日記

お遍路情報と、日記を綴っております。

2016年、最後の日

2016-12-31 20:07:09 | 日記

 今年、年末年始は穏やかな天気になるそうだ。大晦日の今日は快晴、外のお掃除に最適な天気だった。いつも一日が終わりかけて思う、今日、何したっけ? やろうと思っていたこと、いくつできただろう。こうして、瞬く間に、一週間が過ぎ、一年が終わる。

 12月は慌ただしい月だ。

 

 中国語サークルの忘年会は、押し迫って23日に行われた。毎年、時間の都合のつく人が、午後から餃子作りに参加する。それに、各自が持ち寄った、から揚げ、寿司、漬物、スウィーツなどが加わり、宴が始まる。尺八、太極拳、二胡、オカリナの出し物があった。私は二胡とオカリナを演奏した。当然ながら、緊張で普段のようにはいかない。いつになったら、人前で、余裕をもって、楽しく弾けるようになるのだろう。

 それが終わると、24日、25日は恒例の大山登山だ。夏に、自宅解体のため、荷物を引っ越したので、冬山の登山道具が準備できるかどうか心配だった。早めに少しずつ取り掛かればいいのであるが、行事がひとつ終わってから次の事柄に頭を切り替えなくてはならない、不器用な人間なのである。

 当然山道具はどこそこにと、置き場所を決めていたが、冬スパッツと冬手袋が見つからず、夏用スパッツと、使いにくい、内手袋と外手袋が縫い合わさっている冬手袋を持って行った。このタイプの手袋はおススメできない。手袋を外した時、指の部分が別々になって、手を入れた時、内と外がうまく合わない。イライラしながら指と内手袋と外手袋を合体させようとするもののうまくいかず、1,2本の指は変に曲げたまま、気持ち悪い思いをしながらピッケルを持つ。

 駐車場の隅にコソッとテントを張る。寒くて眠れないのは厭なので、靴下は3足、下半身はカッパを含めて3枚、上半身はダウン2枚、下着を含めて計5枚、シュラフとシュラフカバー、これだけ着込むと前半はホカホカよく眠れた。しかし、夜中から明け方にかけて、気温はグングンさがり、地面と接触するところからゾクゾク寒気がしてくる。寒くて目が覚める。

 

 前日宵は霙だったが、登山当日は快晴。日本海がはっきり見えた。

  

頂上小屋

風もなく、気温も高く、登りやすかった。

 小屋で、いつものカップ麺をつくって食べる。

 山が終わったら、次は印刷所に発注してある年賀状を受け取って、あて名書きが始まる。宿泊名簿を見ると、ああ、あのときあんなことがあったとか、こんなことを話したとか、思い出される。筆ペンで、手書きで書いていくアナログ作業も嫌いではない。「年賀状、有難う」とおっしゃって又来てくださると、とても嬉しい。頑張って、裏面いっぱいぎっしり書いた甲斐があったというもの。

 紅白歌合戦を見ながらブログを書いている。テレビは点いているけれど殆ど見てはいない。子供のころは、家族皆これを見るのが楽しかった。最近は面白くも感じていないのに見ている。冒頭、高橋真梨子らしき人がちらっと見えたので、この人の出番まで待つことにした。見たいという歌手が本当に少ない。

 元日は雲辺寺に初参りに行く。雪の雲辺寺もいいけれど、明日もいいお天気のはず、参拝者も多いかも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 観光立国 | トップ | 2017年、明けましておめ... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事