TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

山百合と山椒薔薇

2012-07-18 | 写真日記

いつもの散歩コース、自宅近くの森を歩いていると、
風がほわんといい匂いを漂わせながら
鼻先をかすめ、ヤマユリの開花を告げてゆく。
辺りを見回しても、花の姿はなく、それからしばらく歩いたところに咲いていた。

強い芳香を放ち 
大輪の花を咲かせるヤマユリは日本特産種で、、ユリの女王と呼ばれ、古くは江戸時代に
ヨーロッパへ紹介され、カサブランカはじめオリエンタルハイブリッドのユリが作出された。
ヤマユリの代表的な自生地である神奈川県は、丹沢で採取したヤマユリを横浜港から
輸出していた。で、県の花はもちろんヤマユリ。

 

先日、四季の森公園でヤマユリの観察会が行われたので参加してみた。
普段はただぼーっと眺めていたヤマユリ、ここでは林の縁に咲く花がたくさん見られるが
種から花が咲くまで5年もかかり、こぼれたタネが自然のまま芽を出し、大輪の花となる
までは容易じゃないというのがわかる。 他の花もそうだけど、、。

 

むせかえるほどの強烈な香りは 
夜になるとさらに強くなるそうで、道路など一方が明るい林の縁を好んで咲くこと
に合わせ、蛾や蝶など花粉を運んでもらうためのアピール。
また、T字型の雄しべは花粉の入った葯が自在に動く仕組みになっていて、
どんな角度でも蝶の体にスリスリできるようになっている。さらに花粉には粘り気が
あり、付着しやすくなっている。それで、花粉が衣服につくと取れにくい。

 

宅地開発、乱獲、獣害によってヤマユリも年々減少傾向にあるという。神奈川県でも植栽に
よる保全が行われているが、ヤマユリは遺伝子変異の大きい植物であることから、自生地特有
の遺伝子系統を持つヤマユリでないと、本来自生地に存在していた遺伝子系統を持つ
ヤマユリが絶滅し、ヤマユリの遺伝的多様性が失われる恐れがあるそうだ。そこで県内各
自生地のヤマユリをサンプリングしてDNA分析が行われている。

ところで、植物の分類は「エングラー」や「クロンキスト」によるものが一般的だったのが、
これからはDNAやRNAの分析結果によるAPG分類が主流となっていくようだ。

ユリ科はイイカゲンなことに、
寄せ集めの科としていろんな系統の植物がぶち込まれていたそうで、それがAPG分類では
コテンパンに解体され、例えばギボウシはユリ科からキジカクシ科へ、チゴユリは
イヌサフラン科へという具合に、これまでとはまったく違うものに、、。
|゜Д゜)))えぇ~ チゴユリがユリ科じゃないなんてねぇ~(@_@。

ヤマユリの変種に、伊豆諸島のみに自生するサクユリがあり、ヤマユリとの違いは花被の
斑点が黄色で目立たない。 また、ベニスジヤマユリという花被に見られるスジが紅色の
変種もあり、10年に一度くらいのわりで見つかる「幻のヤマユリ」がある。この辺では
大船植物園でしか見られないとのこと。まだ咲いているかなぁ??

 

                           

 

山百合がユリの女王なら、山椒薔薇は野バラの女王といえて、
富士箱根周辺にのみ自生する日本固有種で、ハコネバラとも呼ばれる。
美人薄命、サンショウバラも哀れなるかな、蕾のうちに虫に食べられ、咲いても麗しき姿を
見られるのはわずか一日、出会うタイミングに左右される。
花期はふつう6月だけど、画像は三ツ峠7月初旬のもの。自生地によって差があるのかも。

 

このようにたくさんの花をつけるので 
ジャストタイミングで見られたときはラッキー。(6月中旬・西湖近くの森で)

 

 ルビーのような真紅の蕾が花開くと

 

淡いピンクの花びら(直径5~6cm)を 
ひろげ、それはそれは美しい。

 

わっせわっせと登った山の頂で、思いがけなく咲いていた花と出会い歓びも一入( ^∀^)
シンプルな美しさがワイルドな魅力を放つ山育ちのサンショウバラ、
また来年お会いしましょう。。

ヤマユリもサンショウバラも、初夏の山野でよく目立つ。小さな花が多数を占める山野に
おいては貴重な存在ともいえるんじゃないか。自生地も限られるだけに、大事に見守って
いきたい花

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花と展望の平標山 | トップ | 八方尾根~唐松岳/フラワー... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そっか~~!山椒薔薇7月初旬でも全然アリか~~(^◇^) (ピカリ☆)
2012-07-22 00:25:49
わっ、やられた~~(笑) これは素直に第一印象に従うべきだったなぁ。。ポリポリ

お!ヤマユリの観察会に参加されて、かなり突っ込んだ勉強されましたねっ(^^)^^)
そういえば・・以前サクユリっぽい斑点の目立たないタイプを南伊豆町で目撃したけど、伊豆半島ってシチトウスミレやアオノクマタケランなどの自生もあるから、「伊豆諸島」のみならずの可能性もと!思いたいなぁ~~♪

APGの分類体系・・もはや僕の学生時代とは隔世の感があるけど^^; まだ耳慣れずにいるメランチウム科なんてもどんどん一般化していきそうですねぇ~(*’-’*)

ほんの数年前のこと、キヌガサソウのゲノムサイズのデカさが人間のゲノムサイズを遥かに上回ってダントツ世界一!なんて話題だったけど、いったいそれが何を示唆するものなのか?とか・・素人目にも今後メチャメチャ興味尽きない分野ですねっ(^_-)
興味尽きない分野、たしかに~(n‘∀‘)η (wakanga)
2012-07-23 11:29:10
ピカリ☆さん、どもでっす~(´▽`)

じつは私もこの時期に咲いているのを見て、えっと思いました。しかも咲き始めたばかりで、まだ蕾が多かったですし~。明神峠~不老山にかけては5月下旬から6月初めが開花時期ですけど、標高の高い三ツ峠だとさらに一ヶ月ほど遅いんですね。7月4日の時点では固い蕾で、その一週間後に開花していました。

おお!南伊豆町で見かけたひょっとするとサクユリ、可能性ありますよね~ 観察会では大学生が行っているヤマユリとサクユリの生態分布についての講演がありました。参考までにサクユリに関する研究資料のurlを貼っておきますね。
http://ci.nii.ac.jp/els/110007070555.pdf?id=ART0009005068&type=pdf&lang=jp&host=cinii&order_no=&ppv_type=0&lang_sw=&no=1343008553&cp=

DNA分析による研究が進んで、植物もいろんなことが解明されていきますね。むか~し、理科の先生に質問したとき、植物に関してはまだわかってないことが多いと言われましたが、その謎や不思議など、これからどんどん解明されていきそうですね。興味深い(^^♪
サンショウバラ (Yumeru)
2012-07-26 17:44:54
Wakangaさん!

初めて Wakangaさんの ブログを 見た頃に
確か サンショウバラの記事が あったように
想います(*^_^*)

とっても あこがれました!
そして 今回 また 憧れ ため息です

精霊達が たくさん たくさん
いますもの

話は 変わりますが(笑)
クレマチスの丘 いってまいりました!
やはり ステキなところでした☆

また 5月とかに いけると いいな~と
思っています

翠さん いつも ありがとう~
fairy flower (wakanga)
2012-07-29 09:34:00
Yumeleちゃん、
妖精がちょこんと花びらに腰かけて、、、
そんなイメージがぴったりのサンショウバラ、
つぼみが開くとすぐに虫たちがやって来て花びらは花粉だらけ
一日で散ってしまうので美しい状態の花が見られる時間はごくわずかなのね。
そんなふうだから、妖精たちが寛いでいる?フレッシュな花を見れたときはすごくうれしい いつかyumeruちゃんも会えるといいわね。

クレマチス、お気に入りの場所になったみたいで私もうれしいわ!
そうそう、もう一つyumeruちゃんに提案したい場所があるの
たぶん、8月後半くらいにレポを掲載できると思うので待っててね(^_-)-☆

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。