ジンガレーラ(ジプシー娘)

2017-07-31 02:01:42 | 懐かしの洋ポップス
Enrico Macias - Zingarella -Gina Lollobrigida


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150512155242442.mp3

Zingarella, Zingarella,
Les pieds nus dans cette hacienda
Bohémienne souveraine
Ici chacun subit ta loi
Zingarella, Zingarella

Zingarella, Zingarella,
Madone avant les madona
Étrangère familière
Quand les guitares s'accrochent à toi
Zingarella, Zingarella

Zingarella romantica,
Quand tu danses en ouvrant les bras,
Tous les garçons autour de toi
Zingarella, Zingarella

Zingarella bellissima,
Tes cheveux noirs, tes yeux lilas,
Brillent la nuit comme un feu de bois
Zingarella, Zingarella

Zingarella, Zingarella,
La musique est faite pour toi
Magicienne, musicienne
Quand je l'écoute dans ta voix
Zingarella, Zingarella

Zingarella romantica,
Quand tu danses en ouvrant les bras,
Tous les garçons autour de toi
Zingarella, Zingarella

Zingarella bellissima,
Tes cheveux noirs tes yeux lilas,
Brillent la nuit comme un feu de bois,
Zingarella, Zingarella

Tous les garçons autour de toi
Zingarella, Zingarella

Zingarella bellissima,
Tes cheveux noirs tes yeux lilas,
Brillent la nuit comme un feu de bois,
Zingarella, Zingarella




現在は定住している人が殆どですが、かつてジプシーは旅をしながら生活していました。
そのルーツはインド北西部。およそ1000年前、「西に理想の地を求めて」旅を始めた人たちだと言われています。今や世界中に散らばっていて、その数およそ1200万人。

世界中をさすらってきたジプシーは、そのエキゾチックな容姿や、独特の生活スタイルから、ゆく先々で差別されたり、迫害されてきました。しかし、音楽や芸能の才能に長けたジプシーは、住み着いた土地で異文化と自分たちの文化をミックスさせ、独自の“混血文化”を育んできました。スペインのフラメンコ、トルコのベリーダンス、バルカン半島の音楽など、ヨーロッパでジプシーの影響を受けていない国はないと言われるほどです。

また、人気オペラの『カルメン』をはじめ、作家のゲーテ、トルストイ、ツルゲーネフ、音楽家のブラームス、シューマン、リスト、画家のピカソ、ゴッホ、ルノアールなど、ジプシーに触発されて作品を創ったアーティストは数えきれません。

“ワールドミュージック”を確立した第一人者で、「キリン淡麗〈生〉」の CM曲、「♪ボッラーレ、オッオッオ~」でおなじみの世界的なジプシーバンド 『ジプシー・キングス』は、「自分たちの呼び名をポジティブなものに変えていきたい」という意志を込めてバンド名にしているように、彼らの中には「ジプシー」という名を誇りにしている人たちもいます。

また、日本では、“旅の民”「ジプシー」には、ロマンチックな響きや無頼でカッコいい雰囲気があり、自由な生き方への憧れ、象徴として、長く親しまれてきました。

過去や未来といった概念がなく、祖国も文字も持たないジプシーは、とにかく、いつも「今、このとき」に全力投球!? 彼らは苦難の歴史を語り継ぐのではなく「自分たちは“旅の民”だ!」 という民族の誇りにして、1000年もの間、旅を続けながら生き延びてきました。

早くに結婚して子どもを産み、何よりも家族と仲間を大切にしているジプシー。苦難の歴史にもかかわらず、ふてぶてしいまでに明るくポジティブなジプシー。衣装も家の中も、とことん派手好きなジプシー。そのときどきの自分の心に忠実で、テンションがクルクル変わるジプシー。どこまでも優しく、過激なまでにチャーミングなジプシー。

ジプシーの生き方を知ると、「人生はいいことばかりも続かないものの、悪いことばかりも続かない。というか、すでに自分の身に起きてしまったことをネガティブにとらえても仕方がないから、これからの未来を信じるしかないんだ!」と思えてきて、心に活気が湧くこと間違いなし!かもです。

この曲は、エンリコ・マシアスのアルバム「愛の約束」の中で「ジンガレーラ(ジプシー娘)」と言う邦名で収録されています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 琥珀色の日々 | トップ | ブルー・シャトウ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL