唇をかみしめて 吉田拓郎

2017-09-09 04:09:41 | 吉田拓郎
唇をかみしめて 吉田拓郎


http://blog-imgs-75.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150623151949f16.mp3

ええかげんな奴じゃけ ほっといてくれんさい
アンタと一緒に 泣きとうはありません
どこへ行くんネ 何かエエ事あったんネ
住む気になったら 手紙でも出しんさいや
季節もいくつか 訪ねて来たろうが
時が行くのも ワカラン位に
目まぐるしかったんじゃ
人が好きやけネー 人が好きやけネー
鯖食うも鯖缶も 空に任したんヨー
人がおるんヨネー 人がそこにおるんヨネー

何かはワカラン 足りんものがあったけん
生きてみたんも 許される事じゃろう
自分の明日さえ 目に写りもせんけれど
おせっかいな奴やと 笑わんといてくれ
理屈で愛など 手にできるもんならば
この身をかけても すべてを捨てても
幸福になってやる
人が泣くんヨネー 人が泣くんヨネー
選ぶも選ばれんも 風に任したんよ
人がおるんヨネー 人がそこにおるんヨネー

心が寒すぎて 旅にも出れなんだ
アンタは行きんさい 遠くへ行きんさい
何もなかったんじゃけん
人が呼びよるネー 人が呼びよるネー
行くんもとどまるも それぞれの道なんヨ
人が生きとるネー 人がそこで生きとるネー
人がおるんヨネー 人がそこにおるんヨネー




1982年から1987年までに全5作が公開された武田鉄矢さん主演のシリーズ映画「刑事物語」、この曲はそのエンディングテーマでした。

映画「刑事物語」は、・・・
普段は冴えないが、正義感に溢れており一旦暴れ始めるとやり過ぎてしまい、それが原因で左遷となり日本各地を異動することになる片山刑事。
毎回、赴任先で美しいマドンナに恋をし助けるのだが、最後には失恋して、一人淋しくその土地を去ってゆく・・・そんな物語です。

この映画、原作、脚本(第4作を除く)、主演が武田鉄矢さんでしたので、この曲も武田さんの作品と勘違いされてる方も多いようですが、武田さんに頼まれ作った吉田拓郎さんの作品です。

歌詞は難解で、いろんな方がいろんな解釈をされてるようですが、こちらは聴かれる方の心情に合わせての「お任せ」が正解なのかも知れません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夕日と少年

2017-04-16 02:06:24 | 吉田拓郎
夕日と少年


http://blog-imgs-102.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201704140806349b6.mp3

波のうねりを恐れもせずに
沖に向かって泳ぐ少年
まぶしく眺め若くないさと
浜辺の椅子に体あずける

未来を抱(いだ)き肌を染めあげ
情熱のまま駆けた日もある
今は静かな流木になり
打ちあげられて懐かしむだけ

やさしくなれたらいいやさしくなれたらいい
ほんのわずかでも旅の終わりでも

水平線に傾きかけた
夕陽を目指し進む少年
太陽の中飛び込むように
つきることないしぶきをあげて

きらめく赤は沈む夕陽か
それとも波の燃える想いか
気恥ずかしさがふいにこみ上げ
過去の自分に問いかけてみる

やさしくなれたらいいやさしくなれたらいい
人は知らぬまにおごるものだから

やがて夕陽は海にかくれて
少年もまた波にかすんで
こんな小さな命に気づく
こんな小さな命に気づく

やさしくなれたらいいやさしくなれたらいい



「今年前半、風雪に耐え」=安倍首相主催で桜を見る会

安倍晋三首相主催の「桜を見る会」が15日、東京都内の新宿御苑で開かれた。

首相はあいさつで、復帰から5年目に入った政権運営になぞらえ「風雪に 耐えて5年の 八重桜」と自作の句を披露。学校法人「森友学園」への国有地売却問題で昭恵夫人と共に野党の追及のやり玉に挙がっていることを念頭に、「特に今年の前半は本当に風雪に耐えている」と語った。(時事通信)

二の句が継げないとは、こういうこと。(笑)

金正恩=安倍首相、・・・どこか似ている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は誰でしょう

2017-04-05 04:38:03 | 吉田拓郎
吉田拓郎 私は誰でしょう


http://blog-imgs-102.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20170404060600ad6.mp3

楽しい顔を続けたら
心が泣けなくなっていた
悲しい歌を唄い過ぎ
涙のチャンスを逃し過ぎ
やめましょう消えましょう
眠りましょうこそこそと
私は誰でしょう

強がるかたちが好きだから
仲良しこよしは居なかった
一人ぽっちのあの人に
電話をかけたし勇気なし
死にましょう消えましょう
隠れましょうこそこそと
私は誰でしょう

命をかけたい恋のため
世の中移り気念のため
愛する努力はしなくても
愛されることにおぼれてる
飛びましょう消えましょう
忘れましょううじうじと
私は誰でしょう

コーヒーカップは今日も又
トマトジュースであふれている
似合わぬ衣装が気にかかる
時計も狂ってる

この身一つでどこへ行く
となりの女房は夜逃げする
近所の子供は色気づき
ベッドで息をのむ

気がついたときは空を見て
知らないフリでも決め込んで
精一杯に気取るより
胸いっぱいのため息を
つきましょう消えましょう
逃げましょうこそこそと
私は誰でしょう



国会は年初、安倍総理の「建設的な議論を戦わせ、結果を出していこう」で始まり、与党余裕の情勢でしたが、今は・・・。

想定外の「森友問題」が発覚以来、政権は慌てふためき、無理を重ねる政府の「強弁」と疑惑追及する野党の間で迷宮の場。

この問題、維新の根城の大阪が舞台のスキャンダルだけに、政治的意味は重く、維新は勿論、自民も「夜逃げ」したい気持ちかもです。(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の風が吹いていたら

2017-04-04 01:09:26 | 吉田拓郎
春の風が吹いていたら(四角佳子)


http://blog-imgs-102.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201704040040465db.mp3

ひとりで空を見ていたら

やさしい風につつまれた

春の野原の菜の花を

あなたにつんであげたいの



雨だれの音きいてたら

なぜか楽しくなってくる

雨のしずくに青空が

うつって雲が揺れている



明るい朝の光より

ゆうやけ雲の色がすき

空ゆく鳥に身をかえて

ゆうやけおっていきたいの



誰かがならす 草笛が

春風にのり 吹きわたる

どこかで泣いて いる人の

心にきっととどくよう



内閣府の「社会意識に関する世論調査」で、「現在の社会に全体として満足しているか」との質問に「満足している」と答えた人は65.9%に上り過去最高を更新しました。

ところが、yahooが行っている同様の意識調査では「あまり満足していない」、「まったく満足していない」が77%、・・・この違いは?(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

襟裳岬 

2017-01-08 04:26:30 | 吉田拓郎
襟裳岬 吉田拓郎 谷村新司


http://blog-imgs-64.fc2.com/f/o/o/footyan0214/201407230719321c3.mp3

北の街ではもう 悲しみを暖炉で
燃やしはじめてるらしい
理由(わけ)のわからないことで
悩んでいるうち
老いぼれてしまうから
黙りとおした 歳月(としつき)を
ひろい集めて 暖めあおう
襟裳の春は 何もない春です

君は二杯めだよね コーヒーカップに
角砂糖をひとつだったね
捨てて来てしまった わずらわしさだけを
くるくるかきまわして
通りすぎた 夏の匂い
想い出して 懐かしいね
襟裳の春は 何もない春です

日々の暮らしはいやでも やってくるけど
静かに笑ってしまおう
いじけることだけが 生きることだと
飼い馴らしすぎたので
身構えながら 話すなんて
ああ おくびょう なんだよね
襟裳の春は 何もない春です

寒い友だちが 訪ねてきたよ
遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ




「カーネル・サンダース」ことハーランド・デーヴィッド・サンダース(以下、サンダース)は、1890年にインディアナ州クラーク郡のヘンリービルで生まれました。

ヘンリービルは、ケンタッキー州最大の都市ルイビルからオハイオ川を越え、北へ30kmほど離れた町です。

父親はサンダースが6歳のときに亡くなり、母親が工場で働きながらサンダースとその弟妹を育てたのだそうです。

サンダースは10歳から農場に働きに出ていて、学校は14歳で辞め、農場の手伝いや市電の車掌として働きました。

1906年、16歳のときに年齢を詐称して陸軍に入隊しキューバで勤務、彼の軍隊における経歴は一兵卒として終わっており、大佐(カーネル)どころか将校にすらなっていません。

1907年に除隊した後は、青年期にかけて様々な職業を渡り歩き、鉄道の機関車修理工、ボイラー係、機関助手、保線区員、保険外交員、フェリーボート、タイヤのセールスなど40種に上る職を転々としました。

そして30代後半にはケンタッキー州ニコラスビルでガソリンスタンドを経営するようになりますが、大恐慌のあおりを受けて倒産するなど、多くの波瀾を経験したようです。

フライドチキンを新しいビジネスモデル(フランチャイズ)として始めたのは1952年、62歳のときだとか・・・。

そして、世に知らしめたのが65歳を過ぎてから、・・・90歳で亡くなるまで働き続けたそうです。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

歩道橋の上で

2016-11-24 01:44:25 | 吉田拓郎
歩道橋の上で 吉田拓郎


http://blog-imgs-75.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150624054142d39.mp3

車の音があふれる街に
君の弾んだ声が届く
「蛍が綺麗見せてあげたい
指の先に止まっているの」
ぼくは携帯、耳に押しあて
君の笑顔を思い浮かべてる
ヘッドライトが流れる街の
人が行き交う、歩道橋の上で

奥入瀬のそば、蔦沼あたり
夜の森から声が届く
「それから沼にね、星がうつってる
まるで星の雫みたい」
僕は目を閉じ、耳をすまして
星降る空を思い浮かべてる
水面に写り、きらめく星の
人が行き交う、歩道橋の上で
歩道橋の上で

秋ににぎあう木造りの宿
君は一人で、くつろいでいる
「俳句読む人、寂しがりやね
だってこんなに嬉しいものまる」
彼女らしいと微笑みながら
君のことばにうなずいている
来年あたり、出かけてみよう
人が行き交う、歩道橋の上で
人が行き交う、歩道橋の上で
歩道橋の上で




作詞家岡本おさみさんが40年ほど前に新婚旅行で泊った青森県の蔦温泉での思い出を書いたのが「旅の宿」、そのパート2が「歩道橋の上で」です。
歌詞に出てくる「奥入瀬のそば、蔦沼あたり」 「木造りの宿」それがこの蔦温泉旅館。



「旅の宿」も好きでしたけれど「歩道橋の上で」を聴いた時、初めて聴いた感じがしなかったのはそのせいかも・・・(笑)




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まにあうかもしれない 

2016-11-13 02:25:18 | 吉田拓郎


http://blog-imgs-75.fc2.com/t/o/s/toshiichi/_xa4i27_-_from_Dailymotion_by_Offliberty.mp3

僕は僕なりに自由に振るまってきたし
僕なりに生きてきたんだと思う
だけど だけど理由もなく
めいった気分になるのはなぜだろう

思ってる事とやってる事の
違う事へのいらだちだったのか
だから僕は自由さをとりもどそうと
自分を軽蔑して 自分を追いこんで

なんだか自由になったように
意気がっていたのかも知れないんだ
まにあうかもしれない 今なら
今の自分を捨てるのは 今なんだ

まにあわせなくては 今すぐ
陽気になれるだろう 今なら
大切なのは思い切ること
大切なのは捨て去ること

そうすりゃ自由になれるなんて
思っている程甘くはないけれど
だけど今は捨て去ることで
少し位はよくなると思えるんだ

まにあうかもしれない今なら
まにあうかもしれない 今すぐ

なんだか自由になったように
意気がっていたのかも知れないんだ
まにあうかもしれない今なら
今の自分を捨てるのは 今なんだ



<TPP承認>米高官、オバマ政権は断念「次期政権と協議」

米政府高官は11日、日米など12カ国で合意した環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について「取り扱いは議会指導部が次期政権と協議する」と述べ、オバマ大統領任期中の議会承認を事実上断念する考えを明らかにした。世界の国内総生産(GDP)の4割を占める巨大経済圏の確立を目指したが、発効には議会承認を受けた日米の批准が不可欠。次期大統領のドナルド・トランプ氏(70)の方針転換がない限り、発効の道筋は閉ざされることになる。(毎日新聞)

トランプさんのTPP承認はあり得ないし、事実上発効はオジャンということでしょうね。

アベノミクスが破綻し、新しくトランプミクスが誕生、日本経済も正念場を迎えるかも知れません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

旅の宿 吉田拓郎

2016-09-14 04:52:33 | 吉田拓郎
旅の宿 吉田拓郎


http://blog-imgs-76.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201504201929121ab.mp3

浴衣のきみは 尾花のかんざし
熱燗徳利の首つまんで
もういっぱい いかがなんて
みょうに色っぽいね

ぼくはぼくで あぐらをかいて
きみの頬と耳は まっかっか
ああ 風流だなんて ひとつ俳句でもひねって

部屋の 灯をすっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったけ
ひさしぶりだね 月見るなんて

ぼくはすっかり酔っちまって
きみの膝枕にうっとり

もう飲みすぎちまって 
きみを抱く気にもなれないみたい



東京から北へ約700km、本州の最北端、青森県、十和田湖に近い十和田市の一軒宿「蔦温泉旅館」。
1968年の晩秋。当時は、上野−青森間は特急「はつかり」が約8時間半で結び、27歳だった岡本おさみも新婚旅行で青森を訪れていた。
10畳一間の和室で、火鉢の鉄鍋にとっくりを浮かべて熱かんをつけ、寒さをしのいだ。ほろ酔いになった妻が、道で拾ったススキをかんざしのように髪にさし、窓枠の向こうには左半分が欠けた月。「あの月はなんて言うんだっけ?」岡本が聞くと、妻が「上弦の月よ」を教えてくれた・・・。


ぼくの髪がぁ~肩までのびて~、と、いきなりちょっと、標題から、外れてしまいますが、かってのフォークシンガーたちと言えば、長髪というのが定番でした。

しかし、今の吉田拓郎さんのお姿しか知らない人には、想像もできないかもしれないけど、拓郎さんほど、見事に、長髪が似合った人はいなかったなぁと思います。

当時、なんか、頭にお掃除モップを貼り付けたような薄汚い感じの長髪のフォークシンガーが多かったなかで、甘いマスクに、ストレートの長髪をなびかせた姿は、かっこよかったです。
そして、ギターをかき鳴らしながら、首にかけたハーモニカを吹く姿は…セクシーでした。(笑)

でも、軟弱なアイドルっぽい風貌ながら、結構、硬派的なメッセージソングなんかも歌ってました。
そう…人生を語らずと言いながら、人生を語ってました。(笑)

浴衣のきみは 尾花のかんざし
熱燗徳利の首つまんで
もういっぱい いかがなんて
みょうに色っぽいね


「尾花」とかいて「すすき」と読み、秋の七草のひとつ、当然、俳句では秋の季語です。
当時、長髪だった若者たちも、いまや頭の上に、すすきを載せたような…と、えっ、髪の毛の話は、もういいって?。(笑)

歌詞だけを見れば、およそフォークというよりは、演歌の世界。
そう言えば、森進一さんの「襟裳岬」は、この曲と同じ作詞作曲コンビで、「落陽」「祭りのあと」なんかも出してますね。

部屋の 灯をすっかり消して
風呂あがりの髪 いい香り
上弦の月だったけ
ひさしぶりだね 月見るなんて


情景とともに、ほのかにシャボンの香りがするような気がします。
なお、上弦の月とは、向かって左側が欠けた半月のことで、右側が欠けた半月を下弦の月といいます。
遠いむかしに、理科で習ったこと覚えてます?(笑)

ぼくはすっかり酔っちまって
きみの膝枕にうっとり


こんな情景も、なんか憧れましたね。

もう飲みすぎちまって 
きみを抱く気にもなれないみたい


若かりし頃は、歌うだけで、どっきりとする歌詞でしたね。
うぶ(シャイ)で、真面目で、硬派だったぼくにとっては…。
…シーン…
…以上です。
…なお、本件に関する異議申立てはすべて却下します。(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

誕生日 吉田拓郎

2016-08-27 05:08:13 | 吉田拓郎
吉田 拓郎 誕生日


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201608260616510cc.mp3

何回目かの記念日が
今年も明日またやってくる
もう一つ 年を重ねるわけだね
祝ってなんかくれるなよ
20才の頃なら そいつもいいだろう
仲間を 集めて飲んで踊って
世の中を変えてやるんだと
力一杯右手をさし上げる
あの頃の写真が 一枚出てきたよ
ジーンズはパンタロンでミディーのコート
あんまり綺麗にゃ見えないが
かっこ悪いなんて思ってやしない
人生は一本の道だった筈
僕はその道にも迷ったらしい
今、どのあたりを歩いているのか
さっぱり、わからなくなっている
札付きの悪党じゃなかったし
それなりにやさしく生きてきた
恨むほど悪い世の中でもなく
結局は自分の愚かさのせい
何かが起こるたびごとに
少しは落ち込んでいたんだろう
そんな毎日が今につながって
テレ臭くて強がっているだけさ
道行く人よあなたの
行く先々に幸あれ
僕は今日を最後に雲隠れ
いつの日からか今日までの
想い出みんな捨て去って
笑って暮らしていたいと思います
難しい顔で悩むのも
楽しい事があると思うから
愛されたいと願うのは
愛したい気持ちが足りぬから
駅の階段を駆け下りる
通勤ラッシュは今日も又
ひとつの方向に押し進む
僕は流れに逆らっていた
ひけ目も感じているけれど
違ったやつが一人いてもいい
あいつもこいつもどいつも同じなら
人間やってる気がしない

誘惑させてさせられて
振り回されているけれど
僕は時間を楽しんでいた
くよくよしても何かが
始まってくれるわけじゃない
後悔がなけりゃ
don't think twice it's alright
若いからとか大人だからとだとか
理由になるけどいまさら面倒で
今の自分をやさしくみつめたい
20才のころもきっとそうだった
あいつは変わった時代も変わったと
話している奴臆病なんだよ
自分の心を確かにしておこう
20才のころもきっとそうだった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人生を語らず

2016-08-26 04:45:42 | 吉田拓郎
人生を語らず(1974)吉田拓郎


朝日が 昇るから

起きるんじゃなくて

目覚める時だから 旅をする

教えられるものに 別れを告げて

届かないものを 身近に感じて

越えて行け そこを

越えて行け それを

今はまだ 人生を 人生を語らず



嵐の中に 人の姿を見たら

消えいるような 叫びをきこう

わかり合うよりは たしかめ合う事だ

季節のめぐる中で 今日をたしかめる

越えて行け そこを

越えて行け それを

今はまだ 人生を 人生を語らず



あの人のための 自分などと言わず

あの人のために 去り行く事だ

空を飛ぶ事よりは 地をはうために

口を閉ざすんだ 臆病者として

越えて行け そこを

越えて行け それを

今はまだ 人生を 人生を語らず



おそすぎる事はない 早すぎる冬よりも

始発電車は行け 風を切ってすすめ

目の前のコップの水を ひと息にのみほせば

傷もいえるし それからでもおそくない

越えて行け そこを

越えて行け それを

今はまだ 人生を 人生を語らず



今はまだまだ 人生を語らず

目の前にも まだ道はなし

越えるものは すべて手さぐりの中で

見知らぬ旅人に 夢よ多かれ

越えて行け そこを

越えて行け それを

今はまだ 人生を 人生を語らず



越えて行け そこを

越えて行け それを

今はまだ 人生を 人生を語らず


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何処へ

2016-08-25 17:13:29 | 吉田拓郎


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/2016082517222197c.mp3

多くの歌の中に悲しみがきざまれ
多くの人の心に喜びが 生まれた
誰かのために何か出来るなどと思わない
ただ自分の中のひとつを
書き綴っただけなのに

僕よりもそいつらが 大きくなり過ぎて
きどったポーズを見せて勝手にふるまう・・・



民主党代表選 岡田代表が蓮舫氏の「つまらない男」の謝罪電話を明かす「妻から言われればショックだが…」

民進党の岡田克也代表は25日の記者会見で、蓮舫代表代行が日本外国特派員協会の記者会見で「編集しないで」と前置きした上で「岡田氏が大好きだ。ただ1年半、一緒にいて本当につまらない男だと思った」と述べたことに関し、蓮舫氏から謝罪の電話があったことを明らかにした。(産経新聞)

蓮舫さん、軽口すぎますよねぇ。

言われた本人はともかく、その家族や身内の方々は相当傷つきますからね。(苦笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人間の「い」

2016-08-25 02:27:54 | 吉田拓郎


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/2016082502312541b.mp3

じれったい 抱きしめたい
うしろめたい いとおしい
許せない いくじがない
信じていたい 心地よい

ぎこちない 口づけたい
やりきれない にべもない
おこがましい 味気ない
あられもない いさぎ良い

冗談じゃない うばいたい
つめが甘い 人がいいい
やぶさかでない うかがいたい
正直じゃない もどかしい

それが欲しい それがしたい
それが望まし うらやまし

はしたない 恩きせがましい
それが 恥ずかし おくゆかし

人間の「い」 僕達の「い」
いつだって「い」 これからも「い」

さりげない 結ばれたい
ふがいない そつがない
みもふたもない いじらしい
とりとめもない 古くさい

そそっかしい 離れたい
そこはかとない ういういしい
喜ばしい たわいない
てっとり早い つつがない

いさぎよい しらじらしい
こころもとない こそばゆい
理屈っぽい つまらない
長ったらしい ゆるぎない

まわりくどい おぞましい
まぎらわしい ありがたい
ふてぶてしい きなくさい
残り少ない 生きてたい

それが欲しい それがしたい
それが望まし うらやまし

はしたない 恩きせがましい
それが 恥ずかし おくゆかし

人間の「い」 僕達の「い」
いつだって「い」 これからも「い」

人間の「い」 僕達の「い」
永遠の「い」 命がけの「い」


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

昨日の雲じゃない  吉田拓郎

2016-08-24 05:00:34 | 吉田拓郎


http://blog-imgs-93.fc2.com/t/o/s/toshiichi/201608240504043eb.mp3

あの空に浮かぶのは 今日の雲
それは 昨日の雲じゃない

幾度も 君に伝えたが
すれ違うような 時が行く

この淋しさを 乗り越えて
いつか わかり合える 二人になれる

いつもと同じに 出来ぬ僕
君にも変化を 求めてた

もし君に何かが 起きるなら
僕はこらえ切れず 泣くだろう

約束などは 出来ないが
君の気持ちを 抱きしめる

この虚しさを 突き抜けて
きっと わかり合える 二人になれる

あの空に浮かぶのは 今日の雲
それは 昨日の雲じゃない



リオ五輪閉会式 安倍首相の“スーパーマリオ”に非難と嘲笑

「一国の総理大臣のやることか?」「国辱ものだ」――リオ五輪の閉会式にサプライズ登場した安倍首相に国内外から非難と嘲笑が巻き起こっている。
閉会式では2020年の東京五輪への引き継ぎ式が行われ、巨大モニターに8分間のプレゼンテーション映像が流れた。キャプテン翼やドラえもんなどアニメのキャラクターに交じって、なぜか公用車の後部座席でふんぞり返る安倍首相の姿も。これだけでも顰蹙ものだが、映像の後、会場中央に置かれた円筒の中から赤いボールを持ったスーパーマリオの着ぐるみが登場。その中から出てきたのが、なんと満面の笑みを浮かべた安倍首相本人だったのだ。
早速、ネットでは「アニメを使って楽しかったが、最後に“汚物”が出てきて絶望」「世界に日本の恥をさらした」「安倍は土管から出てくるためにわざわざ税金を使ってリオまで行ったのか」といった声があふれ返った。(日刊ゲンダイ)

一国の宰相の悪ふざけ?、・・・マリオじゃなくてワリオになっちゃった。(笑)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢見る時を過ぎ

2016-07-15 04:57:03 | 吉田拓郎


http://blog-imgs-75.fc2.com/t/o/s/toshiichi/20150624061205aa2.mp3

黄昏の空 紙飛行機が
それはあなたがすてた古い恋
二十歳の頃ほど綺麗じゃないと
目をふせる影この胸に抱く

夢見る時を過ぎめぐり逢えたから
激しさにまかせた愛を求めない
夢見る時を過ぎめぐり逢えたから
大切な人だと僕にはわかる

夢見る時を過ぎ夢見る時を過ぎ

たどりつく場所知っているのか
羽を休める白い鳥の群れ
ため息一つあなたはついて
疲れた躰眠ればいいさ

夢見る時を過ぎめぐり逢えたから
わがままにうつろう愛は育たない
夢見る時を過ぎめぐり逢えたから
かけがえのないもの魂にわかる

夢見る時を過ぎ夢見る時を過ぎ
夢見る時を過ぎ夢見る時を過ぎ



都知事選が告示、21人が届け出 信頼回復に臨む姿勢は

舛添要一前都知事の辞職に伴う東京都知事選が14日、告示された。「政治とカネ」をめぐる問題で2代続けて知事が任期途中で辞めており、都政の信頼回復に臨む姿勢が問われる。待機児童解消策など少子高齢化への対策、4年後の東京五輪・パラリンピックの費用負担問題も焦点だ。31日に投開票される。(朝日新聞デジタル)

主要3候補のうち、都議会と前面対決という小池氏と参院選の結果で憲法改正支持議員が三分の二を超えたことの危機感から決断した鳥越氏はある意味理解できるのですが、都政の信頼を失わせた猪瀬・舛添知事を推薦した自公、特に舛添知事の辞任と引き換えに疑惑追及を不問にした自公都議会議員の推薦を待って決断した増田氏は、どうも理解しにくいです。(笑)

「都政の混乱に終止符を打たなければなりません」、・・・増田氏の第一声です。

そもそも都政の混乱の因は、その都知事を産んだ自公と自公都議会議員。

その産みの親の三男が増田氏、・・・いやぁ、笑っちゃいます。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある雨の日の情景

2016-04-02 03:23:50 | 吉田拓郎
天地真理 ☆ ある雨の日の情景


http://blog-imgs-84.fc2.com/t/o/s/toshiichi/2016040203271081e.mp3

バスが止まって (並木道に) 外は雨が降っている
ガラス窓に いっぱい並んだ雨だれの 
向こうで誰かが (肩をすぼめて) タバコに火をつけた

それから人は (人はみんな) 皆傘をさして 
まるで心を 傘で隠せるみたいに
そして黙って (黙って雨の) 雨の中を歩いてる

それから雨は (雨はどこか) どこかの風といっしょに
茶色の葉っぱを 一枚落としていった
それから皆 (みんな雨に) 雨にぬれて歩いてる

雨の中を (中をバスは) バスは動きだした



雨は、上空の水蒸気が冷えて、水滴となり、地上に落ちてくる、単なる自然現象に過ぎません。

しかし、日本は、四季がはっきりしており、梅雨や台風のもたらす降雨により、世界的にも降水量の豊富な多雨地帯で、雨とも縁の深い土地柄です。

そのため、四季折々に迎える風景たちとともに、さまざまな人生の折節が重なりあって、人は、その時々に降る雨を見ることになります。

そして人は、そんなある雨の降る日の光景を感情を込めて見つめて、心の中に写し撮るのです。

この曲は、マスターの記憶では、Am/Dm/Am/Emという、いたってシンプルなコード進行と、ストーローク奏法のギター伴奏はたやすく弾ける半面、ボーカルのメインとコーラスがしっかりしていないと、雨の日の泥んこ遊びのようになる曲かも。(笑)

なお、この曲を作詞された伊庭啓子さんですが、吉田拓郎さんらも参加していた広島のアマチュアフォークサークル「広島フォーク村」のメンバー。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加