この世の花 島倉千代子

2017-06-19 05:56:58 | 歌謡曲・J-POP
この世の花_島倉千代子


http://blog-imgs-75.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150619161809e25.mp3

1 あかく咲く花 青い花
  この世に咲く花 数々あれど
  涙にぬれて つぼみのままに
  散るは乙女の 初恋の花

2 想う人には 嫁がれず
  想わぬ人の 言うまま気まま
  悲しさこらえ 笑顔を見せて
  散るもいじらし 初恋の花

3 君のみ胸に 黒髪を
  うずめた楽し 想い出月夜
  よろこび去りて 涙は残る
  夢は返らぬ 初恋の花



昭和30年(1955)3月に公開された松竹映画『この世の花』(穂積利昌監督)の主題歌で、島倉千代子さんのデビュー曲です。

原作は、集英社の芸能月刊誌『明星』に連載された北條誠の長編小説。最初にラジオ東京で連続ドラマ化され、大人気を博したので、松竹大船撮影所が映画化しました。

愛する人の子を宿しながら、偽りの結婚に身を委ねなければならなかった富豪の令嬢・久美子の悲恋物語です。
菊田一夫原作『君の名は』と並ぶ戦後メロドラマの傑作と言っていいでしょう。

第1部=慕情の巻、第2部=悲恋の巻、第3部=開花の巻、第4部=おもいでの花、第5部=浪花の雨、第6部=月の白樺、第7部=別れの夜道、第8部=さすらいの浜辺、第9部=愛の裁き、第10部=熱砂の抱擁――と計10編制作されました。

好きな女性がほかの男性と結婚した場合、彼女は何らかの事情で「想う人」の私をあきらめ、やむをえず「想わぬ人」と結婚したのだと思いたいものですが、実際には結婚した相手が「想う人」だったというのが、この世のおおかたの真実です。あなたの奥様もそうでしょう、たぶん。……いや、きっと。(笑)


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 恋のフーガ | トップ | 月光仮面は誰でしょう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL