TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

篭山~駒ヶ岳(赤城山)

2011-06-07 | 写真日記

どうやら今年はツツジの当たり年らしく、アカヤシオはとくに花付きがいい。
ピンクに染まる袈裟丸山の画像を見て、わぉ!行きたいと思ったけど、
アカヤシオが見頃となった袈裟丸は、朝の5時に到着してないとクルマの置き場が
ないと聞いてあきらめた。 袈裟丸ほどじゃなくても、どこかアカヤシオが見られる
ところはないかと探し、まだ行ったことがない赤城山を選んでみた。

上毛三山(赤城・榛名・妙義)の一つ赤城山は、黒檜山(くろびやま)を主峰とする山々の
総称で、火口湖の大沼・小沼があり、ハイキングコースも多くて楽しめそうな山だ。

黒檜山~駒ヶ岳を歩くコースが一般的みたいだけど、黒檜山にはアカヤシオがなさそうなので、
鳥居地峠にクルマを置いて、篭山から駒ヶ岳へ登り、覚満湖を通って一周するコースにした。
スタスタ歩けば3時間くらいのショートコース。

 

関越・赤城ICから赤城山に向かう道は快適で、ワインディングでダンゴになるも、

  30分ちょいで鳥居地峠に到着。
これから歩く駒ヶ岳への稜線が青空の中に続いてる。

さて、篭山の登山口はどこだろう?
道標はないけど、それらしき踏み跡が山の中へ続いてるので辿ってみる。
苔の生えた岩が積み重なるようになった山にはアカヤシオが群生!
花は散り始めていて、そこらじゅうが花で敷き詰められてピンクのフカフカ絨毯。

      

足元も、そして見上げる空も、ピンクのアカヤシオが彩る

 

木々の間から見える覚満湖 

岩の斜面といってもいいくらい、大きな岩がゴロゴロしていて、どこが道やらと探しつつ尾根に出た。
篭山は、小さいながらもアカヤシオをふんだんに見れる山かもです。

 

笹に被われた尾根道は明瞭で、迷うことなく駒ヶ岳へと向かう。
陽射しは強く、暑さで登りがこたえる

 

  途中、見事なアカヤシオを見つけては寄り道。

でも、アカヤシオの他には花はナシ。

 

  

やがてベンチの置かれた広い分岐に出た。道標の左が駒ヶ岳登山口へ下りる道。
駒ヶ岳山頂へは植生保護の階段を登っていく。このあたりから眺めもよくなる。

 

  

手前のピークが駒ヶ岳、その奥に見えるピークが赤城山の最高峰・黒檜山。
駒ヶ岳山頂(1,689m)着11:45。周囲の木々はまだ芽吹いてなくて、マメザクラが咲いている。

 

     

山頂から見下ろす景色、遠くの山々は春霞でぼんやり。

 

たどってきた稜線。ふぅ~ おつかれさん
山頂で昼食後、来た道を分岐まで戻る。もうアカヤシオは見れないのかな?

 

  分岐から登山口に向かう下りは

鉄梯子の階段になっていてラクチン、どんどん下る。
アカヤシオの木は、ときたまポツンとあるくらい。それでもきょろきょろしながら歩いていたら、
山の斜面の奥の方に群生しているのがあったので、ヨシ行ってみようと、
笹をかきわけトラバースして近づいてみたけど、もうちょいのところでヤバそうな展開
ま、落ちたらモトもコもないのでここは撤退

もとに戻って歩きだし、しばらくいったところで、ソレふうな気配のする踏み跡が
登山道を外れて山の斜面へ続いてる。もしかして~と進んでいくと、、

わぉ! 大沼を見下ろす急斜面にアカヤシオがいっぱい。。

 

           

 

 

   

毎年ここへ写真を撮りにくるというカメラマンのかたが、今年は何年ぶりかで花付きがいいと
おっしゃっていた。 よかったよかった、来たかいがありました。
満開のアカヤシオをたっぷり眺め、重い腰をあげて歩きだす。

 

淡いみどりに包まれる山道に、オオカメノキの白い花が爽やか~

5月の陽光に、サラっと乾いた風が肌にきもちいい。
この気持ちよさ、自然が描いてみせる美しい景色のなかを歩く幸福感がたまらない。

 

    

鉄の階段が終わると登山口、そこから車道をすこし行ったところで覚満湖の遊歩道に入る。
歩いてきた稜線を眺めながら、湖にかかる木道を歩いて鳥居地峠へ戻る。
ぐるりと一周できた、いいコースだった。 

初めて訪れた赤城山、高速からのアクセスもよく、手軽に自然に親しめる場所だと思った。
また来てみようっと。。

        

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クレマチスの丘 | トップ | 奈良倉山+α »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは(^^♪ (ピカリ♪)
2011-06-08 12:46:14
はじめまして~~(^o^)

アカヤシオ・・・とっても素敵ですね!
今年は咲く時期が少し遅れたりしてアカヤシオをとうとう見逃してしまいましたが、こちらで拝見出来て嬉しかったです。

クレマチスの丘・・・
何年か前に一度だけですが山歩きのお友達数人と散策した事を懐かしく思い出しました。

お孫さん・・とっても可愛いですね^^
自然に触れ合う機会が多そうで楽しみですね。

私は田方郡(今は一町しかありませんが^^;)に住んでいます。
何処かで遭遇出来るかもです^^
わっ!もしかして??? (wakanga)
2011-06-10 11:26:53
ピカリ♪さん、はじめまして!
ご丁寧なコメントをありがとうございます!!

三ツ岩岳で見たアカヤシオに魅せられて赤城山へ出かけましたが、
ゴージャスな花景色に出会うことができてハッピーでした。今年は花がどれも遅くて、タイミング的に難しいですよね。

あの~、それから、もしかしてピカリ隊のピカリ♪さんでいらっしゃいますか?
田方郡にお住まいなら、そうかなぁ~って思いまして、、、
じつは私、ピカリ♪さんのHPをブックマークさせていただいているファンの一人です(#^.^#)
ですから、もしそうならこんな嬉しい偶然はなくて、この大いなる宇宙の神秘なるもの(ちょっとオーバーかもしれないけど(^^ゞ)というか、花のとりもつ縁に感謝の一語です!
>何処かで遭遇出来るかも
もうもう期待に胸が膨らんで、、ヽ(*´∀`)ノどうぞよろしくお願いいたします!!
私も吃驚! (ピカリ♪)
2011-06-10 17:02:19
ピカリ隊~~~そうですぅ♪
最近は遠出するような山歩きもなく・・・
レポやブルグも放置気味状態なんですが^^;

花好きの主人は相変わらず山へ野へ海辺へと色々散策しております。

偶然にもこちらにお邪魔させて頂き、コメントを残したいと思ったのは、なんとな~く感じるスピリットに相通じるものがあるという主人の感でした。
山歩きや自然や花に対する姿勢に好感を持ったようでブックマークさせて頂きました^^

どうぞ宜しくお願い致します(#^.^#)
わぁ、うれしいです! (wakanga)
2011-06-11 00:17:06
さっそくにもお返事いただけて、うれしいです。
ありがとうございます!

最近はピカリ♪さんのレポがなくて寂しいかぎりですが、図々しくも奥座敷に忍び込んで(~_~;)、ご主人ピカリ☆さんの花講座受講させていただいてます^^;
自然体でとらえた花の写真がステキで、キャプチャも楽しく、またいろんな意味でとても参考になります。花のことお聞きしようかと思ったときもあるのですが、人見知りが~、、、(見えもしないのにね)でもいつか勇気をだして、、(笑)
どうぞ、ご主人さまにもよろしくお伝えください。
ミタクエ・オヤシン!

圧巻! (miki)
2011-06-15 11:15:36
これはこれは!アカヤシオを透けて大沼を望む景色、お見事~
アカヤシオ大ファンの私はうっとりです(*^^*)

アカヤシオの時期って他にあまり花がないので写真を撮ってもどうしても寂しい感じになってしまうのに、これほどアカヤシオだけで華やかな景色はそうは見られませんね。
赤城山、ピクニックにも最適な山ですね^^
今度ぜひご一緒しましょうね
来年はぜひ~ (wakanga)
2011-06-16 00:20:50
mikiさん

ほんとにそうですね~
アカヤシオ咲く時期の山は芽吹き前、それだけに存在感あるし、あのキュートなパステルピンクの花が、よりいっそう魅力的に映ると言えるかもしれないですね。皆さんこぞってアカヤシオ咲く山に訪れるのが、よくわかります。

赤城山はツツジの山として知られ、ヤマツツジ、シロヤシオ、ミツバツツジもたくさん咲くそうなので、来年はぜひご一緒しましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。