橋幸夫 月の舞妓はん

2017-08-16 14:05:27 | 青春歌謡
橋幸夫=月の舞妓はん=倍賞千恵子


月の舞妓はん 橋幸夫


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20160429050113c9d.mp3

花の舞妓と東京育ち
逢った初めは祇園会(え)の
かたくなってた祭客
銀のビラビラ、割れしのぶ
名さえ知らない僕だった
京にゃ悲しい恋語り

あわれ初恋、嬉しい胸を
かくす振り袖、足速(あしば)やな
無言詣(むごんまい)りのいじらしさ
命かけてもかなえてと
願う七夜の神だのみ
京にゃ悲しい恋語り

可愛い舞妓は河原の床座敷(ゆか)に
上と下とで合わす目が
想い送り火、大文字
掟反(そむ)けば人でなし
泣いて月見る嵐山
京にゃ悲しい恋語り



「東京育ち」の若者が「祇園会(=祇園祭)」の夜に誰かに連れられて(誰かのお伴で)舞妓に初めて会った、という設定です。

「銀のビラビラ」も「割れしのぶ」も、その名さえ知らない僕、・・・マスターも知りませんでした(笑)。

「割れしのぶ」は年若い舞妓の髪形、「びらびら」はその割れしのぶに挿す簪、とのこと。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京の恋唄 | トップ | 青いカナリア  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

青春歌謡」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL