ねがい/村下孝蔵

2017-06-17 06:44:25 | 村下孝蔵
ねがい/村下孝蔵


http://blog-imgs-106.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20170617064706e17.mp3

まるで雫が葉をすべり 虹がきらめく雨上がり

君を見つめているだけで 心が洗われる

レモンをかじって 眉しかめ

くすくす笑った天使のような声

こわれやすい素直な気持ち 無くさないで


朝焼け浴びて ほらごらん

燕が宙を切る


洗いたての髪 風にとけ

蝶が舞うように 自由に飛んでゆけ

人の色が混ざった都会に染まらないで


まるで真冬の路地裏で 炎ゆらめく窓の中

黙ってそばにいるだけで 心が熱くなる


君を見つめて

黙ってそばに



<通常国会>失言、疑惑、隠蔽三昧 「安倍1強」ゆがみ露呈

第193通常国会は16日、事実上閉会した。安倍政権が最重要法案と位置づけた改正組織犯罪処罰法は参院法務委員会の採決を省略する乱暴な国会運営によって成立した。5カ月間の会期中は政権側の疑惑や失言が相次ぎ、その影響を抑えようと、情報隠蔽(いんぺい)と強弁が繰り返された。常に安倍晋三首相の意向をそんたくして動く与党と官僚。「安倍1強」のゆがみがあらわになった国会だった。【政治部編集委員 平田崇浩】(毎日新聞)

「安倍1強」、いや「安倍1凶」のゆがみがあらわになった国会も終幕、「忖度」と「損得」という調味料が後味を悪くしてしまいました。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

少女/村下孝蔵

2017-06-16 17:42:51 | 村下孝蔵
少女/村下孝蔵・photo.【夏帆】


http://blog-imgs-106.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201706161735005a2.mp3

白い壁を
染めて草笛が響く丘
菜の花と そして夕月
切れた鼻緒
帰り道の少女が一人
灯りが恋しくて震えてた
かすりの着物
おさげ髪には
飾りなど ありません
服をきせかえても
人形は
言葉など知りません
ふり向いて僕を見つけ
うれしそうに微笑んだ
名も知らぬ
あどけない少女よ
青いホタル
今も甘い水を探して
見つけられず迷い込んだ
セロハン越し
のぞいて見ていた
大きな空に
まだ星は輝いていますか
遠くへ飛ばそうと紙風船
たたいたら 割れました
大人になっても夕立ちに
ふられてばかりいます
あわれ恋も知らないで
まつげぬらした少女は
悲しき夕焼けの
まぼろしか
ふり向いて右手を振り
うれしそうに微笑んだ
いつか見た
僕だけの少女よ



「大好きだった、そして仲良しだった野際陽子さんへ NHKに入ったのが、およそ60年前。あなたはアナウンサー、私は放送劇団。その頃からもう気が合っていて、一緒にフランス語を習ったり、同じお洋服屋さんで、お洋服を作ってもらったり。私は、あなたの感覚が、好きだったし、何より正直だった清らかなあなたが好きでした。長いことFAXでやりとりしましたね、流れるように美しい字のあなたのFAXは、カタカタと静かに送られてきました。大きくてガタガタの字の私のFAXは、あなたと対照的に、恐らく、ドタドタとお宅に到着したことでしょう。いつになったら、あなたが「やすらぎの郷」に沢山出ていらっしゃるかと、楽しみにしていました。あなたが病気で、それどころではない、なんて知らなかったのよ。一緒に芝居をやりましょうとか、よく話しあいましたね。野際さん、胸がいっぱいで、悲しく、なんと言ったらいいのか、わかりません。転勤で名古屋でのあなたの個人アパートに泥棒が入った話は、おかしくて『徹子の部屋』だけでも、4回は、して頂きましたね。いやがらずに、よく話して下さったわね。この2,3日は、ずっとあなたのことを考えていました。どうしてでしょうね。そういえば「死」ぬときのことなんかも、呑気に話しあっていましたね。次に、あなたとお会いしたときに、どんなだったか話しあいましょうね。野際さん、あなたのいらっしゃらない、この世界は、寂しいです。本当にお友達がいなくなったようです。じゃ、今度お会いするまでね。お友達でいて下さってありがとう。」(黒柳さんの手紙の全文)

永久の少女、・・・それが野際陽子さん。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かげふみ/村下孝蔵

2017-06-15 18:41:12 | 村下孝蔵
かげふみ/村下孝蔵 photo 〖堀北真希〗


http://blog-imgs-106.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20170615183846f18.mp3

指切りをして さよならを言った 遠い夕暮れに
綿毛の雲が 流れた夏の日 覚えていますか
靴をならして帰る友 赤いリボンが揺れていた
明日もきっと晴れるはずと みんな信じていた

ポケットの中 つめこんだまま こわれそうな夢
追いかけていた 小さな影に 今も届かない


小鳥が舞った 僕の足許で 青い鳥ですか
一人であける 小さな巣箱に 窓はありますか
遅れた時計直すよに 人を傷つけた日もある
はかない恋に口ずさむ さくら貝の唄

ポケットの中 君の笑顔を そっとしまいこみ
一人きりでも あの日想えば 心熱くなる
追いかけていた 自分の影に 今も届かない

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢の跡

2017-06-15 04:52:39 | 村下孝蔵
夢の跡/村下孝蔵 photo 〖瀧本美織〗


http://blog-imgs-68.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20140903152930685.mp3

階段を登れば 街並が見える丘

霞立つ夕暮れの 古い都町

風の歌が遠くで 泣いているように響く

港からは 最後のフェリーが離れてゆく

1年振り訪ねたアパートの扉には

僕の知らない人の名前がかかっていた

何時までも 僕のこと忘れはしないからと

届いた手紙の訳に 今頃気づくなんて


悪いのはこの僕と 風は頬を叩いて

いつも二人歩いた城跡に一人

破るために約束かわした訳じゃないと

待ち続けてそのまま 枯れた忘れな草よ


涙が虹のように月の光の中で

輝いて落ちていった あの日の君はどこに

失う愛の重さ 気付くまでの時間に

すれ違った 心2つ 叶わぬ夢の跡に


音もなく流れてく 悲しい星のように

すれ違った 心2つ 叶わぬ夢の跡に




階段を登れば街並が見える丘  霞立つ夕暮れの古い都町♪

この楽曲は、1982(昭和57)年 4月21日に発売されたアルバム『夢の跡』のアルバムタイトル曲で、作詞、作曲は勿論、村下孝蔵さんによる作品です。歌に出て来る街並は、松山市の事で、丘は松山城のある勝山の事です。

この楽曲は村下孝蔵さんの『松山行フェリー 』の続編と言える歌です。歌の中では、階段を登ったように歌われていますが、実際は上のリフトを使われたようです。リフトから、村下孝蔵さんは松山の街並を見ながらどんな事を考えておられたのでしょうか。

悪いのはこの僕と 風は頬を叩いていつも二人歩いた城跡にひとり♪

村下孝蔵さんの想い出の場所であり、この楽曲の舞台となった松山城は松山市の中心部にある標高132mの勝山に築城された山城です。標高132mですから、山道を登っても大した事はないのですが、ここにはリフトとロープウェイがあり、利用される方も多いようです。

音もなく流れてく 悲しい星のように すれ違った心2つ叶わぬ夢の跡に♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春雨

2017-04-19 03:21:44 | 村下孝蔵
春雨/村下孝蔵・photo by【石原さとみ】


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150420073849551.mp3

心を編んだセーター 渡す事もできず
一人 部屋で 解く糸に想い出を辿りながら
あの人が好きだった 悲しい恋の歌
いつも一人聞いた古いレコードに傷をつけた

くり返す声が 今もこだま谺のように
心の中で 廻り続ける
電話の度に サヨナラ 言ったのに
どうして最後は黙っていたの 悲しすぎるわ

あの人を変えた都会 すべて憎みたいわ
灯り消して 壁にもたれ 木枯らしは愛を枯らす
せめて もう少しだけ 知らずにいたかった
春の雨に 頬を濡らし 涙を隠したいから

遠く離れた事が いけなかったの
それとも 夢が 私を捨てたの
もう誰も 私 見ないでほしい
二度と会わないわ いつかこの街に帰ってきても

電話の度に サヨナラ 言ったのに
どうして最後は黙っていたの 悲しすぎるわ




春雨、・・・2月末から3月の晩春に用いられる事が多く、雨足がこまかく、しとしと降る冷たい雨のことで、「はるさめ」とか「しゅんう」と呼びます。

冷たくてよそよそ しかった雨粒が、 ほんのりとあたたかくてみずみずしくなる。

そう、ちょっとそこまで行くくらいだったら、 傘なんてささずにこのやわらかい春の雨に濡れていこう。

春の雨には、そんなイメージがあります。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とまりぎ/村下孝蔵 

2016-12-14 04:48:40 | 村下孝蔵
とまりぎ/村下孝蔵 photo 〖入山法子〗


http://blog-imgs-64.fc2.com/f/o/o/footyan0214/20140723062732237.mp3

たとえばあなた最後に帰る場所があり
さまよい疲れていたなら知らぬふりしてた
だけどもあなた最後に帰る場所もなく
倒れそうな人だから心の窓を開けた

風吹けばあなたを 雨降ればあなたを
いつの日もあなたを 想っている
昨日も 今日も そして明日も

パジャマ姿ねむそうに新聞を読んで
紅茶二杯ゆっくりと飲みほした後
ひげを剃り それから言う今日は寒いねと
テレビからは平和そうな声が聞こえてくる

風吹けばあなたを 雨降ればあなたを
いつの日もあなたを 想っていた
私ひとりの 私ひとりの

風吹けばあなたを 雨降ればあなたを
いつの日もあなたを 想っている
昨日も 今日も そして明日も



<カジノ法案>14日にも成立 衆院に修正案回付

カジノ解禁に向けた「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)は、13日の参院内閣委員会で自民党や日本維新の会などの賛成多数で可決された。自民党がギャンブル依存症対策の強化などを盛り込んだ修正案を提出したため、委員長ポストを握る民進党が採決を容認した。14日の参院本会議で可決したうえで衆院に修正案を回付し、同日中に衆院本会議で可決・成立させる。(毎日新聞)

ギャンブルを民間に開放ですかぁ、・・・政治の駆け引きだけで、・・・「止まり木」を外された小鳥はどこに行けばいいのやら。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『踊り子』 

2016-12-13 04:03:50 | 村下孝蔵
『踊り子』 村下孝蔵sanのベストアルバムより


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150420080250835.mp3

答えを出さずに いつまでも暮らせない
バス通り裏の路地 行き止まりの恋だから
何処かに行きたい 林檎の花が咲いている
暖かい所なら 何処へでも行く
つまさきで立ったまま 君を愛してきた
南向きの窓から 見ていた空が
踊り出す くるくると 軽いめまいの後
写真をばらまいたように 心が乱れる
表紙のとれてる愛だから かくしあい
ボロボロの台詞(セリフ)だけ 語り合う日々が続き
坂道を駆ける子供達のようだった
倒れそうなまま二人 走っていたね
つまさきで立ったまま 僕を愛してきた
狭い舞台の上で ふらつく踊り子
愛してる 愛せない 言葉をかえながら
かけひきだけの愛は 見えなくなってゆく
つまさきで立ったまま 二人愛してきた
狭い舞台の上で ふらつく踊り子
若すぎたそれだけが すべての答えだと
涙をこらえたまま つまさき立ちの恋




片想い…なんとなく切なくて、それでも、なにか懐かしい響きのある言葉だな~と、思うようになったら、すでに人生の坂を、かなり登ってきたということになるのかもしれません。

たしかに、結婚して家庭を持って、父となり母となり、子供を育て、あるいは、会社に永年、勤めて、そこそこの役職につくような年代になると、「片想い」…どころやなくて、「肩重い」ですわ。(笑)

いかんいかん、いきなり、冒頭から、こんな、オヤヂギャグ的おちゃらけをかましていては、この歌のイメージ、ぶち壊しやんかと、孝蔵ファンに、叱られそうですね。(笑)

…いやいや、「片想い」という言葉の「蒼さ」に、ぽっ(*^^*)となった、ぼくの照れ隠しですので、許してください。
…なにぶん、ぼくは、実はシャイなもんで、_(^^;)ゞ
シャイはシャイでも、冗談はよしなシャイですか。(笑)

片想い…そう言えば、「シャリ」とか、「アガリ」、「ムラサキ」なんかのお寿司屋さんの隠語は有名ですよね。
それぞれ「寿司飯」、「お茶」、「たまり醤油」を意味する隠語というのは、知っていると思いますが、お寿司屋さんで「片想い」って言う隠語があるの知ってますか。
お寿司屋さん…と言っても、我が家と同じく、くるくる回るところしか行かない人も多いから、知らない人も多いと思いますが。(笑)

正解は、あわびです。
ほんとかな~と思う人は、今度、回らないお寿司屋さんに行ったときには、是非、「片想い!」と注文してください。
お愛想(勘定)のとき、肩の重さはとれないかも知れないけど、絶対に、お財布だけは軽くなります。(笑)

あわびは、「磯のあわびの片想い」と言って、あわびには身が片面にしかついていない、つまり、はまぐりのように、二枚貝ではないことから、片想いと言われるようになったそうです。
ちなみに、はまぐりの方は、二枚の貝が、離れてもぴったしと合うことから、婚礼祝儀の膳の吸い物などに使われます。

もっとも、結婚の祝儀袋などに付いている熨斗(のし)は、古来、あわびを乾燥させて「のした」ものだということで、あわびが必ずしも片想いで縁起が悪いということではないことを、最近、会ってないあわび君の名誉にかけて、付け加えておきます。(笑)

あれ、なんの話?グルメと、冠婚葬祭の話でしたっけ(笑)…そうそう、片想いの話でしたよね。(笑)

恋は片想いの方がいい…そういう人がいます。
片想いであるかぎり、どんなに想いを寄せても、恋は成就しない代わりに、また、失うこともないのですから…。

でも、片想い…言葉の響きだけでも、やはり、せつない。
そして、叶わぬ恋と知りつつ、心の中のときめきと、ゆらめきは、両想いになるよりも、いっそう激しいかもしれませんが。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あなた踊りませんか/村下孝蔵

2016-11-19 04:28:12 | 村下孝蔵
あなた踊りませんか/村下孝蔵


http://blog-imgs-83.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20151024033519750.mp3

あなた踊りませんか 夜のしずく のみほし
月あかりとバラのかおり  はだしで草の上を
今日は踊りませんか ずっと踊り ませんか
指をからめみつめあって
つかずはなれず 夜明けまで

二人でだきあっても かなしく なるのはなぜ
夢からさめたら そっと夢にもどろう
二人で生きていても さみしくなるのはなぜ
夢からさめても それも夢のなか

あなた踊りませんか ことばわすれしずかに
みずうみにはゆれる小舟  いきをひそめてねむる
今日は踊りませんか ずっと踊り ませんか
いちごのみはくちうつしで
いとしさはつぶさぬように

二人でだきあっても かなしく なるのはなぜ
夢からさめたら そっと夢にもどろう
二人で生きていても さみしくなるのはなぜ
夢からさめても それも夢のなか

二人でだきあっても かなしく なるのはなぜ
二人で生きていても さみしくなるのはなぜ
夢からさめても それも夢のなか
夢からさめても それも夢のなか



この曲「あなた踊りませんか」は、もともとはタレントの柳葉敏郎さんがカラオケで(踊り子)を よく歌われていて『僕にも踊り子のような曲を作って下さいよ』とお願いされ提供した曲だそうです。
曲はタンゴ調のちょっと大人の雰囲気、しっとりした素敵な曲に仕上がっていますよ。


トランプ氏と率直に話し合い、信頼構築できると確信=安倍首相

[ニューヨーク 17日 ロイター] - 安倍晋三首相は17日、ニューヨークで次期米大統領に選出されたトランプ氏と会談した後に会見し、「2人でじっくりと胸襟を開いて、率直な話ができた」と述べた。

首相はトランプ氏との会談について「ともに信頼関係を築いていくことができる、そう確信の持てる会談だった」と評価。中身について具体的な言及は避けたが「私は私の基本的な考え方について話をした。様々な課題について話をした」と語った。


さて、どっちが躍らせ、躍らされているのかな?(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

この国に生まれてよかった/村下孝蔵

2016-11-07 16:44:11 | 村下孝蔵
この国に生まれてよかった/村下孝蔵


http://blog-imgs-91.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20161107170527986.mp3

春夏秋冬 繰り返す
季節を着替えながら
花に埋もれて 月を待ち
鳥を追いかけ
睦月 如月 弥生 卯月
朝から夕べへと
雪と舞い遊び 雨に濡れ
雲をたどり

この国に生まれてよかった
美しい風の国に
ただひとつの故郷で君と生きよう

湯の町 門前の境内
城跡 漁り火よ
岩清水に触れ 石畳
川を眺め

この国に生きててよかった
美しい風の国で
地平線の緑色 見つめていこう
この国に生まれてよかった
美しい君の国に
ただひとつの故郷を二人歩こう

紅葉の山並み 青い空
白いうなじに映る
遠い夢ならばこの国で叶うように
遠い夢ならばこの国で叶うように



米大統領選、両候補ラストスパート クリントン氏が4~5Pリード

米大統領選挙の投票日が2日後に迫った6日、共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が5州を遊説して回る一方、民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)氏は支持基盤で票固めに動き、激しい選挙戦を続けている。(AFP=時事)

日本では8割の人がクリントン支持というアンケート結果もありますが、やはり既制が好きな風土かもしれませんね。(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

村下孝蔵 一目ぼれ

2016-11-05 05:16:37 | 村下孝蔵
村下孝蔵 一目ぼれ


http://blog-imgs-91.fc2.com/t/o/s/toshiichi/2016110505191157b.mp3

遊び上手な奴と人が噂してるよ
今日も俺を横目で見ては

こんな俺が愛したおまえ
本気さ とても好きさ もう離さない
ほんとさ だから

淋しすぎたから派手なふりして
いろんな女に声かけただけさ

今までいつもおまえみたいな女さがしていたよ
嘘じゃないよほんとさ今夜はこのまま

淋しすぎたから話していただけさ
あいつがいうほどそんなワルじゃない

だけど遊び上手な奴と人が噂してるよ
今日もそんな俺でよければ

こんな俺が愛したおまえ
本気さとても好きさもう離さない
今夜はだから



どの スポーツにも美女アスリートは存在しますが、女優やモデルとは違った魅力がアスリート にはありますよね。

ウエイトリフティングの八木かなえさん、ビーチバレーの坂口佳穂さん、新体操の畠山愛理さんなどなど・・・・・。

マスターが好きなのは卓球の石川佳純さんで~す。(笑)








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花ざかりの森  村下孝蔵

2016-11-03 05:16:25 | 村下孝蔵
花ざかりの森  村下孝蔵


http://blog-imgs-91.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20161103051830724.mp3

されど寂しき 鐘の音が鳴る
そのくちびる悲しくて君は
雨に濡れてる紫陽花の花
ひとり泣いてた

砂丘には宵待草
誰を待つかゆらゆらと揺れる
星が消えた朝焼には
僕は月と沈む

されど寂しき鐘の音が鳴る
街はもう花ざかり

されど寂しき鐘の音が鳴る
雲は流れこの恋はおわる
よろめいた後ひざをつく君
ひとり泣いてた

紫の名もない花湖畔に咲き
枯れてゆくいつか
波がみだれ岩を砕き
水をにごしてゆく

されど寂しき鐘の音が鳴る
街はもう花ざかり

長い壁には落書き
頭を垂れ黙り込む空に
花吹雪美しく
はらり風に舞った
されど寂しき鐘の音が鳴る
その紅きくちびるよ



<憲法公布70年>理想「サザエさん一家」 24条改正巡り ◇「日本会議」関連団体 啓発のDVD制作も

改憲運動を展開している保守団体「日本会議」(田久保忠衛会長)は、憲法24条を改正すべきだとの主張を強めている。背景には伝統的な家族を理想とする心情がにじむ。家族のあり方は憲法で定めるべきか--。

「サザエさんが今も高い国民的人気を誇るのはなぜでしょう」。日本会議の関連団体が制作した啓発DVDの一場面。ナレーターは24条により家族の解体が進んだ結果、さまざまな社会問題が起きているとして、3世代同居のサザエさん一家を理想と持ち上げた。(毎日新聞)


う~ん、「家族」の大切さは心情としては理解出来ますが、・・・では、単身者や子供のない人には、どう、映るのでしょう。

「花ざかりの森」の美しさはあっても、寂しき鐘の音が鳴る ・・・・。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帰郷  村下孝蔵

2016-11-01 03:36:35 | 村下孝蔵
帰郷  村下孝蔵


哀しい時はひとつずつ やり直すこと教え
傷つけた私の言葉 浮かべては消して
あの時はまだ人生を 決めることが恐くて
ひとり歩きがしたかった 自分を笑って

転びそうになったら
手を差し伸べて下さい
もう一度この都会で逢えたら
貴方の胸に飛び込みたいけれど

寂しい時は懐かしい 子供の頃の唄と
祭り囃子の遠い音が そっと蘇る

見上げれば今黄昏に 渡り鳥は南へ
翳りゆく遥か家路へ 群れなし飛び立つ

明日の朝になったら
故郷に帰ります
もう二度と戻らないと書いた
駅の伝言板 白い文字を残して


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花れん/村下孝蔵 

2016-10-05 04:21:17 | 村下孝蔵
花れん/村下孝蔵 photo.〖長澤まさみ〗


http://blog-imgs-82.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20151018064224f0f.mp3

遠くのあなたまでそのまま 伝えることができたなら
例えば白い花ならば 寂しくて泣いていますと
赤い花なら 元気ですと 教えられたなら
あなたのまわりを いつも飛び続ける
小鳥になりたい 誰よりも近くで
追いかけて ゆきたいけれど
何もかも すてたいけれど

大切にしまっておいた 子供の頃のたからもの
ずっと探しているけれども どうしても見つからない
そんな夢から覚めた朝 小さなビーズの首飾り
取り出してみたら 糸が切れ 床にちらばった
窓の外は雨 昨日も明日も
あなたはこの場所に 戻ってこれない
追いかけて 行きたいけれど
何もかも すてたいけれど

心が形で送れるものならば
どんなにあなたは おどろくでしょうか
追いかけて 行きたいけれど
何もかも すてたいけれど



五輪開催費に上限設定=豊洲問題「重く受け止め」―小池知事が初の論戦・都議会

小池氏は、2020年東京五輪・パラリンピックについて「開催経費の上限設定は検討すべき重要な課題だ」と述べ、圧縮に向け上限を設ける考えを示した。その上で、ボート・カヌー会場となる「海の森水上競技場」など都が整備する3施設の見直しに関し、「1カ月をめどに都として一定の結論を得るよう努力する」と明言した。都議会公明党の東村邦浩氏への答弁。

 都の調査チームは、今の五輪推進体制では開催費の総額が3兆円を超えると推計する報告書を公表。海の森水上競技場のほか、競泳会場の「アクアティクスセンター」、バレーボール会場の「有明アリーナ」について大幅な見直しを提案した。

 これに関連し小池氏は「見直しを行う最後の機会だ」と強調。警備などの経費見直しも検討する考えを示した。追加種目に決まった野球・ソフトボールの福島県での開催に関しては、「復興五輪として意義がある。実現に向け後押ししたい」と述べた。

 開催費や仮設施設(大会後に撤去)の建設をめぐる役割分担の見直しについては「年内の公表を目指し、国や組織委員会との協議を進めたい」と強調。都の出資団体である組織委への指導・監督強化を検討する考えも示した。共産党都議団の大山とも子氏への答弁。

 築地市場(中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)の建物下で土壌汚染対策の盛り土が行われず、地下空間が設けられていた問題にも質問が集中した。小池氏は「トップとして非常に重く受け止めている。弛緩(しかん)した空気は都庁にとって危機的状況だ」と指摘。移転時期に関しては「安全性を確認し、総合的に判断したい」と述べるにとどめた。都議会自民党の高木啓氏への答弁。(時事通信)


築地市場(中央区)から豊洲市場(江東区)への移転、もとは、都議会自公と民進(当時は民主)の1名によって可決されたものです。

マスターの提案ですが、ここまで来たら市場の移転は無理、っということで、いっそ、都庁を新宿から移転したらどうかと思います。

そして、自公の都議会議員と歴代市場長の家族宿舎も・・・、特に”ドンさま”には「地下空間」のある豪邸を。(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レンガ通り/村下孝蔵 

2016-10-04 04:41:02 | 村下孝蔵
レンガ通り/村下孝蔵 photo 〖原田夏希〗


http://blog-imgs-82.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20151023053647b1e.mp3

古いレンガ通りの懐かしいアパートの
部屋を通りすがりに背伸びして見たよ
あの頃何時も貴方を迎えに行った
窓越しに見えるわ 影二つ
行き交う人に 気遣いながら
誰か待つフリを何度も繰り返し
せめて幸せな貴方の声聞けば
それで諦めも付くハズと
何時か新しい愛が見える日まで
少しでも悲しみ忘れたいけれど

枯葉風に吹かれて舞い落ちる速さで
想い出が眼の前を通り過ぎてく
もしかして良くない夢だったらと
コートの襟立てて振り返る
唇噛んで 暮らす淋しさを
そんな貴方には 解らないだろう
禁じられた愛の行方に今でさえ
残るあの日の別れの手紙
せめて貴方と直に言葉尽くし
飾りたかったよ 別れ話
飾りたかったよ 別れ話




失恋、彼のアパートの前を通り掛ったフリをしながら、ウロウロ、今では問題になってしまうんでしょうねぇ、・・・っていうか、いまや、そんな光景は、・・・でもかっては、そんな女性も結構見受けられたようです。(笑)

現代では男女の出逢いや別れが、結構アッサリと始まり、そして終わってしまう、・・・ちょっと寂しく思うのは僕だけでしょうか?(笑)






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やさしい瞳/村下孝蔵 

2016-09-16 05:54:57 | 村下孝蔵
やさしい瞳/村下孝蔵 


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201503030635366f8.mp3

花が咲いた 音もたてず私の庭に
あの人の笑顔だけ見つめている花
何気なく口ずさんでくれた あのメロディー
大好きな 片思いの唄でした

夏の風鈴ゆれて すだれの陰 私黙りこむ
白いTシャツに 汗の匂い 青い空と似合ってた
やさしい気持ち伝えたい
やさしい瞳になりました


草の香り 川原を包む花火の日に
目をとじて あの人をひとり待っている
目の前で 好きと言ってくれなくてもいい
でも 今は道に迷わないでね

町の夕暮れどきは 無口な色まざりさびしくて
七色の絵の具 きっと二人夢をいつかぬりわける
やさしい気持ち伝えたい
やさしい瞳になりました




「思い出」ってなんだろうと、改めて考えるために、まず「思い出」を広辞苑(第五版)で調べてみました。

①前にあった事柄で深く心に残っていることが思い出されること。また、その事柄。また、そのきっかけとなるもの。
②後々まで思い出しても楽しくなること。また、そのさま。

さすがは、広辞苑です。
いつも分かったような分からんような解説です。(笑)
でも、特に②については意外に感じました。

この定義によると、思い出とは、後々まで思い出しても楽しくなること、ということですから、つまりは思い出は、楽しい思い出のことを指すのでしょうか。

どちらかというと、いままでは、過去に経験したことの記憶に、喜怒哀楽の感情が加わったものが、思い出になるのだという認識がありました。

だから、思い出というものには、もちろん楽しい思い出もあれば、悲しい思い出もあり、辛い思い出もあるはずと思っていました。

考えてみれば、思い出たちが優しすぎるということは、その思い出たちが、楽しい、嬉しい、幸せな思い出たちだけだった、ということになるのでしょうか。

ところで、ある調査によれば、人に思い出を列挙させてみると、楽しい思い出が5割~6割くらい、悲しく辛い思い出が2割~3割くらいとなり、残りがどちらでもない思い出となるそうです。

この比率についても、多少、意外かもしれません。

そして、その思い出たちが、最近のものが多いほど、悲しく辛い思い出の比率が高いのですが、その逆に、その思い出たちが昔のときのものが多いほど、楽しい思い出の比率が高まってくるというのです。

よく考えてみると、思い出が、過去に経験したことの記憶ならば、その記憶というのは、時間の経過に伴って、必ず、忘れていく、薄れていくものです。

楽しい、嬉しい、幸せな思い出は、思い出すことが苦痛ではない分、いや快楽ともいえる分、なんども思い出しては、記憶の強化を図ります。

一方、悲しい思い出は、思い出すことが辛い分だけ、できれば思い出さないようにするはずです。

そうすることにより、時間の経過により、楽しい思い出たちの記憶は強化保存されて、悲しい思い出たちの記憶は減退消失されて、結果的に、楽しい思い出たちが残っていくものです。

だから、思い出とは、楽しい思い出であるというのも、あながち楽天家の戯言(たわごと)と、一概にはいえないのかもしれません。

でも、残念ながら、ひとは悲しみにとらわれると、ネガティブになり、暗く否定的な考え方、消極的な行動しかとれなくなることが多いと言われています。

そして、悲しい思い出たちの記憶を強めて、再生産していき、これがいわゆるマイナス思考へとつながっていきます。

しかし、よく考えてみてください。
悲しい思い出となるできごとがあったとしても、そのすべてが、悲しいできごとだったのでしょうか。

たとえば、ある人と別れたとします。
そして、もう会えないということになります。

それは、悲しく辛いできごとに違いないでしょう。
かならず悲しい思い出になるでしょう。

そして、それはそれでいいのです。
悲しみは悲しみと受け入れてください。

意地を張って無理することはありません。

でも、その人と別れたということを、改めて見つめ直してみてください。
別れたのは、その人と、出会えたからなのです。
出会えたからこそ、別れがあったのです。

そして、その人と過ごした時間があったのです。
そんな中でのできごとのひとつひとつまでもが、悲しく辛いできごとばかりでは、なかったはずです。

思い出して楽しくなるようなできごともあったはず。
幸せな気持ちになるようできごともあったはず。

その記憶を呼び起こし、その思い出たちを大切にしていけば、楽しい思い出の数は変わらなくとも、比重は増していくはずです。

そう、それがプラス思考です。

そうすれば、いつかきっと、ポジティブになって、明るく肯定的な考え方、積極的な前向きな行動がとれるはずです。

そして、それがまた、忘れたくない思い出たちに、つながっていくものなのです。


「みゅーじっくふうちゃんねる」の設立は平成19年5月、妻の死がきっかけでした。
中学2年と高校1年の息子、そしてちいちゃんという2才のオス猫を残したまま・・・48歳、早すぎる旅立ちでした。

それからだったと思います、・・・子育て、猫育てのおりふしに、妻と巡り合ったころよく聴いていた村下さんのこの曲が、なにかむしょうに懐かしく脳裏に浮かんできたのが。

そうだ、幾たび季節を見送ろうとも、忘れたくない思い出があるならば、忘れられないようなものを作ってみよう。

思い出の曲たちと、いつでも出会えるサイト。

そう、それが「みゅーじっくふうちゃんねる」の原点でした。

そして、パソコンに無知だったため悪戦苦闘、サイトの作り変えを重ねながらようやく昨年から落ち着きはじめた有様です。

どこまで走れるか、それは分かりません。
歩くより遅い走りかもしれません。(笑)

しかし、その思い出たちが手を振ってくれる限り…。
そして、その思い出たちが、ここに来るみんなを優しく包み込んでくれる限り…。

もちろん、ぼちぼちと…ですけど。(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加