少し遠出をしてみませんか / 浦部雅美

2017-05-15 01:52:13 | マスターお薦め曲


http://blog-imgs-64.fc2.com/f/o/o/footyan0214/20140709060839a09.mp3

少し遠出をしてみませんか
二人の愛も衣更えです
枯葉色した石ころ道を
肩を並べて歩く

とても自然に回された
あなたの腕が優しい
何かを言えばみんな壊れそうで
ただ幸せが続くようにと願う

少し遠出をしてみませんか
風も涼しくなってきました
夏の日焼けをシャツに包んで
静かな午後を過ごす

小さな店でお茶を飲み
見つめられてる歓び
涙ぐみそう花の香りにさえ
今幸せに私の胸は揺れる

知らない街のひとときに
二人の愛の高まり
素敵なことが今に起こりそうで
そっと目を閉じてあなたの言葉待つの



基地の重圧変わらず=大型米軍車両、通学路に―住民無視、訓練強行・沖縄復帰45年

沖縄県は15日で1972年の本土復帰から45年。
国土面積の0.6%の沖縄に米軍専用施設の70%が集中する実態は変わらない。国は沖縄の負担軽減を強調するが、新型輸送機オスプレイ配備や普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事が強行され、住民は基地と共存する生活を強いられている。(時事通信)

所詮、沖縄は「あっちのほう」、沖縄人は「あっちのひと」なんでしょうね・・・。

そんな「こっちのほう」の総理は最近、トランプ大統領そっくりさんに。

発言は支離滅裂、それでもお山の大将を気取り、・・・でも、お山の大将になりたい人の山は いつも小山(小さい山)です。(笑)






ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 追憶 Nini Rosso  | トップ | あなたが 好きで、森山良子 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL