアーチもステキ☆

私も 緑の中で 光を感じるのが
なによりの 力の基になります!
足にキビシイ花の山 (wakanga)
2011-04-24 21:46:52
yumeruちゃん

ミツマタは下を向いて咲くので、カメラアングルも真下からとなって、撮影しずらい花ですね。
山を登りながら見上げると、わぁいっぱい咲いてる~と思った花も、花を見下ろす位置になると、あれ?どこに咲いてたっけと思うくらいでした。

ミツマタの花で埋まる、ゆったりした雰囲気の山頂にひきかえ、急斜面の登り下りとではすごいギャップがありました。
花園へ向かうはラクじゃないです(~_~;)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。