塩ちゃん日記

明けない夜はない・・・。まんま日記です。気の向くままに綴って参ります。

油断大敵①

2017-06-13 | 日記

 午前中、地域のコンサートホール(約1000人収容可)で、市内小学生およそ500名を招待しての「クラシックコンサート」がありました。引率補助で同行。たまーに、こうしたプロのコンサートや劇団四季のミュージカルを鑑賞できたりする時があるのです。(もちろん、「引率」ですからステージより子ども達を気にしてますよ。)「日ごろ頑張ってるご褒美だ!」と、勝手に思っています

 

 それはそうと、今日はプロの室内楽団。子ども達でも耳にしたことのある有名な楽曲の演奏が続きました。途中、楽器の楽しい紹介や、ステージとフロア一緒になって動くようなしかけもあって、小学生でも見事にクラシックの世界に入り込んでいました。

 で・・・こうした「催し物あるある」で、ステージで司会&歌のお姉さん。そりゃープロのソプラノ歌手です。ベルディの「椿姫」を歌い上げました。マイクなしであの響きは人間技とは思えない。私は心の中で一人で乾杯してましたが。そんな感じでのんきにしてたら、有名な「ドレミの歌」へ。歌だけでなく、ドとかレとかの動きをつけるやつ。すると、お姉さんが「(ステージで)いっしょにやりたい人!」と。会場の子どもたち「はい!はい!」ですよ。

 お姉さんは、ステージから客席に降りてきて、適当な人を探す。「あるある」ですね~。ステージに上がりたい子ども達は、必死でアピール!

 

 歌のお姉さん。「みいーつけた!」。

 

 ん?・・・左腕にぬくもりが・・・なんと、私は歌のお姉さんに左腕を握られたのです。

 つづく・・・

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« グローバル社会① | トップ | 油断大敵② »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なぜ? (H)
2017-06-13 21:07:22
もしかして子供たちに混ざって、手をあげてませんでしたか? いや、あげてましたね!(心のなかで!)(笑)。
早く、続編をよろしくです。
これは! (Tおやじ)
2017-06-14 12:27:05
ラッキーでしたね笑
ステージに上がる時、足が痛い恰好を見せて
お姉さんの同情を誘ってないでしょうね。
歌は子供達に負けないように元気よく歌いましたかな?
あの・・・ (塩)
2017-06-14 18:58:24
Hさん、Tおやじさん・・・私が若宮原人であることご存知でしょう。ステージなんて・・・。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む