TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

雪の大倉尾根/丹沢

2011-02-19 | 写真日記

晴天の続いた冬空が崩れ、雪となった。
雪国に暮らす人には申しわけないけど、フワフワした白いカケラが
グレーの空から音もなく落ちてくるのを見ていると、なんだかソワソワしてしまう。
何度も窓を開けては、どんどん真っ白になっていく外を眺め、
しんしんと降り積もる雪に、ヨシヨシと独り頷く。。

その雪も、翌日には大方が消えさり、道路の片隅に追いやられた残骸がわずかにあるばかり。
早起きして公園に行ってみたけど、期待したほどの雪景色は見られず、

  

 

ちっさな雪だるまを作ってお茶を濁すという程度・・・  
そんな気持ちを反映してか、雪だるまも心なしか憂いを含んだ表情ではないの、、(笑)

 

山にはどっさりと雪が、、、そうだ、山に行こう!
ノーマルタイヤでも行ける所と、場所は限られるけどね。
で、いちばん近いお山、丹沢へ。。

  丹沢登山口・戸川公園駐車場。

平日無料と書かれた看板に微笑みつつゲートを通過。お財布に優しい、ありがたや。

たまった洗濯物をやっつけて出てきたので、出発がだいぶ遅くなってしまった。
予定では大倉尾根を登って塔ノ岳(標高1480m)へだったけど、う~ん、鈍足9:30スタートではムリかも…
標準コースタイムで、塔ノ岳山頂まで約3時間。上は雪道なのでもっとかかるだろう。
ま、いいさ、行けるところまで行ってみよう。

 

 快晴の空と、          
木の間越しに見える山並みが清々しい。

 

 

  

ヒノキが植林された薄暗い登山道の分岐には、左を行けば大倉高原山の家経由で展望よろしと
書かれた案内板があり、どちらを行っても15分で合流するとのこと。
それではと、展望のいい左を選んでみると、明るく雰囲気のいい道にうっすら雪がついている。

 

  

登山道左側に山々が見え、その奥に隠れるようにして富士の白い嶺も小さく望めた。
ほどなくして大倉高原山の家があり、
ホースからは
ジャージャーと山の水が惜しげもなく流れ出ていて、一杯20円也の表示。
なんでも水質検査にかかる費用を捻出するためとあった。
展望よろしとあったが、木立がジャマしてイマイチだった。
またここにはキャンプサイトがあり、丹沢山中では数少ないテン場のひとつ。
ちなみに、下山に反対側、
右の道を通ってみたら、こっちは暗い人工林の道だった。

 

さらに進むと見晴らし茶屋。 
小屋前からは、秦野盆地が一望できる。

 

  小屋を過ぎるとバカ尾根(大倉尾根の通称)が始まる。

ここからは延々と急登がつづき、とくに冬場は霜や雪がぬかるんで歩きにくさを増す。
真冬でもシャツ一枚で汗が滲んでくる長~
い登り。
なにしろ登山口から山頂までの距離が長く、標高差約1200mをいっきに稼ぐのだからタイヘンなのだ。

 

ハァハァと息を切らしつつ、亀のごとくノロノロと歩み、 
駒止茶屋まで来た。登るにつれ積雪もだいぶ増えてきた。

 

小屋の先で急な登りはひとまず終り、松林のなかの平坦な道となってホッとする。

 

  

松の木の間から見える空と山が美しい!

 

  

雪山ハイクを楽しめるたっぷりの雪道  しかも、よく踏まれているのでアイゼンなしで歩ける。

 

そして~富士山もバッチリ 

 

        

 

 

ザクッ、ザクッ、雪を踏むたび、靴底から快い音と感触が伝わってくる、たのしい~~
心強い太陽の光、凛とした清冽な空気、雪の山でこそ得られる感覚がとても新鮮に思える。

 

    

堀山の家到着12:00。 ザックを降して大休止。長丁場の尾根だけに小屋がいくつもある。
樹林に囲まれた小屋前のベンチスペースからは、富士山が望めるぶんだけの隙間あり。
日陰のベンチに腰をおろしていると、たちまち体が冷えてくる。 
さて昼を回った時刻となって、これから山頂へ行くとなると着くのは14時を過ぎるだろう。
無理なペースで下山するよりは余裕をもってがベストチョイスと、ここで引き返すことにした。


アイゼンも装着して、下りに備える。 
小屋前を通り過ぎたところで、ソロで登ってきた女性に会う。
塔まで行かれるのですかと訊ねると、時間によっては花立で引き返すつもりだと。
花立まで上がれば展望もいいし、時間的にも大丈夫よと言われて、
ソク予定変更、花立まで行くことにした。
ここから花立までのコースタイムは1時間。いま12時半だから、遅くも14時にまでには着けるだろう。

 

堀山ノ家をあとにすると、雪がグチャグチャにとけた岩場の登りで、アイゼンがジャマになる。

  その先は階段の登り、ひぇ~疲れる~

 

  一旦緩やかな道になるも

 

  花立まで階段道はやたらつづき

 

  シャーベット状になった雪がビチャビチャして

歩きづらいやら、激しい登りがしんどいやら、やっぱバカ尾根は登るもんじゃないなどと思ったりして、、

 

  や~っと花立に到着、ふぅ~

ここまで登ってきて、ようやく視界が広がるというかんじで、塔ノ岳からの眺めを思うと
ものたりないけど、本日はここまで~

 

塔ノ岳まで30分のところにある小さな隆起の花立は、表尾根の眺めがよい。
三ノ塔の後ろに大山が見える。

 

ここから5分で金冷シの分岐、そこを左折すると大丸を経て鍋割山への道がある。
鮮やかブルーのウェアを着たおじちゃんが言うには、昨日(15日)鍋割に向かった人は、
腰までのラッセルを強いられ、小屋に着いたのが夜の8時を過ぎたそうだ。
となりの鍋割山陵はかなり雪が深いとのこと。 南に向いたこの尾根とでは、だいぶ
様子が違うみたいだ。

 

花立で20分ほど休み下山にかかる。  
この先を行けば塔ノ岳山頂まで30分、なんだか惜しいような気もするけど、
時刻は14:20、タイムアウトだ。 花立へ登るきっかけをつくってくださった女性に
お礼を言い、ひと足先に歩きだした。

ひなたの雪はさらにとけて、水浸し状態で登山道を流れるが、現在は整備されたこともあって
以前のように泥がダンゴになって靴底につかないのが助かる。
途中で両足が交互につって痛んだけど、かまわず歩き続けていたら痛みが治まった。やれやれ…
雪の下り坂もアイゼンの威力で、滑ることなくどんどん歩ける。
スニーカーの外人さんは、一歩一歩慎重に下り、かなり苦労していた。 大変そうだ。

 

  どんどん下って大倉近くの小屋から

この日見納めとなる山を眺めた。三ノ塔尾根で、この尾根に上がる道もたいくつかあるので
そのうち歩いてみたいと思った。

駐車場着17時。 私のクルマのとなりには白いメルセデスがとまっていて、な~んと花立へご一緒した
女性がいるではないの。 彼女はこの近くにお住まいで、雪が降ると山を歩いてみたくなるのは
地元の人も同じだそうだ。
さらに話を聞くと、この夏初めて北アルプスを山小屋連泊で単独歩いたという。
「ひとりで歩くのって、楽しいね!」 そうおっしゃった言葉が印象的だった。

そうそう、ひとり歩く山も、仲間と歩く山も、どちらもそれぞれに楽しい。
昔を思えば、山道具は格段に進歩したものの、荷物を背負い、息を切らしながらてくてく
登ったり下ったりして歩く原初的な行為は、いまも変わりがない。
それを楽しいと感じられること、それは幸せなことにちがいない。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中沢山 | トップ | さくら満開の松田山 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しい白銀の世界☆ (miki)
2011-02-21 10:41:05
wakangaさん、
山の麓から山頂へと、こつこつ歩いて登っていくと、景色がどんどん変化していく様子。
まるで、ご一緒に山を登っているかのような臨場感!
楽しませていただきました^^

うっすら雪化粧の近くの山々も、凹凸感が増してリアルで美しい~。
遠くの白銀に光る神々しい富士山と言ったら!
もう言葉を失うほどの魅力を放ってますね。

日も暮れた駐車場で再会した女性との会話も、とても心暖まる出来事ですね。

だから山っていいですね♪

雪のお山は愉し (wakanga)
2011-02-22 00:23:12
mikiさん

近場で楽しめた雪山ハイキング、もう2日前くらいに登っていれば、とけずにいた雪で階段も埋まってて歩きやすかったかなと。。
それに加え、今回は出発時間が遅くなってしまったのを後悔(ー_ー)!!
花立から見える景色と塔ノ岳山頂から見える景色とでは格段の差があるので、あの標高差を登ってピークを踏めなかったのは勿体ないなぁなどと、反省点が多いです。

平日でもこんなに人が、、、と思うくらい登っていて、踏み固められた雪道は歩きやすくて助かりました。トレースがないと歩けませんからね~

こんど雪が降ったら、スグに行かなくちゃ(^^)

mikiさんも山を楽しんでね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。