「ほんわか・ほ協議会」こと若穂地区住民自治協議会

ほんわか温かい心と、若穂を+して「ほんわか・ほ協議会」。
若穂は、長野市の千曲川東岸に広がる”プチ田舎”のまち・・・。

あれは何?

2017-06-19 | まちの話題

 

 綿内春山の、太郎山支脈の尾根上に昨秋出現した「社」(やしろ)・・・。「あれは何?」。今は(6月)すっかり葉に覆われていますが、春先までは高速道からもよく見えました。

 登り口に取り付けられた説明板には

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

綿内長尾崎金毘羅大権現

創建は不詳であるが、江戸時代から古屋・田中・春山区が厳しい取極めのもと祭事を司ってきている。

当時は石垣と懸崖上の大きな御社に安置されていたが明治時代の廃仏毀釈で取り壊されたと推定され、祠だけになっていたものを金毘羅宮として再建し奉納した。

雨乞いや豊作に霊験あらたかで信仰の厚い神仏である。                      

                                    平成二十八年十月  保科川綿内水利組合

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 とあります。

「保科川水利組合」が再建した金毘羅宮でした。

辺りは柏が多く生えています。

子供のころは月遅れのお節句で、この柏葉を摘んできて、家々で自家製の柏餅を作りましたね。

眼下には上信越道が走ります。

                                                       (小)

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« わかほ塾  ~松代『夢空間... | トップ | あれは何? Ⅱ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2017-06-20 21:07:15
鎮守のお社として祀り、いつまでも世の安泰を祈ります。
アジサイの花でも植えてお花見スポッとしても・・(アジサイ山)・・でも、大変ですね。

コメントを投稿

まちの話題」カテゴリの最新記事