TOKIDOKI 日記

日々のなかで、「へぇ~」「ふぅ~ん」と思った、
私につながるステキなコトやモノ、そしてヒトたちの記録です。

ゆるゆる ひだまりの尾根道から蛾ヶ岳へ

2013-05-01 | 写真日記

各地で季節外れの「春の雪」が降って、20、21日と真冬の寒さとなった。
4月下旬の降雪としては66年ぶりの仙台では、咲き誇るソメイヨシノと雪の
競演が見られたそうだ。 そして翌月曜日は山日和のいいお天気
すっきりと晴れあがった朝の空を見上げて、にっこり(^O^)エンジンスタート。

さてさてきょうは、数ある山の個人サイトのなかで、その内容と行間からにじみでる
お人柄にグイッと惹きつけられ、たびたび訪れては秘かに好意をよせていたピカリ隊、
それがある日突然にバーチャルからリアルへ、予想もしないうれしい展開となって~、
なぁ~んと山をご一緒できることになった。 あるんだなぁ、、こういうことって、。
まったくもって、この偶然なる出会いをもたらしてくれたものは何かと考えると、
それは大いなる自然のスピリットからのギフト、うん、きっとそれしかない。。

精進湖で待ち合わせて、富士山バックに記念撮影して出発。

 

ミツバツツジが 
満開の湖畔。すばらしいお天気だけど、風は冷たく、思わずブルブルッ
途中、籠坂峠の道路は薄っすら白く凍って、気温は1℃だった。

 

 精進湖から林道への
道すがら、フロントガラスごしに見える山々のグリーンの濃淡がとてもきれい
行きはワクワク、帰りはホクホク、山の景色

 

 

折八古関線のピークとなる釈迦ヶ岳の登山口前からは、ナイスビューの南アルプス。
以前ここへ来たとき、登山口から林道を越えてゆるやかに延びる稜線を下ってみた。
細い山道は八坂峠からアンパ峠、さらに地蔵峠へ至り、蛾ヶ岳へ通じているらしい
のだけど、進むにつれて道は不明瞭になり、心細さが増す一方となってきて道を引き返した。
記録を見ると2009/4/23で、ちょうど4年前のことになる。

 

  

林道・折八古関線の途中にある八坂登山口、ここから地蔵峠まで道はフラット。

 

ツガの大木がある地蔵峠(栂の峠) 
この大きな栂は樹齢およそ500年、樹高16.3m)、根元にはお地蔵様が祀られている。
その昔、生活道として利用されていた頃は、山道を行き来する人々にとって、大きな栂が
ランドマークとなり、また格好の休息場所だったのではと思う。
栂の木の下は草が座布団のように広がってポカポカとあたたかく、アカネスミレが点々と咲く。
すみれを踏まないように気をつけながら、私たちも腰を下ろしてしばらくまったり。
うとうとしたくなるような、雰囲気のいい峠だ。

 

明るい雑木林にはアカネスミレがいっぱい。

 

林の縁にはアケボノスミレ、タチツボスミレ 

 

  

ごくたまにゲンジスミレも見かける。

 

 

 折門峠から「」の字にまわりこんでいくと

 

やがて雑木林の尾根道となる。
ひんやりした空気とあたたかな陽射しに包まれて、気分よく歩ける落ち葉のトレイル。
山における贅沢のひとつは、こういった空気感にあるのだ。

 

 ふかふか落ち葉の積もるトレイルは
足首まですっぽり埋まってしまうほど。 カサッ、クシャッ、ズボッ、音も感触も楽しい

 

  

匍匐前進、いえいえ、お花を撮影中のピカリ☆さん、被写体は↑のエイザンスミレ。
小さなお花を前に、ひねりを加えたアクロバッテイングな体勢もしばしば、、、
「いつもね、ステキに撮ってくれてうれしい!」動けないお花からは、そんな声が聴こえてきそう(^_^.)

 

  

ごく薄い芽吹きがはじまったばかりの雑木林。たっぷり陽射しが舞い込む尾根道には
白い花びらに赤い雄しべがチャーミングなワダソウ。カタクリもちらほら咲いてお出迎え

 

なだらかな尾根も、山頂が近づくにつれ傾斜は強まり、お助けロープも出てくる急坂を
あえぎあえぎ登ると、やっと山頂が見えてきた。

 

 

蛾ヶ岳山頂(1279m)からは、南に富士、

 

西に南アルプス、眼下に四尾連湖、北に八ヶ岳や奥秩父の山々が望める。

ゆるゆる、いいペース(私にとっては)で、途中経過も楽しく登ってこれた。
いつも、ひとり気ままに山を歩いているゆえに、こうして3人で歩く山はどんなだろうと
思ったけれど、すご~く自然体のピカリさんたちと過ごした山の時間はほわほわと流れ
ひとりでは得られない楽しさにあわせてリラックスできた。

道中から山頂にいたるまで、3人様貸切りの蛾ヶ岳、これもまた贅沢なこと。
さぁ、帰りは苦手な急下りが待ってるぞい。。
カモシカの足を持つピカリ♪さんは、下りだした途端すぐに姿が見えなくなった。
私も、転がっていったらどんなに速いかと思うけど、そうもいかない。
おまたせしちゃって悪いけど、ヨッコラモタモタ下るしかない。

 

そして~、俊足ピカリ♪さんはどのくらい前に着いたのでしょうか、大きな栂の樹の下に
ちょこんと座ってにこにこ待っていてくれましたヽ(^。^)ノ
極上天気に恵まれて、ヒーリング効果いっぱいの山行ができた。
ご一緒してくださったピカリご夫妻に感謝!

そして~ホワンホワンとネジが緩んだのか、〆に大ボケ発揮ヾ(・ω・`;)ノぁゎゎ
まっ、それはヒミツのアッコちゃ~ん。。

 

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の蕨山(わらびやま) | トップ | スミレ観察会 in 箱根 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しかったね♪ (ピカリ♪)
2013-05-02 19:14:12
一度目、二度目と本当に楽しかったです~
私も意外や意外・・人見知りで・・・(ホントですぅ)
なのに時間が早過ぎない?って思うほど、一日があっという間に過ぎてしまって本当に吃驚しています。

また遊んでくださいね

最後のアクシデント
私もやりそうだから気をつけようっと
非常に似ている部分ありと感じた一日でした
毎度お世話になります(*^。^*) (wakanga)
2013-05-04 09:53:01
ピカリ♪さん、楽しい一日をありがとうございました!

おふたりの細やかなお気遣いにぺったりあまえて~
のほほ~んと過ごさせていただいちゃいました~
思い出してみれば、ひとつひとつのシーンがどれも和やかで、カタルシスに満ちていたなぁ~としみじみ思います。
どうぞこれからもよろしくお願いです!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。