コロブチカ

2016-10-20 03:53:35 | 世界の民謡
コロブチカ 


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20161020074345759.mp3

"Ой, полна, полна коробушка,
Есть и ситцы и парча.
Пожалей, моя зазнобушка,
Молодецкого плеча!

おお 小箱は満杯だ
更紗と錦が詰まってる
恋人よ 重くて肩がつらいんだ

Выйди, выйди в рожь высокую!
Там до ночки погожу,
А завижу черноокую -
Все товары разложу.

ライ麦畑へ出ておいで
真夜中までそこで待っているから
黒い瞳のお前が来たら
そこで箱の中身を広げよう



19世紀ロシアを代表する詩人のひとりであるニコライ・アレクセーイェヴィチ・ネクラーソフ(Николай Алексеевич Некрасов、1821~1878)が1861年に出版した長編詩『Коробейники(行商人たち)』の出だし部分が、一般に出回って愛唱歌になったものです。
日本ではフォークダンスの曲の代表として知られてますよね。

作曲者は不明で、ネクラーソフの詩には、『ボリス・ゴドゥノフ』『展覧会の絵』などで知られるモデスト・ペトローヴィチ・ムソルグスキー(Модест Петрович Мусоргский、1839~1881)が曲を施したものがいくつかありますが、『Коробейники』はムソルグスキー作曲ではありません。

また、インターネット上では、ロシアの作曲家ヤーコフ・フョードロヴィチ・プリゴージー(Яков Федорович Пригожий、1840~1920)が作曲したと書いてあるページも見つかりましたが、確実なデータとはいえないようです。

フォークダンス曲の定番中の定番…といったところでしょうか。歌詞を見てみると、いささか意味深な含みもあるんですが、おかげで、この曲がフォークダンスの定番ナンバーになったいきさつについて、いろいろと余計な想像を逞しくしてしまいます。

旧ソヴィエト連邦で開発されたビデオゲーム『テトリス』のBGMに使われていたのも懐かしい話です。
テレビやラジオの宣伝でもときどき使われる曲です。1990年ごろにカ○ビーの「ポ○トチッ○ス」のTVCMで使われていたのが、私の記憶には印象的に残っています。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 誘惑  | トップ | 「まあるいいのち」イルカ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL