あおい輝彦   あなただけを

2016-07-31 04:43:28 | 歌謡曲・J-POP
あおい輝彦   あなただけを


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20160731044627f11.mp3

ああ 今年も南の風に 誘われてきたよ
静かな夏の 雨に濡れた浜辺に
今もあなたを想いつつ
ああ いつでもあなたの側に
いられるようになりたい
あなたのなにげない ちょっとした仕草さえ
見ているだけの僕だけど
今より素晴しい人生 愛するあなたとならば
かなわぬ夢もありはしない
受けとめて欲しい
ああ あなたを愛し続けたい
僕のすべて賭けても
一緒にいる時も 離れている時にも
愛し続けたい いつまでも

ああ あなたが歌を口ずさみ 僕の心を揺さぶる
ほかの誰にも 聞かせたくないんだ
あなたの声は僕だけに
波打つ髪が風に吹かれ 白いうなじにからんで
愛は永遠にと囁やいている
海より深く
ああ あなたを愛し続けたい
僕のすべて賭けても
一緒にいる時も 離れている時にも
愛し続けたい 生きている限りいつまでも




時々、特に好きでもないんだけど、耳にまとわり付くように、残る曲ってありますせんか?(笑)
この曲もマスターにとっては、そんな1曲です。

<都知事選>投票率「50%台後半」予想も 期日前は好調

31日投開票の東京都知事選を巡っては、舛添要一前知事の公私混同問題が表面化してから報道がずっと続き、毎日新聞の世論調査でも9割以上が「関心がある」と回答した。有権者が1100万人を超え、投票率が1%変わるだけで10万票以上が動く選挙。期日前投票は好調で、都関係者は2014年の前回選挙を上回る投票率を期待する。(毎日新聞)

公示前から話題性をもって連日報道されていたこともあり、投票率は上がりそうですね。

ここ数回の都知事選の投票率は40%半ばでしたから・・・

すると、浮動票が100万票以上増える計算、増田氏は不利かもです。

戦前の予想通り、小池氏圧勝?

NHKが8:00から開票速報の番組を50分組んでいますから、時間内には「当確」が出そうです。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

青春の鐘 舟木一夫 

2016-07-31 01:48:34 | 青春歌謡
青春の鐘 舟木一夫 さん(VER2)


http://blog-imgs-84.fc2.com/t/o/s/toshiichi/2016032903340753e.mp3

水色の空 鳴る鳴る鐘は
花いまひらく 大地の春よ
愛のきらめき 南風
悲しみは捨てたまえ 雪崩も消える
ああ 青春に 希望(のぞみ)あり

秘かにこころ寄せあうひとも
やがては遠く 別れるひとか
声を忍んで 泣くな 君
いつの日か 懐かしの思い出となる
ああ 青春に 憂いあり

太陽の下(もと) かげろうゆれて
巣立ちの鳥も あの森越える
君は微笑む 白椿
はげまして 慰めて 旅ゆく彼方
ああ 青春に 未来あり



映画「青春の鐘」が舟木の青春映画の最後にして「総決算」だったように、歌謡曲「青春の鐘」も、舟木の青春歌謡の最後にして「総決算」だったといってよいでしょう。
(実際、これ以後、もう舟木に純然たる「青春歌謡」と呼べる曲はありません。)
 
「総決算」にふさわしく作詞はデビュー曲「高校三年生」以来舟木の青春歌謡路線を確立した丘灯至夫が手がけます。

詞も、「希望」「憂い」「未来」と、舟木らしい「あはれ」を含んだ青春讃歌。
 
とりわけ、一番の「水色の空」「大地の春」「南風」には、広々と開けた大地と天空、その間を吹きわたる大気の流れ、壮大なスケール感があります。

そのスケール感を、古関裕而が、交響曲も書いた作曲家らしく見事に表現しました。
 
映画の後半の舞台・新潟県長岡市は豪雪地帯。雪国の春先の空はまさしく淡く澄んだ「水色の空」。

「雪崩も消える」は戦後青春歌謡の模範にして丘の師匠でもある西條八十作詞「青い山脈」の「雪崩は消える」の本歌取り。

もちろん本歌取りの技法は本歌へのオマージュ、鐘(ベル)の音を聴きながら旅を行くのも「青い山脈」を踏襲しています。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

回転禁止の青春さ 美樹克彦

2016-07-31 01:35:40 | 青春歌謡
回転禁止の青春さ 美樹克彦


http://blog-imgs-84.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20160406022534e63.mp3

俺の選んだ この道が
廻り道だと 云うのかい
人の真似して ゆくよりか
これでいいのさ このままゆくさ
*ゴーゴーゴー レッツ ゴー
ゴーゴーゴー レッツ ゴー
回転禁止の 青春さ*

かわいい娘に であったら
ちょいとサイレン 鳴らすのさ
通りすぎれば それまでさ
うしろなんかは ふりむかないぜ
*~*くりかえし

雨でスリップ するときも
フルでとばせぬ ときもある
俺はゆくのさ マイペース
ひとり唄って ひとりでほめて
*~*くりかえし




「回転禁止」は「Uターン禁止」、しかし、「Uターン」を「回転」というのはきいたことがありません。(道路交通法の用語では「転回」だそうです。)

このあえて破格な野暮ったい用語が、かえって歌としては生きています。

ところで、美樹克彦は「回転禁止」といいながら、ステージ上では前奏で、まるでジャニーズ(初代ジャニーズですよ)みたいに両手をひろげて「回転」して踊っていましたね(笑)。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木下恵介劇場 「記念樹」主題歌

2016-07-30 16:42:50 | マスターお薦め曲
木下恵介劇場 「記念樹」主題歌 (1966年)


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201607301649386c4.mp3

桜の苗が 大きく育つ頃
僕らはみんな 大人になるんだ
あいつと こいつ あなたと私
真赤な頬っぺは しているが

日照りのときも 冷たい雪の日も
負けたら駄目だぜ 僕らの夢は
いつでもお前と 仲良しこよし
空までぐんぐん のびてゆく

嬉しきゃ泣いて 悲しきゃ笑うんだ
仲間がみんな 見てるじゃないか
それでも淋しきゃ 大きな声で
呼んでみるんだ “母さん” と

冷たい風は 僕らをためすのさ
白い粉雪は 花びらなのさ
泣いたら駄目だぜ そこまで春が
来てるじゃないか 手をのべて



第9回児童福祉文化賞受賞。優秀映画鑑賞会推薦。PTA全国協議会推薦。

「一本のさくらの木によってかたく結ばれた養護施設の保母と子供たちの15年にわたる愛の記録を描いたドラマ、木下恵介劇場 「記念樹」。

15年前、横浜の養護施設の園児たちは、結婚して施設を去ることとなった一人の保母に別れを告げました。

やがて時は流れ15年ぶりに再会した保母に、教え子たちは様々な問題を、・・・毎回様々なエピソードを通してヒューマニズムに満ちた世界が描かれたドラマでした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

友よ

2016-07-30 02:32:09 | フォーク&ニュー・ミュージック
友よ 本田路津子


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/2016073002350512d.mp3

友よ 夜明け前の闇の中で
友よ 斗いの炎を燃やせ
夜明けは近い 夜明けは近い
友よ この闇の向こうには
友よ 輝く明日がある

友よ 君の涙 君の汗が
友よ 報われる その日が来る
夜明けは近い 夜明けは近い
友よ この闇の向こうには
友よ 輝く明日がある

友よ 昇り来る朝日の中で
友よ 喜びを分かち合おう
夜明けは近い 夜明けは近い
友よ この闇の向こうには
友よ 輝く明日がある



「よぉ、兄ちゃんら。アンポ、アンポって騒いどるけど、アンポってなんやねん?」
「アンポいうたら、日米安全保障条約に決まってるやろ」
「そんなもん知っとるわ。中身を聞いとんや?」
「それは・・・よう知らんけどな。まぁ~とにかくや、安保延長反対しなアカンのや。安保粉砕や!」
「なんじゃそりゃ、内容も知らんのかい。アホらし~」
ママさんが困った顔してボソッと、
「こらっ、常連さんにケンカ吹っ掛けんといてや。売上げにヒビくやないの、頼むで~」

熱いエネルギーと軽薄さが入り混じる混沌とした時代。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初恋

2016-07-30 02:17:13 | 青春歌謡
島崎藤村 若菜集 初恋


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20160426053550e1f.mp3

まだあげ初めし前髪の
林檎のもとに見えしとき
前にさしたる花櫛の
花ある君と思ひけり

やさしく白き手をのべて
林檎をわれにあたへしは
薄紅の秋の実に
人こひ初めしはじめなり

わがこゝろなきためいきの
その髪の毛にかゝるとき
たのしき恋の盃を
君が情に酌みしかな

林檎畠の樹(こ)の下に
おのづからなる細道は
誰(た)が踏みそめしかたみぞと
問ひたまふこそこひしけれ




オリジナルは昭和38年11月に「男の道/初恋」で小林旭が歌いました。

昭和の抒情歌の伝統に連なる曲調ですが、古くからの歌曲ではなく、小林旭のために作られた曲です。(小林旭版の編曲は安藤実親。いまyoutubeにはありません。)

小林旭はその2年前に「北帰行/惜別の唄」(昭36-10)で藤村の詩を原型とする「惜別の唄」を歌った実績がありました。

島崎藤村の詩「初恋」が作曲されたのはこれが初めてではありません。

古くは大中寅二(藤村の詩「椰子の実」の作曲者)による曲がありますが、これは唱歌風の曲調でした。(youtubeで聴けます。)

だから、「初恋」を見事な抒情歌謡に仕立てたのは若松甲の功績です。(たぶん「惜別の唄」の曲調を踏まえての作曲だったでしょう。)若松甲はその前年、昭和37年に作曲家生活を始めたばかりでした。

その「初恋」を8年後に舟木一夫がアレンジを変えて歌いました。小林旭の甲高く突き抜ける声質で生かしきれなかった抒情性を見事に歌いあげて、舟木一夫久々の大きなヒットになりました。

昭和46年=1971年の紅白歌合戦でも舟木は「初恋」を歌います。しかし、これが舟木一夫最後の紅白出場になりました。舟木一夫がひとり支えてきた反時代的抒情の最後の光芒でした。

60年代青春歌謡全盛期を築いた舟木一夫はこうして急速に表舞台から消えていきます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美空ひばり「弁天小僧」

2016-07-29 05:43:39 | 懐かしのメロディー
美空ひばり「弁天小僧」


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20160729055031ea8.mp3

1 牡丹の様な お嬢さん
  シッポ出すぜと 浜松屋
  二の腕かけた 彫物の
  桜にからむ 緋縮緬(ひぢりめん)
  しらざァいって 聞かせやしょう
  オット俺らァ 弁天小僧菊之助

2 以前を言いゃ 江の島で
  年期づとめの お稚児さん
  くすねる銭も だんだんに
  とうとう 島をおわれ鳥
  噂に高い 白波の
  オット俺らァ 五人男のきれはしさ

3 着なれた花の 振袖で
  髪も島田に 由比ヶ浜
  だまして取った 百両も
  男とばれちゃ 仕方がねえ
  つき出せなせえ どこへなと
  オットどっこい サラシは一本切ってきた

4 素肌にもえる 長襦袢
  縞の羽織も 南郷に
  着せかけられて 帰りしな
  にっこり被(かむ)る 豆しぼり
  鎌倉無宿 島育ち
  オットどっこい 女にしたい菊の助



「知らざあ言って聞かせやしょう。
浜の真砂(まさご)と五右衛門が歌に残せし盗人(ぬすびと)の種は尽きねえ七里ヶ浜、その白浪(しらなみ)の夜働き、以前を言やあ江の島で年季勤めの稚児(ちご)ヶ淵(ふち)、江戸の百味講(ひゃくみ)の蒔銭(まきせん)を当(あて)に小皿(こざら)の一文子(もんこ)、百が二百と賽銭(さいせん)のくすね銭(ぜに)せえだんだんに 悪事はのぼる上(かみ)の宮(みや)、岩本院(いわもといん)で講中(こうじゅう)の枕捜(まくらさが)しも度重(たびかさ)なり、お手長講(てながこう)と札附(ふだつき)に とうとう島を追い出され、それから(わかしゅ)の美人局(つゝもたせ)ここやかしこの寺島で、小耳に聞いた祖父さんの似ぬ声色で小ゆすりかたり、名さえ由縁の弁天小僧菊之助という小若衆さ。」


歌舞伎の「青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)、浜松屋の場」で、弁天小僧が諸肌脱いで言うセリフです。

「河竹黙阿弥」の作で、文久3年3月(1862)に初めて市村座で上演されました。

5人の大泥棒が主人公の歌舞伎で”白波五人男”として人口に膾炙しています。
 
モデルとなったのは、延享4年(1747)に獄門になった日本左衛門の一味。

日本左衛門は尾張藩の下級武士の息子で本名は浜島庄兵衛といい、数十人の泥棒一家を引き連れて、遠州の豊田郡貴平村に本拠を構えて東海八ヶ国中心にを荒しまわったと伝えられます。

歌舞伎では特に盗賊の中心人物であった五人を白波五人男(弁天小僧菊之助、南郷力丸、日本駄右衛門、忠信利平、赤星十三)としています。なお、白波(または白浪)とは、中国で、黄巾の賊張角の残党が西河の白波谷にこもり白波(はくは)賊と呼ばれ、その訓読から、盗賊を意味するのだとか。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本田路津子/白い花

2016-07-29 00:03:06 | マスターお薦め曲
本田路津子/白い花


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201607282321340c1.mp3

白い花は好きさ
さびしいからと
あなたは言いました
白い花はくちなし
時は真昼 北の国の
小さな小さな恋の想い出
白い花 髪にさして
娘はお嫁にゆく
ふるさとの人懐しみララ
何時の日か
ラララ・・・


白い花は好きさ
やさしいからと
あなたは言いました
白い花はくちなし
海辺の町の片隅に
密かな密かな夏を知らせて
白い花部屋に飾り
娘はお嫁にゆく
ふるさとの人懐しみララ
何時の日か
ラララ・・・



1973年(昭和48年)4月2日から1974年(昭和49年)3月30日まで放送されたNHK連続テレビ小説「北の家族」。

この曲はそのイメージソングとして、森るみ子さんが歌っていた曲です。

ちなみに主題歌は「風は旅人」(歌:赤い鳥)。

ヒロイン・志津の成長を軸に、家族5人がさまざまな試練に直面しつつ、それを乗り越えて生きていく姿を函館、金沢、横浜、宇和島を舞台に描かれ、家族のさすらいを通して、家族とは何かを

問うた作品でした。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本田路津子/めぐりあうためには

2016-07-28 03:57:28 | マスターお薦め曲
本田路津子/めぐりあうためには


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201607280400486c9.mp3

お祭り 花火 ひとりぼっち
夕立 木かげ 見かわす目と目
どれもみんな 必要でした
はじめて二人が めぐりあうためには

星空 口笛 過ぎゆく夏
くちづけ 青春 よふけの海
どれもみんな 必要でした
はじめて二人が めぐりあうためには

ほほえみ 約束 バラ色の日々
いさかい 涙 去ってゆくバス
どれもみんな 必要でした
あの朝二人が 別れるためには

ラ ラ ラ・・・・・
ラ ラ ラ・・・・・
いったいなにが必要かしら?
もいちど二人が めぐりあうためには




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

高原のお嬢さん 舟木一夫 

2016-07-28 03:49:49 | 青春歌謡
高原のお嬢さん 舟木一夫 


http://blog-imgs-80.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201507240253268c6.mp3

あの人に逢いたいたまらなく逢いたい
高原に風はわたり白樺はゆれていた
夏がゆけば恋も終わると
あの人はいつも言ってた
リーフ、リーフ、君に僕の恋を語ろう

つぶらなる瞳よつぶらなる瞳よ
高原の夏はすぎて別れゆく夜はきた
一人よせる夢ははてなく
残り火は赤く燃えてた
リーフ、リーフ、ぼくの恋は消えてしまった

あの人に逢いたいたまらなく逢いたい
東京の空のどこかあの人は住んでいる
せめていちど逢ってききたい
夏の日の恋は嘘かと
リーフ、リーフ、東京の秋は淋しい


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺の涙は俺がふく

2016-07-28 03:36:56 | 青春歌謡
💗俺の涙は俺がふく : 美樹克彦


http://blog-imgs-80.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201507270200126e4.mp3

俺だってッ!
かわいそうにと なぐさめられて
それで気がすむ 俺じゃない
花がひとりで 散るように
俺の涙は 俺がふく
 
負けてたまるかッ!
ひとつしかない 太陽だって
泣けば二つに みえるのさ
風がひとりで 唄うように
俺にきかせる 俺のうた
 
いまにわかるさッ!
もしも俺らが 女の子なら
おれは俺らに 惚れてやる
月がひとりで ひかるように
信じたいのさ まごころを



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

星空のロマンス ピンキーとキラーズ

2016-07-27 05:15:23 | マスターお薦め曲
星空のロマンス ピンキーとキラーズ


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150228211750a6d.mp3

星空に恋しよう
愛しあう人はとおく
ひとしじの光だけ
恋の歌うたいにくる

星がいつも来ては帰る
夜の空に恋しよう
私だけに愛をくれた便り
抱いて会いに行こう

星空に恋しよう
あこがれは時のかなた
とこしえに続く恋
いつの日か夢はとどく





夜更けにひとり、ライブハウスの扉を開ける。
ライブハウスと言っても、今はライブは滅多にやらない。
たまに気のむいたときマスターがギターで往年のプレスリーを懐かしみ弾き語りする程度。

酒を飲んでも酔えない自分が情け無い。
話が弾んでいる中で、ポツンと取り残されたような、そんな自分が嫌だった。

だから取り残されたピアノやギターが雑に置いてあるだけのこの店が好きで時々ここを訪れる。

店内に客は疎らであった。
若い女性3人組、30代男性2人組、大人っぽいカップルが1組、物思いに耽った30前後の女がひとり、そしてオレ・・・僅かそれだけだった。

マスターにメーカーズマークスをロックで注文した。
角張った氷が何故か胸に突き刺さりそうだった。
そう言えば、あの時もアイツとこのカウンターでロックを飲んだっけ。
その時の氷がやけに丸かったのを覚えている。
アイツは疲れていた・・・オレも疲れていた・・・
語ったことも覚えているが・・・。
いや、忘れよう。
忘れるために来たんじゃないか。

物思いに耽ったその女が傍に来た。
よければいっしょに飲もうと言った。
そうだ!今日は1人飲んでも酔えないのだから、この女と飲むことにしよう。

「よく来るの?」

と女は聴いた。

「うん、たまにね。君はどこから来たの?」

「○○市、ひとりで考え事がしたくて・・・ううん、過去を捨てたくてっかな」

「へー、それじゃオレといっしょだ。じゃあ、今夜はしこたま飲もうか」

「そうね、じゃんじゃん飲もう!!」

10時になって客はオレたちだけになった。
オレは誘った。

「よ~し!もう1軒行こう!、俺の知ってるBarに・・・」

女は乗ってきた。

「うん、徹底的にやろう!」

歩きながら女はオレの左腕にすがってきた。

しかし、・・・見上げた空に星は出ていなかった。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舟木一夫「一心太助 江戸っ子祭り」

2016-07-27 01:28:37 | 青春歌謡
舟木一夫「一心太助 江戸っ子祭り」


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201604280445125b9.mp3

生まれついての 勇肌
足の先から 頭まで
意気と張りとが ピンピンしてらあ
おどし無理押し 横車
通しちゃならねえ べらんめえ!
通しちゃ男の オット 名がすたる
   *恋は深川八幡宮
    何も湯島は天神で
    腹はちょっぴり数寄屋河岸
    銭が内藤新宿で
    恐れ入谷の鬼子母神
    ぴいぴい どんどん神楽坂
    酔うて九段の坂の下
    あの娘ハラハラ駿河台*

江戸の雀も まねをする
ここが天下の 一大事
人のためなら 一心太助
野暮であろうと なかろうと
一肌ぬいだら べらんめえ!
とことん男を オット かけてやる
    *~*くりかえし

肩にかついだ 天びんに
咲いたうれしい 恋の花
散るか散らぬか オット 気にかかる
    *~*くりかえし




威勢のよい啖呵で始まって、粋でいなせな江戸っ子魚屋・一心太助の面目躍如。 舟木一夫の曲の中で、最高にはじけた楽しい曲です。

江戸っ子の地口(ダジャレ)がふんだんに取り込まれています。江戸っ子は言葉遊びが大好きでした。
 
「二本差し」は大小二本の刀を腰に差した侍。町人・太助が無法な侍に立ち向かう場面ですね。「田楽」(豆腐田楽)も二本串で焼いたので、「二本差しがこわくって田楽が食えるかってンだ」。江戸っ子啖呵の定番です。
 
「足の先から頭まで/意気と張りとがピンピンしてらあ」は、「尻尾の先から頭まで」とすれば「ピンピン」した魚の生きのよさを売る魚屋らしい文句になります。
 
「恋は深川八幡宮」以下は江戸の地名を使った地口。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

木曾の恋歌/ダ・カーポ

2016-07-26 04:42:33 | マスターお薦め曲
木曾の恋歌/ダ・カーポ


http://blog-imgs-64.fc2.com/f/o/o/footyan0214/2014073005063753b.mp3

月見の宿の 贄川番所
野仏巡りの 奈良井を過ぎて
二十歳の君が 峠を越える
木曾路はすべて 山の中

お六の櫛は 薮原みやげ
旗挙げ八幡 義仲偲ぶ
二十歳の君に 夕日が映える
木曾路はすべて 山の中

代官屋敷 福島の宿
上松早立ち 寝覚ノ床へ
二十歳の君の 足取り弾む
木曾路はすべて 山の中

この世は さすらいの旅
人恋しくて さすらう旅です
声をかけたい 人がいる
男と女の 愛でなく
旅の一夜を 暖め合いたい

花漬け売りの 声きく須原
格子戸越しに 野尻の街道
二十歳の君に 愛しさ募る
木曾路はすべて 山の中

三留野の伝説 恨みの蛇抜け
思いでたどる 妻籠の茶店
二十歳の君に しとしと雨よ
木曾路はすべて 山の中

この世は さすらいの旅
人恋しくて さすらう旅です
夢をなくした 人がいる
今日と明日の 橋の上
愛の翼を休めて行こう

信濃の別れ 馬籠へ着けば
初恋黒髪 リンゴの香り
二十歳の君が 心に残る
木曾路はすべて 山の中



中山道のうち、長野県木曽地方を北から南へと抜ける、木曽路。
この街道は多くの旅人が歩いた五街道のひとつで、峠を越える一番の難所にあたる道でした。
しかし、天候に大きくは左右されず、美しい山道に自然を満喫する木曽路は、江戸時代、旅人憧れの「秘境浪漫の道」でもありました。
今も江戸時代そのままの宿場風情が残っています。
そして、この街道を歩いた人々には、女性も多くいたことがわかっています。
幕末に十四代将軍・徳川家茂へ嫁いだ、皇女和宮の降嫁の道も、この木曽路でした。
今も街道は、江戸時代の旅人の息づかいが感じられる場所なのです。

「木曾の恋歌」、・・・このタイトル通り、木曾の各地が歌われていて、親しみやすい曲です。

「木曾路はすべて山の中である。

あるところは岨(そば)づたいに行く崖の道であり、

あるところは数十間の深さに臨む木曽川の岸であり、

あるところは山の尾を巡る谷の入り口である。

一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた。」
                    
            (島崎藤村『夜明け前』 冒頭)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

寒い朝

2016-07-26 04:26:31 | マスターお薦め曲
森山愛子 寒い朝


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150518052343ff6.mp3


北風吹きぬく寒い朝も
心ひとつで暖かくなる
清らかに咲いた可憐な花を
みどりの髪にかざして今日も、ああ
北風の中にきこうよ春を
北風の中にきこうよ春を
 
北風吹きぬく寒い朝も
若い小鳥は飛び立つ空へ
幸福求めて摘みゆくバラの
さす刺(とげ)いまは忘れて強く、ああ
北風の中に待とうよ春を
北風の中に待とうよ春を
 
北風吹きぬく寒い朝も
野越え山越え来る来る春は
いぢけていないで手に手をとって
望みに胸を元気に張って、ああ
北風の中に呼ぼうよ春を
北風の中に呼ぼうよ春を



もちろん「北風」も「春」も、現実であると同時に、人生の試練や幸福のメタファーです。同様に、「若い小鳥」や「バラ」「さす刺」といった景物=メタファーを多用しながら、「きこうよ」「待とうよ」「呼ぼうよ」と呼びかけ、励まします。
 (「みどりの髪」はもう死語でしょうか。「みどり」はもともとみずみずしく新鮮な状態を意味する言葉でした。生命の萌え出る状態です。だから、生まれたばかりの赤ん坊は「みどり児」です。美しくつややかな髪は「みどりの黒髪」です。ただし、「みどりの黒髪」はあくまで女性のものです。)

十七歳の少女が歌った青春の応援歌です。初のレコーディングという緊張感もあるかもしれませんが、一生懸命歌っている感じが、歌詞の中の少女にひたむきなイメージを与えます。北風の音を思わせながらもやさしさをたたえた曲が見事にマッチしています。コーラスも、何だか大人の男たちがやさしくこの少女を見守っているように聞こえます。

名作映画「キューポラのある街」の印象が強いせいでしょうか、吉永小百合には、逆境にめげることなく、まっすぐ前を見て歩こうとするけなげな少女、といったイメージがありました。(実はスクリーンの中の少女・吉永小百合はほんのちょっと猫背の姿勢が多いのですが、それがまた、他人の目を意識したモデル的な立ち姿とちがって、素朴で前向きな感じを伝えてきました。)自分もつらいことを抱えながら、弱い者はかばってやり、教師に対しても親に対しても、まちがいはまちがいとして指摘し、正しいことは正しいこととして主張する、クラス委員長みたいなイメージとでもいいましょうか。そういう彼女のイメージがぴったりの曲です。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加