TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

カッコウソウ咲く 鳴神山へ

2012-05-28 | 写真日記

群馬県桐生市にある標高980mの鳴神山は、この山だけに自生する日本固有種の花
カッコウソウが咲くということで、花を楽しみに出かけてきた。
カッコウソウはサクラソウ科の仲間で、5月にピンク色の美しい花を咲かせる。
だが、花は相次ぐ盗掘によって絶滅寸前となり、地元保存会の手により移植が行われ
そのご苦労のかいあってどうにか花は絶えずにいる。

いくつかある登山口のひとつ、コツナギ橋登山口より入山。

   

下山を大滝口にとって周回コースを歩こうと思い、林道中間地点の路肩に駐車。
雨上がりの爽やかな朝、卯の花が咲く沢沿いの林道を、「夏は来ぬ」を口ずさみながら歩く♪~(^ε^ )

  

10分ほど歩くとガードレールの小さな橋があり、その先に数台クルマがとめてあったので、
ここかな?と見ると、細い山道の入り口に小さくコツナギ橋登山口とあった。

 

  

コツナギ沢に沿って登る山道は、フカフカと落ち葉のクッションが効いた歩きやすい道で、
何度か沢を横切りながら緩やかに高度を上げていく。 沢を渡ってくる風が気持ちいい。

 

  

やがてポツンと咲くヤマブキソウの花に出会う。薄暗い樹林の中、山吹色の花がよく目立つ。

そして 
進むにつれてヤマブキソウは増えて、林床を点々と黄色く彩っていた。

 

  

ルイヨウボタンの小群落があった。地味な花だけど美しい。釣り糸を垂らしたウラシマソウ
どちらもなるほど!と思わせるネーミング。 ルイヨウボタンは「類用牡丹」と書き、葉が牡丹に
似ているから、ウラシマソウは、花から出る長い糸のようなものを浦島太郎の釣糸にたとえている。

 

   

すごく小さくて目立たない花、フタバアオイを初めて見た。
葉は、徳川家の家紋をデザインするのに使われたとは知っていたけど、こんなに
地味な花の葉がどうして家紋になったのか、いきさつが気になる。
しげしげと花を見て写真を撮っていたとき、「何かありますか?」と声をかけられた。
振り向くとビデオカメラを肩に担いでいて、カッコウソウの取材に来たNHKだった。
カッコウソウが咲いているか心配だったけど、NHKが花を撮りに来てるなら大丈夫。
それ、急げ!

 

  

カッコウソウ絶滅を危惧しての「種の保存法」が今年度5月1日に法律化され、採取したり傷をつけたり
すると、懲役一年以下、もしくは100万円以下の処罰となる旨の立て札があった。

 

    

本来カッコウソウは広葉樹林に自生していて、それが移植されていまは杉林に咲いている。
保存会のかたがパトロールをかねていらしてたのでお話を伺ってみると、やはり杉林での
生育は好ましくないとのことだった。杉の葉が落ちて花にかかることや、日照がさえぎられること
など、条件が花にとって厳しい。移植した当時は杉も小さかったので問題なかったらしい。

 

けれど、そうした条件のよくないなかでも、カッコウソウは健気に美しい花を咲かせていた。
保存会のかたがたの、花を守り育てる努力と情熱の賜だと思う。

 

 寒さがつづいた今年は開花が遅れ、見頃も例年より10日ほど遅く、この日16日でも
開花しているカッコウソウは少なめで、まだしばらくは花が楽しめそうだ。

 

鳴神山だけに咲くカッコウソウ、貴重な美しい花を多くの人たちがシェアして見る歓びを
いつまでも共有していくことができますよう願わずにいられない。

 

カッコウソウ咲く杉林をひと登り 
すると椚田峠で、ここから山頂へは明るい広葉樹林が広がる。

 

  

斜面にへばりつくように咲いていたフイリフモトスミレ。
花は小指の先に満たないほど小さく、葉脈に沿って白い斑が入っている。

 

山頂へつづく道は、眩いほどの明るい緑に包まれ、葉のひとつひとつが輝いている。
なんて気持ちのいい山道!

 

ヒメイワカガミが咲いていますよ 
来る途中でおしえてもらった花情報に、あたりを注意深く見ながら歩く。
ありました!白花のイワカガミ

  

花弁のフリンジも可愛らしく、岩場にひっそりと咲いていた。

 

 

一気に展望が開ける鳴神山頂、それまでまったく展望がなかったのが、ピークに立つと
360度の大展望となって、そのギャップにうれしさ倍増。緑のグラデーションもくっきりと、
若葉に萌える5月の山、素晴らしい眺め!

 

ちょうど昼時でもあって 
山頂は大入り満員。なんとか隙間を見つけて座り、おにぎり一個とお茶の素早い昼食にする。
山頂に集う皆さん、どなたもニコニコ笑顔で、山を楽しんでいる様子が見てとれる。
展望できる山々が方向板で示されていて、なんでもぐるり32山が眺められるという。

奥には男体山や白根山の白く輝く峰々が望めた。
初夏の陽射しが降りそそぐ山頂を満喫して下山にかかる。

 

  

山頂直下の急坂を下った真下に神社があって、鳥居をくぐった先で道は二つに別れていた。
右は駒形へ、もう一方が大滝へ下る道らしい。ここの杉林にもカッコウソウの移植地がある。
保護ロープをたどって上へと登ったところに、5株ほど開花しているのが見られたが、大半は
まだ咲いていない。 大滝への下山は岩ザクの歩きづらい道がつづく。この道はもう歩きたくない。
次に来るときは駒形から登ってみよう。

カッコウソウにヒメイワカガミ、めずらしい花が見られた鳴神山、山頂からの大展望も素晴らしく、
いい山だった。そうそう、この山にはカッコウソウ同様、ナルカミスミレというこの山のみ
見られる
すみれ(花は純白で茎は緑色)があったのだが盗掘により絶滅、いまや幻の花となってしまったそうだ。
また、絶滅が危ぶまれるヒイラギソウも見ておきたい花。まだ小さなつぼみだった。
ゆっくり花を見ながら歩いても4時間弱のコースタイムなので、また花の時期に来てみようと思う。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西表/牛に引かれて由布島へ | トップ | New Face »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素晴らしい☆ (miki)
2012-05-28 12:07:39
wakangaさん、とうとうカッコウソウにご対面できましたね!なんて可憐なお花なんでしょう(*^^*)確かにサクラソウと似ています。清楚なお花ですね。この先もずーっと生き残って咲き続けて欲しいですね。本来は広葉樹の元で咲きたいでしょうに。
フイリフモトスミレ。小指の先程のお花。それがwakangaさんのカメラが捉えると豪華な蘭のお花のように見えます。でも小さいからこそ尊いですね☆
新緑の淡いグリーンの光に包まれてなんて気持ちの良い場所なんでしょう。頂上からのグリーングラデーションの眺めも素晴らしい!こんな初々しい山肌はなかなか眺められませんよね。タイムリーで素敵な一日でしたね♪白いヒメイワカガミも初めて見たわ~やっぱり山の花って素敵♪
山も花も! (wakanga)
2012-05-28 22:00:34
mikiさん

初めての山は、登山口へのアクセスにしろ登山コースにしろわからないことだらけで、いつもドキドキ(;゜Д゜) 今回も登山口へ向かうとき道を間違えてウロウロ、、、山に入ってからも、さぁてどっちだと自問自答(^^)そんなふうにして歩く山だけに、目的の花が見られて無事下山できたときの充足感は格別です。
カッコウソウにスミレ、イワカガミ、どの花も精一杯きれいに咲いていましたかわいい花たちに出会えて、感謝感謝です!
そして、瑞々しい新緑に包まれて歩く山道の心地よさったらないですね。mikiさんもフレッシュな緑を楽しんでくださいね!
Unknown (miki)
2012-05-29 13:57:24
wakangaさん程のベテランさんでも初めての山は緊張するんですね^^清々しい景色やお花を目にすると心の中に幸せな気持ちがどーっと広がりますよねそして無事下山した時の安ど感と充足感もたまりません♪小さな事だけどありがたい気持ちに自然となりますよね。
山に行くと自分のセンターが浄化されるので本当に何度行っても飽きる事はないですね☆小さいけれど健気に咲いているお花にも勇気づけられますまたご一緒できる日を楽しみにしています
自然の恵みをともに (wakanga)
2012-05-31 00:28:00
mikiさん、たびたびご丁寧にありがとう
ベテランなんてとんでもない(*´∀`*)、初めて行く場所はミスってばかり(´Д`)、とくに走ったことない林道は緊張の連続。悪路には不向きなクルマゆえ、枯れ枝を拾いつつ前進、なんてこともありました(~_~;) 山を登るより林道走行で疲れちゃうなんてこともしょっちゅうなんだけど、ヤメラレマセン(^Д^)

そうなのそうなの「センター浄化」ぴったし~
花にしろ木々の葉にしろ、山では目に映るものすべてが安らぎをあたえてくれるわね!そして、小鳥のさえずりや風の囁き、森のいい匂いなどなど、五感を刺激されることですごくリフレッシュできる。そんなこんなをまたmikiさんとともに感じつつ山を歩く日を楽しみにしています。ぜったい行こうね!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。