TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

宝登山/ロウバイ香る山頂

2012-02-23 | 写真日記

寒さ厳しい冬に甘い香りを放って咲く花ロウバイ(蝋梅)は、
WINTER SWEET」という英名が花の特徴をよく表現していて、

花弁にみられる光沢と質感、
色ともに蜜蝋を思い起こさせられ、それが名前の由来にもなっているらしい。

ロウバイの名所として知られる長瀞の宝登山は、山頂にロウバイ2000本が植わり
ようやく花も見頃を迎えたようなので、さっそく出かけてきた。

宝登山へは関越道・花園ICからR140を一直線に進むと、20分ほどで大きな白い鳥居が
右手に見えてきて、鳥居をくぐると登山口で、とてもわかりやすくてスムーズに到着。
周辺には駐車場がいくつもあり、どこも料金¥500。
ロープウェイ乗り場の駐車場にクルマをとめ、行きはラクしてロープウェイで行こうかなと

 乗り場へ行ってみると、始発が9:40からで
20分ほど待たなければならず、それならと歩いて登ることにした。
山頂まで50分くらいだそうだ。 山頂へは未舗装の林道が山を巻くようにしてつづいて
いるので、わずか497mの高さなのに意外と時間がかかる。

林道の何ヶ所か木が刈られていて眺めがよく、ベンチが置いてあるところもあった。
小動物園を右に、左の坂をのぼっていくとロープウェイ山頂駅に出る。

駅前の斜面は東ろうばい園で、ここの花はまだ蕾のものがほとんど。

 

 ロウバイの根元に咲くフクジュソウ
日陰の花はつぼみだけど、ひなたのは開いて早春を告げている。

この斜面の下には梅林もあって、梅の開花はまだまだ先のようだが、ウメとロウバイが同時に
見られるときにはさぞかし綺麗なことだろう。 

 

東ろうばい園から山頂直下の西ろうばい園に向かって行くと、ふわんとロウバイのほんのり
甘い香りが風に運ばれてくる。 いい匂い~

こっち側のロウバイはまさに見頃。移動性高気圧におおわれたこの日、気温は13℃に上昇
風もなく暖かな陽気に春を思わせる陽射しが降りそそぐ。

 

雲ひとつない青空に 
ロウバイの黄色い花のコントラストが美しく、

 

なんども立ち止まっては空と花を見上げ、春浅い陽光につつまれ至福の時を過ごす。

 

 

 

宝登山は花だけでなく展望も素晴らしく、ピラミダルな山容の武甲山の右手には
奥多摩長沢背稜、さらに奥秩父の山々などが見渡せる。

 

鋸歯状の稜線が特徴的な両神山、楽しい山だったなぁ~

 

花の山頂より望む山の景色

 

この日は気温13℃と暖かく、春を感じる陽射しに快晴の空とこの上ないお天気
木立に囲まれた宝登山のピークを踏んだ後、長瀞アルプスを歩いて野上駅まで行き、
鉄道で戻る予定でいた。 さて、長瀞アルプスはどっちへ行けばいいのかな?
山頂周辺には長瀞アルプスなる道標はなく、仕方ないのでロープウェイ駅へ戻り、
それらしき案内板を探したけどないので、駅員のかたに尋ねたら、山頂の向こう側に
道があるとのこと。それにしても、宝登山までの道標はやたらあったのに、長瀞アルプスは
まるきっりなし、なんでかなぁ???

山頂裏側からつづく階段状になった急坂を下降。坂の途中で声をかけられた女性と
話をしながら下り、途中で単独の男性が加わり、女性のお連れと4人で長瀞アルプスへ
向かったのですが、、。 あれっ、おかしい?道がアスファルトのハズないじゃん!
そう気づいたのはだいぶ下ってからで、でも長瀞アルプスと書かれた木札の方向へ
歩いてきたのに変だということになった。

観光地みたいな山だしとナメてかかって、地図も持たずにきたのがそもそも失敗。
林道を横切って進むところでコースアウトしたらしい。
けど、4人もいて道を間違えるなんてねぇ、、。
それにしても道標とか案内板が無さ過ぎよね~埼玉県!などと自分たちの落ち度を
棚に上げ、行政のせいにしたりして、、(笑)
ま、でもわかりにくいのは確かかも。。

というわけで、もったいなくも極上天気に長瀞アルプスを歩けずじまいだったのが心残り。
12時には駐車場に到着。来たときは数えるほどしかなかったクルマが、昼にはどっと
増えていた。 ここでも、お天気に誘われてロウバイを見にやってきたという女性に
話しかけられ、しばし立ち話。心に余裕がないせいか、自分の方から話しかけることは
ないのだけど、こうした短い時間でも、いろいろ話をしてみると、思いがけない気づきや
価値観の多様性を知るにいたる。一期一会、出会いの大切さを思う。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の高尾山 | トップ | 塔ノ岳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。