スケーターズ・ワルツ

2017-02-09 05:52:30 | 誰でも知ってるクラシック
スケーターズ・ワルツ ワルトトイフェル Les Pâtineurs Émile Waldteufel



この曲の作曲者ワルトトイフェルは遅咲きの人で、28歳の頃からナポレオン3世の皇后ウジェニーの宮廷ピアニストになってはいましたがほとんど知られておらず、40歳を過ぎてから世に認められたそうです。

「スケーターズ・ワルツ」は1882年にブローニュの森のスケートリンクで触発されて作曲されたもので、冬の景色の中でスケートをする人たちの微笑ましい様子が、わかりやすい明るいメロディーで表現されたワルツです。

曲は、冬の風景が描かれる序奏から始まります。ホルンの角笛風のフレーズに続いてグリッサンド音型によって雪が舞っているような情景が目に浮かんできます。そして第1ワルツが準備されます。ワルツ部に入ると、ゆったりとしたたぶんどなたも一度は耳にしたであろう有名な第1ワルツが始まります。それから、調子よく滑ったり、途中で転んだり、静かに風景を眺めたり・・・そういった光景が楽しくわかりやすい音楽で表されます。途中で鈴の音がシャンシャンと鳴る箇所が出てきますが、これはより効果を上げるために後で追加したとのことです。最後はもう一度第1ワルツが強奏で回想されて華やかに曲を終わります。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  Runaway | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL