日記

お遍路情報と、日記を綴っております。

笹ヶ峰、寒風、縦走する

2017-06-19 15:17:24 | 日記

 

 雨が降らない。梅は黄色くよく熟れた。2本あるうちの1本が成績よく、木は小さいながらも、9キロ近い実を付けた。全部塩漬けし、あとは赤紫蘇を入れるまで時々梅酢をかけてやって、痛まないように見張る。これから熟する桃などの果実は、あまりシトシト降られても困るかもしれないが、カラカラに乾いた畑を見ると、野菜が値上がりするんじゃないかなと心配だ。

 こう爽やかなお天気が続くと、屋外で遊ぶ人には持ってこいだ。

 昨日は私の所属する山登りの会で、快適な縦走コースを歩いた。大永山トンネルから、ちち山、笹ヶ峰、寒風山までのポピュラーなコースだ。車の運転はしなくていいし、何といっても普通の登山道を人の後からついていくのだから、緊張感のほとんどない、ルンルン気分の山登りだ。ランチは何を食べようかな、デザートは何を持っていこうか、山での食事が楽しみになっている。いつもは、家にあるものを適当にザックに詰め込んで、お腹がすいたら立ったままエネルギー補給する、大休止しても一人ならば20分で充分だ。

 

 尾根は笹原、左手に冠山と平家平が見える。

 

 「ちち山のわかれ」までは登りが続く。

 

 あとは、笹ヶ峰を目指して少しずつ登って行く。頂上の神様にお参り。チャンスがあれば7月のお祭りを見学したい。

 6年ぶりにこの会の山行に参加した。私に機会がないのは、参加申し込みの締め切りが早いからだ。やはり仕事優先、ギリギリまで予約を待って、お休みになりそうならば山の会に連絡してみる。すると「もう満員です」と言われる。仕方ない、またの機会にするか、となる。

 計画書を受け取ってビックリ、12人のメンバーのうち私が一番若い。20年以上前、入会したとき、私は40歳くらいだったと思うが、当然かなり若い方だった。それから会員番号がだんだん上がって行って、200番台から50番台にまでなった。私以後に入会した人も、皆若くはないということか。

 「あれっ?、私が一番若い?」

 「でも、三谷さんが一番古いよ」

 私の後ろを歩く男性たちの話が、聞くともなく聞こえてくる。ガンの話で盛り上がっている。

 「ワシは〇〇ガンや、あんたは?」

 「数値が上がったから、今度検査入院する」

 「この 年になったら、病気の話ばっかりやな。病気の自慢しよる。ああ、自分の方がまだましやなあと安心しよる、ハハハ・・・」

 この日のメンバーは、60代後半から70代半ばの人生の先輩ばかり。ホント、元気です。かれらの年に追いついたとき、自分の体はどの程度維持できているだろうか。山に来て、楽しくしゃべっている限りガンは何処かいってしまいそう。皆さん、元気でまた会いましょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 水辺の景色 | トップ | ツバメ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。