歌の翼に

2016-10-17 09:59:12 | 誰でも知ってるクラシック
Nini Rosso 歌の翼に



「わたし…、煙草になりたいな…。」
デートも終わりの時刻に近づいて、二人して入った喫茶店で、ひとしきり、取り留めの無いおしゃべりを交わしたあとに、彼女はぽつりとつぶやいた。
「えっ?…。…なんの話し?…。」
煙草に火を点けながら、ぼんやりと彼女の話を聞いていた彼は、すこし戸惑ったような顔つきで尋ねた。

「だから…、わたし…、煙草になりたいな…。」
首をかしげた彼に、彼女は、溜め息まじりに答えた。
「だって…、煙草になれたら…、いつも、あなたの胸のポケットの中にいて、いつも、あなたに、かまってもらえるもの…。」
彼は、吐き出した紫煙のゆくえを、ただ見つめていた。
彼女も、その紫煙のゆくえを、じっと見つめていた。
二人は永過ぎた春の恋の行方を、その中に見ていた…。

我が国においても、公共空間での禁煙スペースの拡大など、ようやく禁煙化の流れが加速し、定着しつつあり、紫煙を燻(くゆ)らす…こんな言葉も、やがて消えていく運命かも。
マスターは一日二箱以上を吸うヘビースモーカーですから、時のながれとはいえ、なんとなく住みづらい世の中になった気がします。(笑)

この曲、『歌の翼に』は、ドイツロマン派の作曲家メンデルスゾーンによる1836年作曲の歌曲集「六つの歌」作品34の第2曲です。
メンデルスゾーンは、裕福なユダヤ人家庭の生まれで、モーツァルトやシューベルトと同じく比較的短い生涯でしたが、この『歌の翼に』をはじめとして数々の美しい旋律を残しています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢一夜 | トップ | 誰も誰も知らない  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL