ショパン「幻想即興曲」

2017-06-16 03:46:41 | 誰でも知ってるクラシック
ショパン「幻想即興曲」 羽田健太郎


ポーランドの”ピアノの詩人”、ショパンの即興曲第4番、幻想即興曲です。

なぜかショパンが生前には出版を許可せず、題名も単なる”即興曲”であったのですが、死後に友人のユリアン・フォンタナが「幻想即興曲」として出版したとか。

この辺、果たしてショパンの意志として本意だったかどうか・・・。

そもそもなぜ出版を拒んだのかも未だに謎です。

曲の構造が明確で、緊張と緩和がうまく分けられている分親しみやすい曲です。

それがショパンとしては不満だったのかもしれませんが、この曲を埋もれさせたらもったいなかったでしょう。

三部形式、長い音から3連符の伴奏を左手で弾き始めると、右手で16分音符の素早い走句的なテーマが奏でられます。

このリズム的な緊張感がピアニストの見せ場、劇的に展開してテーマが戻ってくると、速度を緩めて中間部に入ります。

左手は3連符のアルペジョで右手で癒しの主題が始まります。

いかにもショパン的な詩的な展開をしてから、また主部が速度を上げて再現されます。

最後は興奮冷めやらぬ右手の動きの下で、中間部の主題が再現されて静かに嬰ハ長調の和音で曲を閉じます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かげふみ/村下孝蔵 | トップ | 非情のライセンス~野際陽子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

誰でも知ってるクラシック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL