「ほんわか・ほ協議会」こと若穂地区住民自治協議会

ほんわか温かい心と、若穂を+して「ほんわか・ほ協議会」。
若穂は、長野市の千曲川東岸に広がる”プチ田舎”のまち・・・。

若穂は、秋真っ盛り! リンゴ、ふじの収穫ピークを迎えます。

2016-11-20 | 観るもの聞くもの

靄がかかっているような11月20日朝の、保科・清水寺(せいすいじ=真言宗)のモミジです。もうピークは過ぎたようですが、まだまだいい色見せてますね。前回から5日ぶりの光景です。

県道「長野菅平線」を上り、山下商店のところを左折して橋を渡りーすぐに右折して500mほど上ると清水寺のPです。帰路はPから右折してさらに上り、T字路を右折すると県道に戻ります。狭い道ですから安全にご注意ください)

紅葉も素晴らしいですが、それを一段と引き立たせるのが黄葉・・・。銀杏の黄色があちらこちらで見られます。下の写真は綿内・善法寺(ぜんぽうじ=浄土真宗)の大銀杏。こちらも見ごたえありますよ。

故郷を離れている皆さん、若穂は今、秋真っ盛りです。これからリンゴ、ふじの収穫ピークを迎えます。   (小 通信員)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 絶賛いただいた清水寺のモミ... | トップ | 若穂ジビエランチ始まりまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む