ワカキコースケのブログ(仮)

読んでくださる方ありがとう

約4ヶ月ぶりの更新

2017-08-09 04:07:09 | 日記


…………ブハアッ!(パニック映画などで、海に沈められていた主人公が海面にあがる時の音)

それぐらいの感じでの、久々のブログ更新です。
IDが分からなくなってログインできなくなり、イヤになってずっと放っていました。

案内画面に「パスワード変更」しかなくてイライラしちゃう人、いるのではないかと思います。
しかし、gooからのメールで「△△さんこんにちは」と書いてある場合、その「△△」が、あなたのIDみたい。試しに僕もそのキーワードを打ってみたら、すぐに入れました。試してみてください。

さて、再びブログに戻れたもののどうしようか。夜中過ぎだし、もう終わらせたいのに終わらせにくい。

もともと長文の練習や勉強したことの覚え書き置き場にしていて、そのクセがついているため、短文で済ませることに妙に抵抗があるのです。
かといって、ここ最近はありがたいことではあるんだけど、仕事や活動が割と埋まっており、趣味としての勉強が足りていない。しかし、よそのブログを読んで、ただあれ食ったここ行った、なに見た、だけで終わるのを読まされる時のガッカリ感(長くても短くてもガッカリの質は同じ)もイヤなんだ。申し訳ないけど。我ながらメンドくさいです。

せっかくなので、最近あった小さい話を。

僕の住んでいる町の駅前で夕方、おじさんがバッタリ倒れていました。60代ぐらいのようす。
正直、気づかなきゃよかったと思いました。気分を悪くした程度ならいいけど、脳梗塞か心臓発作ならどうする。どうしていいか分からん。AEDの講習を一度は受けてみようと考えてそれっきりなのを、こういう時だけは激しく後悔します。救急車って何番だったか。

「だいじょうぶですか」
おそるおそる声をかけたら、昏倒していたおじさん、すぐに目を開けて僕をにらみました。
「ああ? うるせえ、うるせえ」
「どうしたの」
「酒呑んじゃわるいか」
「あ。なんだよ、酒か!」
少し大きな声で言ったのは、遠巻きにして、僕と同じように声をかけるべきかどうか迷ってた人たちに聞こえるようにです。(単なる酔っ払いですからダイジョーブ、どうぞ行ってください)というサインね。

そしたらおじさん、僕に怒鳴るの。
「お前、見ない顔だな、見ないぞ!」
「見ないって……初対面でしょ。こんなとこで寝ちゃダメだよ」
「お前、A(区の名前)か。Aか」
「そう、ここはAで……え?」
「A警察署か。お前、ケーサツか!」
交番に連れていかれる常連らしい。

瞬間、その誤解に乗りました。警察官を演じられるめったにないチャンスです。相手はへべれけだから、バレようがない。
しかもジーンズにTシャツだからモロに私服警官。つまり、刑事だ。七曲署的にはニックネームはなんだ。ライターか。ライター刑事だ。

「そうだよ。最近異動してきたの。よろしくね」
「うるせえ、うるせえこの」
「夕方からたっぷり呑んで、いいなあ。涼しくなって気持ちいいね」
「あッ?……ううん……」
「大丈夫、警察なんか連れてかないから。ただね、ここ人がたくさん通るんだよ。スロープで寝てるとさ、ベビーカーや車いすの人が来たら困っちゃう」
「……」
「そろそろ帰ろう」
「ううん……」

迷惑な酔っ払いでもすぐにしょっぴいたりせず、フランクに諭す人情デカ。演じていて……快感でした。かつての映画やドラマに登場したロールモデルは、本当に参考になりました。そしておじさんは渋々と起き上がってどっかに行き、僕は打ち合わせに遅れました。

この時、つくづく思った。僕のこの行動は、けっして性格が優しいからなどではない。趣味的なものです。どっか、面白がってしまうのね。日常生活におけるこうしたイレギュラーな局面を楽しみにしてしまうヘキがある。つまり、ネジが一本抜けている。

絶対に、お勤めの人のほうが僕よりも心根は優しい場合が多いのです。でも、それゆえに忙しいし、慎重。他人に気を配って首突っ込むことで生じるリスクを、フラフラ生きてる僕の何倍も考えてしまう。

優しい人ほどおせっかいが怖い。これは、なかなか仕方ない問題です。
日本人の大半は家族や友人以外の他人に冷淡、無関心だとは昔からよく言われてますけど、心から、自分と自分の家族さえよければいい、と言い切れる人は少ないはずです。

夕方の電車で、おとしよりに席を譲った女学生。再び座ったらまた違うおとしよりがきて、立ち上がるタイミングを逃しちゃって。
その光景を詩にしたもの。誰の、なんという詩だったっけなあ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 聴くメンタリーのイベント、2... | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。