通りすぎた風

2016-10-15 01:28:52 | マスターお薦め曲
高田みづえ 通りすぎた風/作曲 谷村新司


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20161014174348793.mp3

たしか昔に読んだある童話のように
心をちぎっては道に落して来た
迷わぬためにてだてだったけれど
時間という名の小鳥達がたべてしまった
誰のせいでもないそれは仕方がない
だけどあの時の心が残っていたら
ひたすら真っすぐにあなたを
見つめることが出来たのに

通り過ぎた心は美しい 通り過ぎた心は優しい
通り過ぎた風はもう戻らない

ふと足元に落ちた心をひとかけら
飢えた小鳥たちが知らずについばむ
目印が何もなくなってしまって
あとは涙しか落とすものが残っていない
誰のせいでもないそれは仕方がない
もしも道端の涙を取り戻せたら
ひたすら真っすぐにあなたを
信じることが出来たのに

通り過ぎた心は美しい 通り過ぎた心は優しい
通り過ぎた風はもう戻らない

通り過ぎた心は美しい 通り過ぎた心は優しい
通り過ぎた風はもう戻らない



この曲は、1978年山口百恵さんが作った詞に谷村新司さんが曲をつけるという企画が持ち上がり誕生した曲です。

ただ、百恵さんによるレコード化はされず、78年3月13日(放送27日)のラジオ「山口百恵のスーパーライブ・カンパニー」最終回の、「百恵とアリスのラブラブコンサート」で世間に初めて公開され、80年1月8日の「ミュージック・フェアー」で谷村さんとデュエットで歌っています。

そして、83年2月今は相撲部屋の女将として幸せに過ごしている「高田みづえ」さんがこの未発表曲をカバーし、知られるようになったわけですが、大ヒットしたわけではありません。

隠れた名曲かも。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 風に吹かれて | トップ | ねじれたハートで  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL