TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

高尾/すみれ咲く山路

2012-04-30 | 写真日記

3月末にはハナネコノメやアズマイチゲなど早春の花が咲いていた高尾山、
それから3週間経って、こんどはスミレの花が気になって再び高尾へ出かけてみた。
日影沢からいろはの森を登り、場所を移動して木下沢へ、時間がなくて山は登らなかった
ものの、それでもいろんなスミレに出会えた。

裏高尾の道沿いは桜が満開、民家の庭先も色とりどりの花で賑わい、ようやく春本番。

 

日影沢を歩きだすとまず 
迎えてくれたのがタチツボスミレ

 

  

マルバスミレと、はて?これは何だろう??

 

 タカオスミレ

 

ヒカゲスミレは 
葉が緑か茶色かで見分けるのだそうが、茶色がかった緑の葉もあって分かりづらい。

 

  

ニリンソウに混じって群生していたエイザンスミレ

 

   

沢の両岸にはニリンソウがびっしり。

 

色も形もキュートな 
すみれのプリンセスヒナスミレ

 

      

ピンクの濃いエイザンスミレに、アオイスミレもまだ残っていた。

 

沢筋の水がチョロチョロ流れる湿った林の縁ではタカオスミレが群生している。
ダークブラウンの葉と、ほんのりベージュがかった花弁がシックな雰囲気のすみれ。

 

つい下ばかり見て歩きがちだが、 
ときおり舞い降りてくるさくらの花びらに顔を上げれば森をバックにぼぉっと霞むような  
白い山桜が綺麗だ。

 

 

日影沢の入り口に戻ってくると、来たときは雨に濡れて丸まっていたナガバノスミレサイシン
花びらが乾いてきれいな姿になっていた。

 

木下沢へ移動して、林道をザリクボまで歩く。
入口梅園のウメは散ってあたりはひっそりとしている。

     

林道の縁にはジロボウエンゴサク、そして花の形が似ているこれは何だろう?

 

この白いスミレは  
シロバナタチツボスミレ??

 

 

林道の斜面に広がる瑠璃色の星屑、、、とでも言いたいくらいきれいなヤマルリソウ

  茎は地面を這うように伸び、その先端で
やっと身を起こして花をつけている。スモーキーな花色もかわいい。

 

初めて目にした 
マルバスミレのピンクバージョン。普通マルバスミレの花は白いのだけど、
このように花びらが薄紅色の子もいると知った。

 ひゃぁ~可愛らしい

 

     

葉に赤いスジが入るアカフタタチツボスミレ??、咲きだしたばかりのコミヤマカタバミ

 

エイザンスミレフレッシュな一株、
きょうはここまでと時間に追われて引き返す。
高尾山を貫くトンネルが完成して圏央道・高尾ICが開通、植生豊かな高尾山に
この先どんな影響が出るのか気がかり。花たちがいつまでも元気でいられますように。。

 

自宅に戻り、ガレージにクルマを入れようとしたとき、車道の隅で咲くスミレが
目に入った。見ると、アリアケスミレ?だろうか、土もないアスファルトの割れ目で
逞しく、そして美しく、花を咲かせていた。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西表島へ (沖縄~石垣~西表) | トップ | 西表島 仲良川からナーラの滝へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
参考になりました (のび)
2015-02-15 18:17:37
4月に高尾の山野草散策予定してます。
ブログわくわくしながら拝見させていただきました
はじめまして<(_ _)> (wakanga)
2015-02-16 11:59:57
のびさん

コメントをありがとうございます!
春が待ち遠しい今日この頃、、、春が来たらどこへ行こうかと計画を立てるのが、せめてもの慰めですね。
4月の高尾、花を見つけながら歩くには最適です♪
スミレをはじめ、春の花が山道を彩り、楽しい散策となることでしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。